上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日の日記。

朝起きて漫画読んで、昼寝、21時過ぎ起きたらテストザネイション終わってた。

あぁ素晴らしき廃人ライフ。

いやいや、そろそろ勉強やらんとな…

久しぶりに更新時間を偽らずに書けた。素晴らしい。

昨日の記事でも書きましたが、Daisuke(A)の動画撮ったので、よかったら見てください<(_ _)>

LAB WILL banner Lサイズ


さて、話は変わりますが、ハヤテがアニメ化するらしい。ソースはサンデーHP。
なんつーか、時間の問題だったというか、出来レースだというか…
3割期待、7割絶望といったところでしょうか…
有名になると、自分だけが知ってる喜びというか、少数者でいることの楽しみってのがなくなりますよね~
心の師である久米田康治先生はこうおっしゃいました。

「笑は狭ければ狭いほど面白い」

と。
テレビで面白いことを言う芸人より、クラスで漏らしたやつのほうが絶対面白いと。
なるほど。
これとハヤテの話はちょっと違うけどね。
てか放送時間帯によりwktkの度合いが違ってくる。土日の朝か深夜のどっちかかな?
そういえばネギまって夕方やってるよね…よく考えたらすごいことだ。

よつばともアニメ化するらしい。こっちのソースは怪しいけど…
人気から考えれば妥当なところじゃないだろうか…

とかアニメについて書いてみたけど、おそらく両方見ないね。
大学入ってからちゃんと毎週見たアニメは…
大学1年のときの先生のお時間と、今見てるまなびストレートぐらいだと思う。
ぱにぽには3話ぐらいで諦めた。ビデオテープまで買ったのに…

ところで、また話は変わるんですが、これ見てちょっと考えてみた。

http://news4vip.livedoor.biz/archives/50917364.html

今現在連載してる漫画で、だらだら描かずに今ぐらいで最終話にしといたほうがいい漫画ってなんだろう…以下全部個人的見解↓

真っ先に思いついたのがハヤテ。最近クオリティー下がり気味(個人的に、ハヤテが学校行ってから全部蛇足)なので、そろそろけつまくって逃げた方がいいんじゃない?
そう考えるとdearもそうかなぁ…あんまりのばすと飽きてくる。
ぱにぽにもそろそろ。
ガンスリンガーガールは話が難しくなりすぎてるので、そろそろ潮時。
ホリックも今ぐらいでまとめたほうがまとまってる気がする。ツバサはやめ時を逃した感がある。

短くうまくまとまってる漫画(最近)。
貧乏姉妹物語。
魔法遣いに大切なこと。
げんしけん。

明らかに終了時期を間違えた漫画。
筆頭、東京アンダーグラウンド(スラムでやめとけば…)。
ケロロ軍曹(アニメ化前が潮時)。
成恵の世界(4巻か5巻ぐらいでやめとけば…)。
まもって守護月天(2?が蛇足)。
スクラン(1巻ぐらいでやめとけば…)。

やっぱり瞬発力が大切だなと思い始めたこの頃。
長~くやってるのは昔ので補完すれば十分(浦安とかこち亀とか女神様とかジャンルは結構あると思います)。

現在人気でも絶頂期より少し後ぐらいにやめとけば、そのときは非難轟々かもしれないけど、1年後読み返したときに確実に名作と呼ばれるに違いない。
そういった意味だと、長期連載してる漫画はよっぽど人気があるのかな~なんて…

スポーツ漫画はどうだろ…特にテニスのアレ…
ざわわが中学校1年生のときにちょうど地区大会をやってて、そんなざわわももう成人しました。
お前ら何年テニスやってんだよww
最近よくネタになってる波動球だっけ?
あれは盛大に笑った。なんかダンクスマッシュとか言ってた時代が懐かしい。全員中学生ってだけでも笑えるのに(まぁこれは男性用向けの漫画の女性描写にも同じことが言えるわけで…一番年上=外見幼女とかありがち…)

話はちょっと戻ってケロロ軍曹の話。
なんか単行本読んでて、なんか異様にクオリティーの低い話が3話に1つぐらい混ざってる(10巻ぐらい以降)。
よく見たら、一話一話ページ数が全然違ってた。
小学生ぐらい向けに売ってるから面白くないに違いない。

そんな御託の多いざわわが最近読んで面白かった漫画。
筆頭、さよなら絶望先生。
ハヤテのごとく。
もやしもん。
ホリック。

まぁ人の勧める漫画はあんまり当てにならないので、自分の好きだと思った漫画を読むのがよろしいかと…

今日はこの辺で
☆GOODNIGHT☆(;д;)ノ~▽''。・゜゜・
スポンサーサイト
2007.02.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://djhide.blog39.fc2.com/tb.php/443-637be390

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。