上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
中学校なんだけど、司法試験科目に数学があって、しかも自分は数学が得意なはずなのにまったく解けなくて、宿題に出されてたプリントをやってくるのを忘れたっていう夢を見た。

この前は、北朝鮮から発射されたミサイルが異様なホーミングでざわわの頭上に迫ってくるっていう夢を見た。
爆薬は積んでないらしいから爆発しないけど、あの質量でのしかかられたら間違いなく死ぬ。
中学校の前の交差点あたりを逃げ回ってた。





ろくな夢を見ていない。

ところで、世間では北朝鮮がミサイルを撃つの撃たないので大騒ぎらしいですね(他人事)。
みなさんの中には、あのミサイル防衛システムってやつを本気で信じてる人っているんですかね?
ざわわは軍事には全く興味がなくて、ロースクール入試の勉強の最中に知ったことなんですけど、どうやらあの迎撃システムは本気で当てになるかどうか分からないらしい。
だって、発射されたミサイルにこっちもミサイルを撃ち返して当てるっていうシステムなんでしょ?
まさかそんな芸当本気でなんて思ってる人いるのかな?
時速何百キロで飛ぶ物体にピンポイントでミサイルを当てるのか…そりゃ理論上はできそうですけど、じゃあ実際できるかどうかと言われると…

詳しく知らないんですけど、まさか一発で迎撃するなんてことはないでしょうから、何発か打ち返してそのうち一発でも当たって迎撃できれば上出来ってことなのかな?
ふと疑問なんだけど、仮に迎撃ミサイルが外れたらどうなるんだろう?
レーザーじゃないんだから、撃ってそれっきりってわけにもいくまい。
外れたミサイルはどこかに着弾するわけで、海上に着弾すれば大丈夫…なのか分からないけど、間違って他国に着弾したらどうなるんだろう?
いや、たぶんミサイルを迎撃しつつ無事に着弾できるコースを狙って迎撃ミサイルを撃つとは思うんですが、ふと疑問に思った。

田原坂の戦い(西南戦争)の激しさを物語る資料として、互いにぶつかり合った銃弾が残ってるそうです。よほど銃撃戦が激しくないと、あんなに小さい銃の弾がぶつかり合うわけないわけです。
これとやろうとしてることは一緒だからなぁ…まぁ、正面からぶつけるのか、側面からぶつけるのか知りませんけど。

つーか、ミサイル防衛システムって言われたら、どちらかというとバリア的なものを想像する。
バリアがいかに難しいかは空想科学読本でやってましたけど、未来の技術ありなら、なんつーかATフィールド的なもので日本領空に入ってきたミサイルを破壊する、そんなイメージ。
現状の技術だとミサイルにミサイルを当て返すっていう曲芸で対処せざるを得ないのがなんとも…
意外と21世紀しょぼいな。

明日から4月か…

今日はこの辺で
オヤスミ
スポンサーサイト
2009.03.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://djhide.blog39.fc2.com/tb.php/880-71d235b3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。