上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
驚愕の事実。

昨日寝る前、だいたい0時過ぎ。
ざわわはコンビニへ行こうと思いました。
何気にこっちに来てから初めての深夜徘徊(?)。

エレベーターを降りて、下駄箱で靴を履いて、玄関のドアに手を掛ける。

ん?
開かないぞ?

鍵がかかってるし…



すごすごと部屋に帰ってきたわけですよ。

つまりはこういうことですよね。
「23時門限という決まりははガチ門限で、それ以降はコンビニにも行けない」、と。

もう、なんだよそれ。
ざわわはね、今年23になるおっさんですよ?
何でいちいち門限とか決められなくちゃいけないんですか!

前にも書いたけど、どうやらここは予備校生が主体の寮。
親も契約した時気付かなかったらしい。
予備校生が主体だから、当然門限ってのもあるのもしょうがない。
だって勉強するために1年浪人してるんだし、親も勉強させるために寮に入れてるんだから。
でもね、ざわわは違うんですよ。
なんで移動の自由を制限されながら独り暮らししなくちゃいけないんですか!
学校の友達は玄関のドアを開ければ自由、ざわわは23時以降は8階から出られない…
どう見ても不公平です、本当にありがとうございました。

今回の件で一気にここが嫌になった。圧迫感バリバリだね。
親が1年間分の家賃を払っちゃってるらしいので、とりあえず1年は我慢しないといけない。
勘弁してくれよ~
ざわわは1年間、24時間営業のコンビニという文明の恩恵に授かれません。

親に文句言ってもしょうがないし、寮に言っても駄目だろう(予備校生を外出させないために玄関にかぎを掛けるのには合理性がある、お前もここに入ったんだから従え、と)。

テンション下がりまくりです。
北海道死ね。

では
オヤスミ
スポンサーサイト
2008.04.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://djhide.blog39.fc2.com/tb.php/733-c28ec131

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。