上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ふと考えた。

今日、夕食のときに、食堂にあるテレビで、競艇のドキュメントみたいなのをやっていた。
そこで、中の人(操縦士?)が負けて、お客さんから文句を言われていた。
(ざわわはギャンブルやったことないけど)よくある話だ。
「お前に賭けたのにどうしてくれるんだ」的な。

うん、気持ちは分かるような分からないような。
もちろん法律的にこのおっさんが言ってる文句は意味を成さないのは当然として、道義的にも文句を言えるのかどうか、ちょっとだけ考えてみよう。
ちなみに、ざわわはギャンブルをやってる人間はすべて糞野郎だと考えているが、今は関係ない。

例えば、AさんがBさんを信用して、Bさんに10万円貸したとしよう。
それなのに、Bさんが返済期限になってもお金を返してくれない。
この場合なら、法律云々にかかわらず、AさんはBさんに金返せと言えるはずだ。
うん、問題ない。

じゃあ、次の場合はどうだろうか。
分かりやすく競馬にしとこう。
AさんはBさんが騎手をする馬が今回は勝つと信じ、単勝の馬券を買ったとしよう。
しかし、残念ながらBさんの馬は勝てなかった。
このときAさんがBさんに言った「馬鹿野郎!」という非難の言葉は正当か否か?

もちろん「金返せ」は通用しませんね、賭けに負けてるんだから。
AさんはBさんの馬が勝つと信じて賭けたんだから、その信用に応えれなかったBさんはこの非難を甘受すべきかどうか。
思うに、上の例のように、AさんはBさんに賭け金分を貸したわけじゃない。Bさんの馬が勝てばそれより多い金額で払い戻されるはず。反対に、Bさんの馬が負ければお金は没収されるはず。
もちろんAさんはこのことを承知していたんだから、承知していた通りにルールが適用されて、お金を払い戻せなかったBさんにはAさんを非難することは道義的にはできないはずだ。
もっと言うと、Bさんからの罵倒の言葉に対してAさんは悪びれなくてよい。
「馬鹿野郎」と言われたら、「うるせぇ」と返せばよい。
ただ、Aさんが負けても文句を言われなくていいことと、Aさんの人気や信用がなくなるのはもちろん別の話。
「うるせぇ」なんて返した日には人気が急落するのは間違いないでしょうな。
でも、少なくとも謝らなくていいだろう。

なんて、当たり前のことを書いてみた。
でももうちょっと詳しく検討してみよう。

上の金貸しの例と比べると何が違うだろうか。
どっちにしろAさんはBさんが原因で損害を被ってるわけだから、文句が言えて然るべきだとも思える。
多分これは、AさんがBさんに対して持ってもいい期待度の差から説明されるのではなかろうか?
金を貸したら返すべき、よってAさんがBさんに金を貸して返してもらえなかったら文句が言える。
対してギャンブルは結果(お金が払い戻されること)に対する確約度が上の借金の例と比べて格段に低い。お金を賭ける人は当たらなくてもしょうがないことを前提にしてお金を出す。
だから、戻ってこなくても文句は言えない。

じゃあ結果に対する確約度の度合いが高ければいいんだろうか?
二つの例を考えてみる。

①Aさんは誰もが勝つであろうと予想する鉄板の馬(倍率1.1倍くらい)に賭けた。しかし、残念ながらこの馬は勝利できなかった。
②Bさんは誰も勝たないだろうと思っていた大穴の馬(倍率は数十倍)に賭けた。しかし、残念ながらこの馬は勝利できなかった。

②の場合だと、結果に対する確約の度合いは主観的にも(Bさんが思っていたことからしても)客観的にも(みんなが思っていたことからしても)低いだろう。だとしたら、たとえこの大穴の馬が負けても文句は言えない。Bさんは払い戻される確率が低いことを承知の上でこの馬に賭けたのだから。

じゃあ①の場合はどうか。
結果に対する確約度の度合いという観点から言うならば、Aさんもその他の人もこの馬が勝つだろうと予想しているから、確約の度合いは高いとも言えそうだ。銀行レースとも言うしね、こういうのを。
例としてはディープインパクトとかね。結局最後負けちゃったけど。
じゃあ文句が言えるのか?
やっぱりそれは違うような気がする。
たとえ誰もが結果に対する確約を期待しているような場合でも、そもそもギャンブルに内在している結果に対する確約・保証の低さというものがある。
ギャンブルは賭ける時点で結果が不確定じゃないと成り立たない。
ある時点でその賭け事の内容が確定していたのなら、誰もがその確定された内容に賭けるからだ。
そうならば、たとえオッズが低くて誰もが勝つだろうと予想するレースでも、やはり文句は言えないという結論になりそうだ。

結論:負けて文句言ってるおっさんは心臓がごにょごにょなって○ね。
スポンサーサイト
2008.04.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://djhide.blog39.fc2.com/tb.php/740-dfe14843

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。