上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
20080328211409
昨日の話からしようか。
昨日は昼にスタ丼納めをゼミのみんなでやりました。
久しぶりに食べたけど、やっぱり三口で胃がもたれる味だ。

そのあと、ゼミの友達が家具を取りに来るので、友達の友達の車に乗って我が家へ。

本棚とテレビラックを持っていってもらえる予定だったんですが、車が軽自動車だったので、分解して持っていくことになりました。

家具を引き取ってもらった後、ざわわは部屋の片づけ。

15時から立川に外出して、漫画買ってゲーセン。ハデスノマゲができない…

17時、国立でゼミの有志で最後の食事会をしました。有志といっても結構集まって6人。雅月というゼミでお世話になった中華料理屋にしました。

食事会だと思ってたんですが、どうやらざわわの送別会の意味合いもあったらしく(関東を離れるのはざわわだけ)、最後にプレゼントももらいました。
ゼミのみんな、本当にありがとう!

そのあと、立川で何故かざわわが弐寺を披露することになり立川へ。
冥もやったけど失敗。ここぞという時に…

で、帰宅。

次は今日の日記。

今日は朝から妹を呼んで引っ越し作業の準備…といきたかったんですが、卒業証明書と成績証明書を学校に取りにいかなくちゃならなかったので、妹に家のことをまかせて大学へ。

国立に行って、大学の教務課で書類を取ってきて、生協で大学院で使う教科書を買って、途中で妹にどら焼き買って、東西書店で漫画買って帰宅。

13時半、引っ越し屋急襲。
廊下に出しておいた荷物を速攻で運び出し、8万3900円を徴収して帰っていきました。礼儀正しい人で好感が持てたよ、クロネコの君!

それから16時まで妹と部屋の掃除して、国立に一緒に桜を見に行くことにしました。
一番上に貼ってある桜の写真はそれですね。
東京は今日から満開だそうで、最後に見頃の桜が見れてよかった。
やっぱり国立といえば大学通り、大学通りといえば一橋と桜・銀杏並木ですよ。
きっとざわわがいなくなってからもきれいに咲いてくれるでしょう。

妹にあらためて大学内を案内してまわって、自分はそれぞれのキャンパスに御礼の言葉を述べてきました。
やっぱり自分が4年過ごしたところですからね、愛着は一入ですよ。

17時過ぎ、ちょっと早いけど引っ越しそば代わりに更級甚吾郎という蕎麦屋さんで食事。
正真正銘国立での最後の食事です。

食事終わってから、大学通りで最後の桜を楽しみながら、国立駅で妹と解散。
もちろん、愛すべき国立にも挨拶してきましたよ。

自分はそれから立川へ。
買えなかった教科書を購入して、漫画を大量購入して、ゲーセンへ。

ホーム最後のプレイでした。
神様はちゃんとプレゼントを用意してくれてたみたいで、ストライカー鳥とハデスノマゲクリア達成。
これでホームでのプレイ、そしてざわわの弐寺は終了です。もちろんここでもきちんと挨拶してきました。あ、ここらへん、きっちり言葉に注意して読むように。

んで帰宅。
寮での最後のお風呂。
で現在に至る、と。

東京滞在のリミットが迫ってから気づいた。
実はざわわはこの土地を愛していたということを。

国立は大学があるところで、とてもきれいな街です。こんなところで4年間勉強できた自分は幸せものです。

立川はゲーセンや漫画で大変お世話になりました。それこそ毎日のように通っていた街で、ざわわの生活で唯一東京らしい都会の側面に触れられるところでした。

そして日野。
Tくんやゼミのみんなは馬鹿にしていたけど、ざわわはこの街が大好きでした、ということに最近気づいた。
住宅街で田舎だけど、地方出身者の自分にとっては非常に住みやすかった。それに、田舎田舎と言われてるけど、探せばそれなりに施設もそろってるところも魅力。
3年生までは家と駅を往復するだけでほとんど散策できなかったけど、4年生になってから散歩をするようになって好きになりました。

実は新宿とかの都会方面にはあまり思い入れはなかったりするんですけど…

東京という街で、ざわわはいろいろな人、物、場所に出会って、確実に成長できたんだと思う。出発直前になってようやく気づきました。
いろいろなチャンスをくれた東京、本当にありがとう!
ざわわは明日北海道に旅立ちます。

PC持ってかれたので携帯での更新となり、もっともっと書きたいことがあるけど、今日はこの辺で
オヤスミ
スポンサーサイト
2008.03.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://djhide.blog39.fc2.com/tb.php/714-54afa0a7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。