上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日の日記。

9時前起床。
起きてすぐ学校へ。

何といっても今日はレポート締切日、なのに何の下準備もやってないという、言わば危機の日。
学校にノートPCを持ち込んで、一気に片付けてしまおうという魂胆ですわ。

この問題の比較法文化論のレポートなんですが、授業が割と特殊で、基礎法の先生が代わる代わる授業を担当するというオムニバス形式だったんですよね。
だから、レポートも2名の先生を選んで、その授業の内容のレポートを2500字ずつ書けばよいという内容です。だから、5月以来授業に出てなくても、最初の2名の先生で書くつもりだったんですよ。

まずは中国法の先生のレポートから。
資料に文献があるので、要約という名のもとひたすら真似る。いや、決してまる写しじゃないんですけどね。しかし創作性は確実にゼロ。
まぁいいんですよ。1800字くらいはその文献(授業担当の先生が書いた論文)の要約で、残り700字が自分の考え(?)。クエスチョンマークの意味は、あまりに稚拙な内容なので、果たしてレポートの域まで達してるかどうか…
いや、でも出すことに意味がある、そして単位を取ることに意味がある。少なくとも単位が来るくらいにはレポートを作ったつもりです。

で、次が近代日本の裁判史とかいう謎の講義のレポート。
これに激しく頭を悩めましてね、ざわわははっきり言ってやりたいんですよ、この授業担当者に。
「学問というやつは役に立つかどうかで決めれない、だから仕事や生活上役に立たない学問でも大いにやっていただきたい、大学の予算で。しかし、おまえのその研究内容は社会に何の意味ももたらさない!生徒を苦しめないためにもとっとと辞めちまえ!」と。

結局11時半ごろに1本目のレポートを書き終えていいペースだったのにこれでつまづいてしまって停滞…

すると、同室の人が別の先生の授業の資料を貸してくださいました。
本当にありがとうございます。

その人の授業内容は、インドネシアの権利感と日本の権利意識の比較、みたいなわけのわからない授業ですが、こっちは論文があるから要約ができて字数が埋めれるという魂胆ですよ。
無理やり書いて13時半に終わらせた!

で、事務室前のボックスに提出して、PCルームでメール出して提出完了です。

いやっほおおおおおおおおおおおおおお
これで夏学期+1学期の課題及びテストはすべて終了です。
ようやく、ようやくこのときが…
長かった…

こんな感じで小躍りして喜んでるざわわであります。
ちょっとの間ですが、幸せに浸ってたいですね。

あ、「剣と魔法と学園モノ。」、順調にやってますよ~
一言だけ書くと、まんまWizardryですね、うん。でも面白い。
このゲームのことはまた後日書きます。

さてゲームに戻るので今日はこの辺で
オヤスミ
スポンサーサイト
2008.09.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://djhide.blog39.fc2.com/tb.php/808-8cdebf70

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。