上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日は結構長めの文章を書く予定です。
明日は休日ということで、夜更かしする予定の皆さんに暇つぶしの文章を提供し、あわよくばざわわの口座に授業料を振り込んでもらう、そんな魂胆です。

さて、今日の日記。

朝7時半ごろ起床。

朝ごh(ry

いつものように8時15分ごろ学校へ。

1限、民法。
今日はケンメイ(変換されない)主義のお話でした。

授業後、隣の人が「明日は休日だね」的なことを話してました。
よく考えたら明日祝日じゃん!
みどりの日…は古いんだっけ?
昭和の日?
よく覚えてない。
とにかくラッキー!

財布を見たらお金がなかったので、お金をおろしに生協近くのATMへ。

お金をおろして中央食堂へ。
いつものように朝ごはん兼昼ごはんです。

それを食べ終わってから勉強。
自習室に戻って気付いた。
今日の3限の憲法、休講じゃん!
続けてラッキー!
5限がゼミなので、どっちみちそれまで勉強はするんですけどね。

さて、自習し始めて数十分。
第1の悲劇。

前、「はなぢき」という題名の日記を書いたとき、ざわわは大変な鼻血ストだということを書きました。
今回もそれの再来です。

いきなりドバーっと来た。
ドバーっとですよ。
なんつーかパールハーバー?的な。
なんか文章がめっちゃ頭悪い。

とにかく鼻血です。
すごい勢いです。
これまで人生あまたの鼻血を経験してきたざわわは、鼻血の程度を4段階に分類することに成功しました。

①鼻血が出ているものの量は少量。鼻栓しなくても大丈夫なこともあるくらい。
②The鼻血。栓は絶対必要。おとなしくしていればすぐ割と止まる。
③ヤバイ。下を向いていたら普通に床に垂れ落ちる。栓をしても全部数分で赤色に染まる。
④すごくヤバイ。経験上、ここまでくると栓が意味をなさなくなる。というのも、栓をしても、栓と鼻のわずかな隙間からじわじわと音を感じれるくらいに染み出てくるのだ。誇張無しで栓は1分以内に赤色に染まる。1分以上放置すると、栓をしていても容赦なく栓を伝って血が垂れ落ちる。要トイレ駆け込み。

今回は③と④の間くらいかなぁ。
さすがに鼻と栓の間から染み出てくる程度ではないけど、1分以内に栓が真っ赤に染まる。

今回は油断した。
栓を変えるさい、この程度まで来ると必ず上を向いて処置しないと間違いなく栓交換時に血が床に噴き出るのだが、今回は甘く見ていて下を向いたまま交換してしまったのだ。

鮮血が服に飛ぶ。
あわててトイレへ駆け込む。
途中人とすれ違わないでよかった。

とりあえず血を止めつつ、洗面台で服の血を落としにかかる。
幸い、処置が早かったおかげであまり目立たない跡で済んだ。

ちなみにこの段階でのティッシュは隣の席の女の子のを勝手に拝借しました。
すいませんでした。ちなみにその子は席を外していました。

で、落ち着いたころにまた自習室に戻って勉強。
そしたらまた鼻血が噴き出し始める。
さすがに今回はティッシュを拝借できなかったので、同室の方にお借りしました。
本当にありがとうございました。

ところで、だれか詳しい人に聞きたいんですが、若干汚い話になるのでご了承ください。

ざわわの経験上のレベルで表記すると③と④ぐらいでしょうかね、この段階の鼻血になると、鼻血を栓で止めた際、交換時に何かものすごいドロッとしたものが一緒に出てくるんですよね。
最初は鼻水が血で汚れたものだと思ってたんだけど、そんな量じゃなく半端ない量が出てくる。
今回で言うと、1回目は栓交換時に鼻から、2回目は鼻と口がつながってるせいか口から出てきた。
なんていうか、固体ではないんですが、ゼリー状の気持ち悪いもの。
ざわわ仮説では、鼻血の勢いがすごい時に栓を割と長時間しておくと、血の水分は栓に吸われるが、血の成分は栓に吸われずに鼻に残り、それが中途半端に凝固してあのような物体になるのではないかと。
とにかく、あんなものが口から出てきたのを他人に見られたら間違いなく引かれると思うんですよね。
誰か教えてください。

さて、鼻血がひと段落してまた勉強。

13時くらいから休憩がてら外の本屋に漫画を見に行く。
1軒目、お目当てのものはない。
2軒目、本を見ていたら事件発生。

ざわわが何の気もなしに携帯をポケットから取り出してメールをチェックした。
すると、店員さんが来て、「店内での撮影はおやめください」って言われた…
ざわわは言い訳をしようと思ったんだけど言葉にならず、「あぁ、うぅ…」と怪しいセリフを残して黙ってしまった…

まぁ若干疑われてもしょうがなかったかもしれないんですよ。
ざわわは最近携帯のロック機能というものを覚えまして、ポケットにしまってる時に勝手にボタンが押されないように、横のボタンを押すことでボタンをロックすることができるのです。
で、今回もメールをチェックする際にそのロックを解除しようと思ったんですが、そのボタンが携帯の側面についてるもんで、ロックを解除するときにちょうどカメラ撮影をするような持ち方(携帯を横にして持つ)みたいになっちゃったんですよね。
しかもポケットからちょこっとだけ出しての解除だからこっそりやってるみたいに見えるし余計に怪しい。

店員さんの注意は正しいと思いますよ。
情報窃盗は不加罰ですが、店の本を撮影するのはけしからん。
だからいいんですよ。

でもね、ざわわの自慢といえば、犯罪を犯したことがないことなんですよ。
そりゃあね、当たり前だとは思いますが、法律家を目指すものとして万引きの一つもしたことがない、する勇気もない、数少ない自慢ですよ。
そんな小市民であるざわわに向かって犯罪者扱いなぞ…
正直ショックでしたよ。
まったく罪を犯す意思もないのに人から疑われるのは気分のいいものではない。
ざわわといえば、月に数万円も漫画につぎ込む良客ですよ、本屋にとって。
それを犯罪者呼ばわりなんて…あんまりだ…
だいたい本の中身を撮るならともかく、表紙(しかも背表紙)撮ってもしょうがないだろうに…

ここで喚きだして、「謝罪しろコラ」って言うのもなんか違う。
「僕は撮影する意思なんてないし、そもそもカメラのレンズも開いてないし、カメラソフトも起動してないし…」なんて必死に言い訳し始めるとますます怪しく感じられるだろう。
こんな思考をその1秒くらいでして、結局ざわわは何も言えなかったのでした。

あの注意行為は誰も得しませんでした。
店員もいい気分はしなかっただろうし、ざわわは犯罪者の汚名を着せられました。
せめて、せめてもうちょっとよく見て注意してほしい。
世の中善からぬ輩がいるのは重々承知だが、少なくともざわわが犯罪を犯すことがあろうか。

なんとも言えない悲しい気分になって休憩は終了。

自習室に戻りました。

それから16時15分くらいまで勉強。

16時半からゼミなので、教室へ移動しなくちゃいけないんですが、ざわわはさっき鼻血を洗って乾かしてた服を着なくてはいけなかったので、みんなより少し出遅れました。
で、ざわわの計画としては、教室を知らなかったので、誰かについていって教室を教えてもらう予定だったのですが、そのついていく相手がいない…

ゼミ開始の16時半は迫る。
とりあえず1回の掲示板に行ってどこか教室情報が載ってないか探す。
授業時間割に教室が書いてある。
どうやら3階みたいだ。
3階に急ぐ。
3階の教室に行くが、そこには違うゼミの人がいる。
どうやら自分のゼミは5階らしい。
もう一度確かめに1階掲示板へ戻る。
どうやら文W515というのが怪しい。
しかし聞いたことがない。
事務の人を呼んできて教えてもらう。
文は関係なくて普通に5階に行けばいいらしい。
なんというタイムロス…
エレベーターで5階へ向かう。
もう始まってて、ざわわを待ってる状態で…
ついてない。

さて、5限ゼミ。
ゼミと言いつつ、先生とのソクラティックメソッドでの形式で進める。
事前に出されていた問題の答え合わせ的な側面が強いが、答案の書き方とかも実務者の観点から教えてもらった。なかなかためになる。
あぁ言い忘れてた、このゼミは弁護士の人が担当になってやるゼミです。
普通の授業は大学の先生(学者)が教えてくれるんですが、こっちは弁護士という実務家の人が教えてくれるので割と実践的です。
授業の最後に答案が返却されましたが、思ったよりも出来てたのでよかった。
とりあえず細かな言葉遣いや論証の運び方をもうちょっと工夫して勉強していこうと思った。
こういうのは早いうちからやっといた方がよさそうだ。
それが分かっただけでも収穫。

で、今日はこれで終わりじゃないんですよね。
激しく乗り気じゃないんですが、それから飲み会があったんです。

授業が終わって荷物を片づけて掲示板前に集合して、みんなでお店へ。
なんか去年の同じ先生のゼミ生の2年生も一緒にやるみたい。
場所は中華のお店でした。

全員席について乾杯。
席は全部で4つあったのですが、なぜかこの席だけ実務家の人がいないという…
弁護士の人の話が聞けることがこの飲み会の最後の希望だったのに…

まぁ飲み会自体はそんなに面白くもなく、適当に人の話に相槌をうち、って感じでした。

ただ、唯一の収穫として、同じ自習室で1つ上の早稲田から来たやつと仲良くなった。
この人は香川出身らしく、なかなか話せる奴で、他の糞真面目そうな人たちよりはいい感じ。
帰りも2人で先に抜けて、彼の家まで話しながらついて帰りました。

なんで他の人がダメかっていうと、今日の飲み会でこのロースクールの年齢層を聞いて愕然としたからだ。
ざわわはてっきりロースクールってのはだいたい自分と同じくらいの年齢の人が行くんだと思ってたんだけど、実際年齢がどれくらいかを聞いてびっくり。
今日一緒の席にいた5人。
2年生の人が割と若々しくて、髪も茶色だったから、「何歳に見える?」って質問されて、みんな25とか26って答えてたらなんと30らしい。
自分と8も違うじゃん!
あとから来た眼鏡の2年生は32らしい。
1年生は26歳が2人、25歳が1人。
32とか、10も違うじゃないですか!

いやね、ざわわの勘違いは割としょうがないと思うんですよ。
だって4月1日のときの自己紹介の時にみんな出身大学を言ったんですよ。
早稲田だ、東大だ、北大だ、ってね。
でもそれ、2008年3月卒だって誰も言ってないんですよ。
その時の自己紹介で、「春まで○○という職についていて、今年からロースクールに入りました」的なことを言った人も結構いるんですが、そうじゃない人も結構いるみたい。
早稲田のやつと帰ったときに聞いたんだけど、自習室でもう一人早稲田の人がいて、その人も若く見えて同い年かと思ってたんだけど、そいつが同じ早稲田だから話しかけたら、「あなたよりだいぶ上だと思いますよ」って言われたらしい。
もちろんそいつは自分と同じで2008年卒だったんですが、その人は2000年卒だとか…
少なくとも自分より8上か…

なんかね、専門職大学院ってのはカオスです。
どう考えても自分が一番ペーペー。
なんか近寄りがたいとは思ってたけど、そりゃオーラが違うわ。
みんな3月まで働いてたんだもん。
be~ingで親のすねかじり中のざわわとはそりゃ違うね。

こういうもんだと割り切って頑張りますわ。

あんまり長くならなかったね。
明日は祝日らしい。
世間的にはGW。
何それ、おいしいの?

今日はこの辺で
オヤスミ
スポンサーサイト
2008.04.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://djhide.blog39.fc2.com/tb.php/742-2baed8c2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。