上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
商法のテスト、終わりました。

感想。
う~ん、簡単だった。
A4プリントの半分くらいの問題文だったんだけど、90分でやるテストじゃない気がするんだ。
ま、時間は余らなかったけど。
隠れた論点とか無いといいんだけどねー。

簡単だったら簡単だったで困るんですわ。
簡単だとみんなできちゃうんで、差がつかない。ということは、些細なミスが点数や順位に直結してしまいます。
これが恐ろしい。
よく言われるのは、「誰もができるところほどきっちり書かねばならない」と。
要するに、難しい問題は誰だってできないんだから、多少落としても差はつかないが、誰もができるところを落としてしまうと圧倒的な差になってしまうということです。

早速1個ちょっとしたミスを見つけてしまっているんで、それが心配。

ま、単位がくるのは確実ですけどね。


どんな問題だったかを簡単に説明。


時計の修理を仕事にしているAさんは、日ごろBさんに、部品や修理品の配送を行う代理権を与えている。
ある日AさんはCさんから100万円する高級時計の修理を依頼された。
Aさんはこの時計を修理して、Bさんに頼んでCのところへ送るように頼んだ。
そこでBさんは、運送業者であるDさんとの間で、この時計の運送契約を締結するんだけど、Bさんは自分がAさんの代理人だってことを言わなかった。
なお、この運送契約には約款があって、「運送会社が故意又は過失で運送品を滅失させたときは賠償するけど、依頼人が運送会社に対して商品の内容を告げなかったときは30万円の限度でしか賠償しない」とのこと。
さて、その後Dさんはこの時計をCさんに配送するんだけど、配送途中で時計がなくなってしまった。
仕方ないので、Aさんは依頼者であるCさんに100万円を賠償した。

さてさて、AさんはDさんに対して100万円の損害賠償を請求できますか?
(債務不履行責任と不法行為責任の両方を検討しなさい)


ポイントは、BさんがDさんと契約するときに代理人であることを言ってないことと、もうひとつは約款に合理性があるかどうか。
ものすごい大雑把な指摘だけどね。
答案ではもっと細かく見てますが。

こんな感じのテストです。
正直、常識で答えてもそんなに大きく間違わないと思いますよ。
興味がある方は考えてみてください。


今日はこの辺で
スポンサーサイト
2010.01.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://djhide.blog39.fc2.com/tb.php/972-822b0300

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。