上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日の日記。

朝10時20分ごろ起きる。
深夜、雨はやんでいることを確認していたので、万が一早く起きれれば温泉に行こうと思ってはいたんですが、う~ん、この時間だとちょっと行くには遅いのかなぁ…
なんて戸惑うこと数十秒、しかし、後の数秒で気が変わる。この辺がざわわらしいんですけどね。

豊平峡温泉のHPでバスの時間を確認。
すると、札幌駅から11時にちょうど出るバスがあるじゃないですか!
これは天恵と、速攻で支度をし、飛び出すように家を出た。
この時点で10時35分くらい。

多少走ったりもしたけど、10分ぐらいで札幌駅に着いた。
意外と近いんだなーと思いながら、北口バスターミナルでバスの乗り場を探す。
っと、ここでアクシデント。
HPで確認したバスの乗り場は12番乗り場。
が、北口バスターミナルには1~5番乗り場までしかない。
おかしい、どう考えてもおかしい。
「もしかすると新宿みたいに地下に乗り場があるのか?」
とか変に勘繰ってみたりもしたんですけど、案内図を見る限りそれはない様子。
早めに出発してれば、「ボチボチ探しながら行きますかー」とのんびりやることもできるんですが、何せ時間がない、具体的には10分ぐらいしかない。
焦るざわわ。
と、ここで圧倒的ひらめき、というか札幌駅の周辺地図で分かった。
どうやら南口にも乗り場があるらしい。
そういえばあったな、ビックカメラのあたりに。
急ぎ南口へ向かい、なんとか間に合うことが出来ました^^。


そしてバスに乗車。
バスに揺られながら南の方へ向かう。

バスに乗りながら気づいた。
どうやら自分はだいぶ札幌の市街地付近に住んでるらしい、ということに。
引っ越してきてもうかれこれ1年半ですがね。
というのも、札幌は京都みたく碁盤目状に街が広がっているんですが、今日、南30条台まであることを発見しました。
南20条あたりぐらいになると、もう都会という感じはまったくなくて、普通の片田舎の風景が広がってます。
さらに行くと南○条西○丁目みたいな表記の住所じゃなくなってきます。
この辺になると、もうホント田舎。
東京でいうところのあき○の市(あ○るの市民に怒られるぞw)。
わが実家よりヤバイではないか、とか思いながらバスに揺られてました。

バスといえば、ちょっと面白かった出来事が。
今日行った温泉は豊平峡温泉というところなんですが、有名(らしい)な定山渓温泉をちょっと行ったところにあるんですよね。
が、そんなことはまったく知らないざわわ。
豊平峡温泉は終点にあるんですが、バスの乗客はみんな定山渓温泉目当てなので、みんな定山渓近辺で降りる降りる。
バスにはもう3人くらいしか乗ってなくてかなり焦った。
「あれ、もしかして違う目的地行きのバスに乗っちゃった?」みたいな。
しかも定山渓を過ぎたところで、「定山渓車庫前」(だったと思う)っていう停留所に停まるじゃないですか。
この停留所、名前的に終点っぽいから、危うく降りそうになった。
というか、事実この路線の半分くらいのバスはここが終点みたいで、もう半分が豊平峡温泉まで乗り入れるみたい。ま、近いんですけどね、そこから。

さてさて、話を戻して。
バスに揺られること90分、ようやく豊平峡温泉に到着。

これが入り口↓

豊平峡温泉

ちなみに周りはこんな感じ↓

周りは山だらけ…


はっきり言って、地雷を踏んだと思った。
だってHPの(http://www.hoheikyo.co.jp/index.htm)露天風呂とか結構きれいなんですよ。
だったら、施設全体が大きくてきれいなところ想像するじゃないですか。
でも現実は結構ぼろいというか、ぼろいというよりはちゃっちいというか…
が、この印象はいい意味で裏切られることになりました。


入浴料は1000円とちと高め。
が、そんなことはいい。今日は露天風呂に入りに来たんだ、多少の値段の高さは目を瞑るさ。

肝心の温泉はというと、これがまったく素晴らしい!
当然お風呂の中は撮影禁止なんで(というか貴重品入れに携帯と財布は全部入れてたんで)、写真はHPの方で見てください。
室内のお風呂は落ち着いた感じ。
で、露天風呂は、これがまたでかい!
つながってはいるのですが、一応2種類の露天風呂があって、大変広々として気持ちよかったですわ。
だいぶ前にゼミの合宿で行った箱根の温泉の露天風呂もでかかった記憶がありますが、これもそちらに負けず劣らずという感じ。
あとで見たパンフレットに北海道最大級を謳ってただけはある。

印象に残ったのは、やたら「源泉100%かけ流し」を主張してたこと。
そういえば、数年前に温泉の偽装事件が流行りましたよね(流行ってはないけど)。
どうやらここは違うらしく、贅沢に全部源泉だそうです。
その証拠に(受け売りですが)、湯の花と呼ばれる、なんか温泉物質の結晶が浮いてた。
あとやたら卵っぽい匂いがしてたから本当なんだろう。
そこの温泉曰く、「札幌市内の温泉で唯一の源泉かけ流し」だそうです。
ま、正直違いを感じられるほどの温泉通ではないのだが…
が、本当ならそれに越したことはないのでガンガン主張すればいいと思う。

昼ごはんは、1回温泉入ったあとに食べました。
前にも書きましたが、HPでやたらインドカレーをプッシュしてるのが気になって気になってしょうがなかったんですが、1回の食堂にいったら、本当にインド人が厨房にいるし!
せっかくだからと700円のチキンカレーを頼んでみました。ナンもついてた。
ま、おいしかったですよ。が、正直、(すっげー前に日記にも書いたけど)国立駅北口のインドカレー屋で食べたのの方がおいしかったかな。でもあっちは1800円くらいしたんだったか…

結局大広間で休みつつ、帰るまで計4回も入りました^^
いやー、気持ちよかった!


帰り際のアクシデント。
帰りにジュースでも買おうと財布を見たら、残金が1000円札1枚しかないことに気づいた。
行きの運賃が820円だから、ギリギリ帰れる計算だ。
「あっれー、おかしいなー…」とか思いながら、今日の出費を計算する。
バスに乗る前にペットボトルのお茶買って、行きの運賃が820円、入浴料が1000円、タオル210円、昼食700円、帰りの運賃が820円…
結構使ってるな…

ま、一応帰れることは帰れるんですけど、万が一行きと帰りの運賃が違ったらどうしよう…とか余計な心配をしながらバスに乗ってた。
あんなに運賃の電光掲示板を見ながらハラハラして乗車したのは初めてだ(笑)。


そんなこんなで19時ごろ帰宅でございます。
いやー、良かった。
今度は定山渓だな。次はいつになるか未定だけどね…


そして最後にあえて言おう。

労働厨、学生厨乙!
毎日がエブリデイなら平日に温泉にも行けるというのに!



今日はこの辺で
オヤスミ
スポンサーサイト
2009.09.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://djhide.blog39.fc2.com/tb.php/950-6afff123

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。