上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日の日記。

1限、行政法。

3限、民事訴訟法。
この前のテストの成績分布が返ってきた。
ざわわ61点、前回一部の人に配られた(不可ギリギリの人)成績分布だと優。
んで、今日の成績分布表だとなぜか良。
先生「どうやら得点の計算間違いがだいぶあったみたいで、65点からが優、35点以下が不可となります」
だそうです。
そんなわけで、優→良へと華麗にジョブチェンジと相成りました。
いつもならきっと怒ってるんでしょうけど、なんか理不尽で思わず笑ってしまった。
×「なんでだよ!!!(怒)」
○「なんでだよwwwww」
ま、どのみち出席で点引かれるかなぁとか覚悟してたんで、そんなに精神的にはダメージは少なかったです。あと、別に単位取れるかどうかの瀬戸際っていうわけでもないのもありますね。

昨日書いたように、冬学期テストが近い。
2限と3限後18時まで図書館で勉強。
普通に学期末テストなので、図書館が結構混んでる。しょうがない。

今日は行政法の勉強をやりました。
頑張って、一応全部通した。

ところで、行政事件訴訟法など比較的最近できた法律にはほとんど目的規定、定義規定、適用除外規定があります。
逆に言うと、憲法、民法、刑法、商法、民事訴訟法、刑事訴訟法など六法と言われてるやつには定義規定等はありません(目的規定はあるのもある)。
この定義規定ってやつが大変ありがたくて、要するに法律の中で使われてる言葉の意味が最初に列挙してあるんですわ。
だから、条文の最初の方読んだだけで大体分かるようになってます。
これがあると勉強が非常に楽。要件とかがはっきりしてるから。
立法者の愛を感じた。

今日行政法通してやったから、あとは民事訴訟法、刑事訴訟法、手形法の3つ…あれ?
よく考えてみたら、ざわわは冬学期の科目数を勘違いしてたらしい。
秋学期は週10単位(週1時間で1単位)、2単位の科目が5科目です。だからテストも5つ。
冬学期はだいぶ減って、週7単位、4科目…じゃねーよ、5科目だ!!
あぉ、思いっきり民法忘れてたわ。
んで、昨日民法勉強してた時は行政法数えてなかったからやっぱり4科目って勘違いしてたわ。
痛恨のミス(?)…でもないか?
民法、商法、民事訴訟法、刑事訴訟法、行政法か…
ま~た5科目…

テスト範囲を確認してみると、

民事訴訟法 秋学期レジュメ70ページぐらい、冬学期40ページぐらい
刑事訴訟法 秋学期教科書200ページぐらい、冬学期100ページぐらい
民法は先生が別なので判断しにくいがレジュメ100ページ超(地獄)
商法は商行為と手形法
行政法 秋学期教科書160ページ、冬学期140ページ(単位数減ったのに変わってない)

テストの負担は内容の量如何にかかわらず科目数で決まるよ説に立てば、秋学期と負担が変わらないんですが…
とりあえずぬるそうなのから処理していこうか。
行政法を幸い通せたから、次は刑事訴訟法、民事訴訟法かな?
民法は内縁までやったから、のこりレジュメ70ページぐらい…orz
商法は手つかず…か。
土日が勝負だな、これは。

よし、がんばる。
今日はこの辺で
オヤスミ
スポンサーサイト
2009.01.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://djhide.blog39.fc2.com/tb.php/842-2fecf8ee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。