上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日何を書こうか迷った。
MHP2Gの話を書こうか、MHの武器の話でも書こうか、学校の話でも書こうか…
でも、昨日読んだ絶望先生の第13集の話をします。

読んだ人いますかね?
個人的には、はしかの話が一番秀逸だった。声に出して笑った。
良かった、いろいろはしかやっといて。きっとアニメというはしかは10代までにやっといた方がいい、個人的にもそう思う。大人になって自由になるお金持ってやるとろくなことにならないと予想。
現在進行中の人は先人の知恵にも少し耳を傾けてもよいのでは?
でもはしかやりすぎると達観した人間になっちゃってつまんないかもね。
アイスホッケーのはしかの話が出てくるもんだとてっきり思ってたんだけど出てきませんでした。本人も忘れてるのかな?
他の話は…微妙なのが多かった気が…
今年のバレンタインも期待してたんだけど…(去年のバレンタインが秀逸だったので)
なんか絶望先生になってから妙に話の出来にムラができた気がする。
ネタはもう出尽くしてるって本人も宣言してるし、テーマにものすごく無理がある回とかあるよね。
今集でいうと我慢しないとか。
回顧補正含めて言うと、改蔵のときはどれもテーマにキレがあったような…特に20巻以降はどれも素晴らしかった。
あとはテーマ出さないときもあるよね。
絶望先生になってから名前のあるキャラが増えたせいか、まとまりがないというか…
今集のネオ日教組の話をしてます。
久米田康治の話は登場人物ほとんどいりませんからね。勝手に改蔵のときは4人+準レギュラーだったんだし。

バレンタインで思い出した。
久米田康治のバレンタインの話は面白いのが多いです。
告白するというテーマのやつもなかなかですよ。

巻末でやたらアニメになったのを喜んでて、なんからしくないなぁと思ったけど、よく考えてたらサンデー時代からやたらアニメ化アニメ化って言ってたし、ようやく叶ってそりゃあ嬉しかったんだろう、自分は見てないけど。

アニメになって、そっちの方から漫画を読み始めた人がいるらしい。
こんにちわ、久米田康治の世界へ。
久米田康治はアイスホッケーからの積み重ねを笑う漫画なので、できれば全部読むべきですね。
ブックオフに大量にあるのが悲しいですが、ほら、アイスホッケーは文庫本になってるし、そっちでね。
てか改蔵の文庫本化まだー?
サンデーは部数落ちてるんだし、今こそ他者の作家の人気にフリーライドすべき。

とまぁとりとめもなく書きました。
まだまだ続くっぽいし、ぜひ講談社で自己最高記録の巻数を出してほしい、40巻くらい。

さて、明日は刑法の小テストなので、早めに寝て、できれば6時くらいに起きて勉強したい。

今日はこの辺で
オヤスミ
スポンサーサイト
2008.05.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://djhide.blog39.fc2.com/tb.php/750-e0c44584

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。