上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
人を殺してしまった。
なんかむかつくやつだった。
だから、一思いに刺してやった。
相手はあっけなく崩れた。
やった、やってしまった。
自分は人を殺してしまった。
自分の未来の想像図が一気に崩れていく。
この先の人生はどうやら苦行にしかならないようだ。
いや、それはよくない。
自分の未来は輝かしいものでなくてはならない。
どうすれば、未来は崩壊せずに済むのか。
それは、隠すことだ。
すべてを無かったことにしてしまえばいい。
事件はどうすれば発覚するのだろうか。
それは死体があるからだ。
ならば、死体を隠してしまえばいい。
見つからないようにすればいい。
そうすれば、自分の将来は安泰である。
ざわわは死体を体育館のステージの下にある用具入れに隠した。
死体はビニールでぐるぐる巻きにした。
これならば死臭もそう酷くはないだろう。
あとは、人を寄せなければいい。
そうしてすべてを忘れかけていた。
自分が人を殺めたことも、死体を隠したことも。
しかし、世の中そうは甘くない。
ある日、体育館の改修工事をすることになった。
当然、体育館にある荷物はすべて運び出す。
やばい。
用具入れももちろんさぐりを入れられるだろう。
しかし、そこにあるのは死体。
間違いなく事件は発覚するだろう。
指紋には気をつけたつもりだが、最新の科学捜査を逃れられるほど徹底してはいない。
アリバイも徹底しているわけではない。
もし、警察が入念に捜査すれば一発で疑いがかかるだろう。
まずい。
自分の未来が危うくなってくる。
どうすればいい。
死体を取り出し、別の場所に隠せばいい。
夜中にこっそり忍び込んで、死体を引きずり出し、どこかに埋めてしまえばいい。
家に持って帰るわけにはいかない。
その日のうちにすべて行わねば…





という夢を見たざわわです。
死体が発覚しそうになってあせるところとか妙にリアルでした。
自分には、罪を隠し通しながら生きるのは難しそうだ。

今日は久米田康治の話を3つほどしたいと思います。

まずはこちらをザーッとお読み下さい↓

http://alfalfa.livedoor.biz/archives/50899556.html

むむむ?
もしかして…

絶望先生アニメ化!!???

あれを映像化するのか…
とっても難しそうだ。
色々問題のありそうなネタがあるからなぁ…(てかそれしかない)


うれしい気持ちと心配な気持ちが半々に入り混じった気持ち…
いや、正直に書こう、うれしい気持ちが3割、心配な気持ちが7割の感じですかね?
8割がた失敗する公算の方が大きそうだ。
さすがに自分が大好きな作品に対して「絶望した」とは書きたくない…
それでもwktkはしてますが…

このブログでは何度も書いてますが、ざわわは根っからの久米田信者です。

あ、久米田康治の漫画を「批判漫画」とか言うのはやめてほしいです。
そんな安易な漫画じゃないと思います。
基本的な話の流れは、

その回のテーマが出る

テーマに沿って、政治・芸能・漫画・アニメ・その他生活全般に渡って、「その発想は無かったわwww」という視点から見ていく

テーマを極端にしたり、さらに広域にわたって適用していったりして話を展開

オチ

という感じだと思います。
神がかってたバレンタインの回だと、

バレンタインというテーマ

チョコが買えない期間などで話を膨らませる

倫登場、カカオのパーセンテージによる愛情表現、3倍の愛、3倍返し対策に3分の1ラブ(ここら辺の出来が良すぎる)

3分の1ラブ実践

という感じです。

アニメ化するとして、どういう話を作るんだろう。
OVAならともかく、地上波だと本当によろしくないネタが多すぎると思うんですが…
もしかすると、漫画とまったく違う展開なのかも…
ただ、各キャラを使った萌えアニメにすると酷いことになりそうだ。
個人的には漫画からギリギリのネタを選んできて、それを細かく出していく手法が妥当な気がします。
「体育大学生のメール」ぐらいなら大丈夫じゃないんでしょうか?
「来世では喪主になれますように 弟」ぐらいになるとアウトか?

土曜日曜早朝枠は無いと思うので、どっかの曜日の深夜か。

とにかく、より黒く、より笑える内容にしていただきたい。
まぁあくまで本当ならの話ですけどね。

次、ちょっと古いけどこちらをお読み下さい↓

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/919499.html

色々あって紹介できなかったんですが、これは酷い。
上にも述べましたが、ざわわはとびっきりの久米田信者なのです。

江川達也は酷いね。
その顔の醜さゆえにメディアに出ることが無い漫画家ってお前じゃんww

下の方に久米田康治が実際に江川を皮肉した単行本の写真が載ってますが、もちろんざわわも持ってます。
これだけで根に持つなんて…

正直ね、江川は心臓がごにょごにょすればいいし、車にごにょごにょされればいいじゃん。

2chの反応が久米田康治よりで大変よろしかったです。
うん、分かってるね。
ちなみに、どっかで見た数字ですが、久米田康治の単行本は累計で1600万部売れてるそうです。
印税は10%らしいので、400円×10%×1600万部=6億4000万円か…
あんだけ自分を卑下してる彼ですが、一生食っていくだけの金は持ってるんだろうなぁ…

最後はこちら

http://d.hatena.ne.jp/makaronisan/20070221/1171979472

久米田康治に関する座談会形式になってます。

うん、中の人、分かってるね。
特に、「久米田康治は服を描くのがうまい」っていうのが分かってると思いました。
彼は作風ゆえ、きちんと人物を描く機会があんまり無いですが、それでも改蔵の前半の方の巻では結構服もきちんと描いてて、それがとっても上手!
リンク先に画像が載ってますが、きちんとファッション誌とかの資料とかを見て描かないと出来ないような、造りの細かい描写がされてます。

あとは作品に対して、みんなきちんと愛情を持って読んでるなぁという話が盛りだくさん。
ざわわも結構共感したので、久米田康治の作品を何か読んだことがある人は是非こっちの記事も読んでみてください。

いや~、久米田康治って本当にいいですね♪

さて、今日の日記を軽く。

今日スーパーに行って、久しぶりにこんなもの買ってみました↓

ヤクルト


なんか懐かしい。
童心に帰って飲んでみます。

今日はこの辺で
☆GOODNIGHT☆(;д;)ノ~▽''。・゜゜・
スポンサーサイト
2007.03.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://djhide.blog39.fc2.com/tb.php/464-8347f7cf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。