上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
お風呂に入ってからノシ




1回消えた(涙)

遅れましたが、今日の日記。
ずっと風呂入ってました(嘘)。

今日は9時過ぎに起きて、朝ご飯食べて、荷物まとめて、10時半に防府駅に向かって出発。
夏休みとか冬休みなら父親が家にいるので新山口まで送ってもらえるんですが、今回は思いっきり平日、運転のあまり得意でない母親しかいないので市内が精一杯…
というわけで防府駅です。

駅についてお土産を購入。
ゼミ用・寮用・今日会うゼミの友達3人用・Tくん用・Dくん用。
まぁお金は全部親持ちですが…

んで親に別れを告げて電車に乗る。山陽本線上りです。

新山口に到着。
のぞみに乗車。広島までなので自由席です。

広島に12時ぐらいに到着。
まずホームの売店でカープ応援弁当を購入。

親が切符をとったので知らなかったんですが、どうやら自分の指定席がある新幹線は13時らしい。
上に書いたとおり現在12時…
1時間暇潰さなきゃだな…
まぁMHP2があるので全然大丈夫ですけど…

13時にのぞみ到着、乗車。
まずお弁当を食べる。
それから東京駅までひたすらMHP2。
4時間なんてあっという間です。
昔、新幹線に何も持ち込まずに山口まで帰ったことがあるんですが、あれは苦痛だったなぁ…
何か暇つぶしがあれば5時間弱の道のりも意外とあっという間です。

んで16時過ぎに東京駅に到着。
やっぱりこっちは人が多いなぁ…
山口からだとギャップが激しいです。例えるなら、村ラージャン2体の1匹目と2匹目くらいの差。

さて、今日はゼミの友達とお寿司食べ放題なので池袋に18時20分までに行かなくちゃいけない。
なので池袋へ移動。
池袋→東京は20分ぐらいなんで、時間が余ってしまうわけで…

とりあえず東口を確認後、弐寺の携帯ページのゲーセン検索で弐寺が置いてあるゲーセンを探す。

ちょっと迷ったので探してたのが17時50分くらい、1人順番待ちをして18時過ぎからプレイ開始。ちなみに駅から7~8分の距離。ちょい遅れるなぁ…なんて思いながらプレイ。
あ、VANESSA(A)のスコア更新しました。

んで18時20分に少し遅れて到着。
すでに友達2人が来てました。もう1人(ゼミ幹)は遅れてくるみたい。
17時50分(5限終了時刻)ギリギリまで学校の図書館でゼミの発表の話し合いを粘ってたらしい。ちなみにゼミ幹は木曜日に発表。
国立→池袋を30分っていうのはちょっと無理だろう…
ゼミ幹は18時半過ぎに到着しました。

全員揃ったところで寿司屋へ向かう。
今日行くところは寿司王国というお店。
池袋東口から北に伸びている道路から歩いて5分、右側に見えるお店です。お店自体は地下にあります。

入店して説明を受ける。
3000円お寿司食べ放題、2時間制。
テーブルに備え付けてある注文用紙(寿司ネタが列挙してある)に食べたいお寿司の個数を記入して店員に提出して注文する。1回20個まで注文できる。
30分前ラストオーダー、残したお寿司は別料金で取られてしまう。
ふむふむ。

今日はずっと注文表を書いて店員に提出→来たお寿司を1分ぐらいで完食→すぐさま注文表を書いて提出→来たお寿司を(ry
という感じで大学生らしい食べ放題でした。
まぁ20個なんで4人で割ると1人辺り5個。1皿あたりはそんなに多くないです。

で、今日は結局4人で9皿食べました!
9皿ですよ、9皿!

簡単な算数です。
20個×9皿=180個
180個÷4人=45個

45個も食べたのか…
回転寿司換算で22皿と半分…
かなり多い…

8皿くらいで勢いが止まって、そのあとの1皿は地獄でした。
まさに寿司苦行…
原因は海苔巻き。あれって結構重いんだよなぁ…

蟹(別料金)も予約してたんだった。
あ、食べ放題じゃないです。1人600円くらい、ちょっと高いかな?

蟹


こういうのを使って食べるらしいです↓

蟹専用スティック(?)


自分は面倒だったので箸でかき出しました。

なんで肝心のお寿司の写真がないのかだって?
1分弱であっという間になくなるお寿司をどうやってカメラに収めろと…

んで21時過ぎ、みんなヒーヒー言いながら店を出る。
かなり食べ過ぎた…

自分は山口から直接来たので、重い荷物(PC入り)を持って日野まで帰宅しました。
帰りの中央線はちょっと込んでてつらかった…(涙)

帰ったのは22時過ぎ…
疲れたぁ~

今日はこの辺で
ノシ
スポンサーサイト
2007.07.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://djhide.blog39.fc2.com/tb.php/585-8c3f08bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。