上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
うすら寒いギャグはともかく。

ややタイムリーな話ですが、実はずっと前から書こうと思ってた事を書きます。

人は名前を持つ。
人は名前には物の識別記号の意味を持つと信じている。言霊という言葉もあるしね。
だからこそ、あれだけ命名の際に考える。
良い字はないか、字画はどうか、とか。

オリンピックの年なんかに生まれた子どもなんかは、金メダルの選手の名前なんかがよくつけられてたみたいですね、最近はどうか知らないけど。
母親の友達の子どもも、確か歳は3歳くらい下だったと思うけど、金メダル選手から名前もらってたみたい、(例によって)名前は忘れたけど。

上の二つの例は命名のポジティブな面ですよね。ポジティブの意味は今から書くネガティブの方の意味を読んでもらえば分かると思います。
良い字を名前に使いたい、素晴らしい人から名前を拝借したい。
そんな親の希望が命名にはあるわけです。

ポジティブがあればネガティブがあるのは世の常で。
中学校の時の社会の先生に男の子が生まれて授業の時にそういう話をしてたんですが、名前を付ける際にやっぱり教え子の名前とかぶらないようにしたんだって。
クラスに「そう」ってやつ(男)がいたから、そいつとかぶらないように「そうま」にしたんだそうです。
別に「そう」っていうやつは悪い奴じゃなくていいやつだったが、それでもやっぱり人と同じ名前にはしたくなかったんだろう。

まぁこれくらいなら別にネガティブでもない気がするが、親としてはあまり縁起の良くない字とかは使わないでしょうねぇ。
「悪魔」くんがだいぶ前に話題になってたけど、いくらなんでも酷過ぎですよね。

とまぁ前置きはこれくらいにして、本題に入りましょうか。

もしもヲタが子供を持った場合を想定しよう。
「○○っていうゲーム(漫画・アニメ)に出てくる××っていうキャラクターが好きだから、××っていう名前にしよう」
こんな露骨な親はいないでしょうね、きっと。
少しでも良識があれば趣味と命名はきっちり分けるに違いない。

いやしかし、問題はある。
「○○っていう名前が字画もいいし、これにしよう」
っていう決め方をしよう。
しかし、あとになって子どもを見に来た友人(ヲタ)に、
「あれ、この子○○ちゃんっていうの?この名前ってあのアニメ(漫画・ゲーム)に出てくるキャラと一緒だよねぇ…」
って指摘される可能性は?
0じゃないですよね。
いや、被るだけならいい。
「たしかに被ってるが、俺はそんなゲーム(漫画・アニメ)なんて知らなかったから偶然だよ。」
っていう反論が成り立たなくもない。
これで済むならいいのだが…

真の問題はここから。
確かに知らないゲーム等のキャラの名前とかぶったが、俺はそれに関しては一切知らなかったからいいんじゃないの?
しかし、もしもそのキャラがエロゲーのキャラだったら?
もしもそのキャラがアニメのキャラでパンツ担当だったら?
もしもそのキャラが凌辱ゲーのキャラだったら?
もしもそのキャラがストーリー中に死んじゃうキャラだったら?
ここまで来ると知ってるか知らないかの世界じゃない。気にするかしないかの世界だ。
気にしないなら構わないが、気になってしまう人もいるかもしれない。

そこで解決策。
こんな本を作ってみてはどうだろうか?
この本にはひたすら漫画・ゲーム・アニメのキャラクターの名前が羅列してある。
どんな作品のキャラで、どんな内容の作品だとかは一切書いてなくて、ひたすら名前だけを列挙してあるストイックな本。
お色気担当キャラだったりエロゲのキャラだったりしたらそれを示す記号を付す。
この本の使い方は、子供が生まれたらいくつかの名前候補を自分で考えて、その自分で考えた名前をこの本と照会する。
んで、被ってなければOK。被ってたら字を変えてみるとか、キャラ的に気にしなければそのまま使ってもいいし、アウトなキャラとかぶってたら変更ですね。
巷には命名本があふれてるが、(読んだことはないが)基本的には縁起の良い字を集めて作ってあるに違いない。
とすればネガティブな名前を集めた本っていうのがあってもいいんじゃないか?
題名は…う~ん、そうだなぁ~、だいぶ前に流行ってた「買ってはいけない」っていうのにあやかって、「名づけてはいけない」にしてみてはどうだろうか?

しかし命名に関する本って結構あるが、あれって儲かるんだろうか?
人生でそう何度もすることじゃなかろうに…
しかも上で出した案、ものすごく使う機会が限られてそうだから、自分で書いといてなんだけど、まったく儲かりそうな臭いがしないなぁ…

しかも今気づいた。
新しい漢字はもう増えないだろうけど、新しい漫画とかは増えるな…
とすると、正確に作ろうと思ったら毎年更新しなくちゃいけないのか…
となると本っていう媒体は不利なのかな?
インターネットのコンテンツで入会料とってとかどうだろうか?

こんなことを一日考えてた、23の秋、北海道にて。

今日はこの辺で
オヤスミ
スポンサーサイト
2008.09.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://djhide.blog39.fc2.com/tb.php/811-9f086c9b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。