上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ヴィーナスアンドブレイブス、クリアしましたー!
PSP版です。
感想をば。

ストーリー。
預言書に記された100年先までの災厄の時を回避するため、不老不死である主人公ブラッド・ボアルが、騎士団の団長となり、騎士団員を率いて各地の魔物を倒す、というお話です。
最初は、女神アリアは非常にツンツンしてるのに、途中死人が2人出たところを目の当たりにしたところから、あっという間にデレたのが印象的。

戦闘システム等。
本作は、不老不死の主人公が100年間騎士団を率いて戦い続けるというストーリーです。
その他の戦闘キャラは、酒場でスカウトしたり、ストーリー上の固定キャラだったりします。
ポイントは、主人公以外のすべてのキャラに衰退期というものが設定されていること。
例えば、15歳で加入した仲間の衰退期が29歳に設定されているとすると、このキャラが30歳を迎えた瞬間ガクッとステータスが下がるのです。
そのため、29歳くらいになったら、こいつを解雇して新しく酒場で仲間を見つける必要があります。
まぁ仲間が2,3人なら衰退期の管理も楽なんですけど、この作品は14人まで仲間に出来るからさぁ大変。
主人公以外の13人の衰退期に気を配りつつ、各地の魔物を倒したり、イベントをこなすため奔走したりと、いろいろ気苦労が多い作品です。
キャラのステータスが、基本的には年を取ることで上がるのも特徴的か。
なので、現役で戦わせるキャラと、育成中のキャラを分けながら団員を集めなければなりません。
とにかく、気苦労が耐えないRPGですね。

その他。
この戦闘システムのせいで、ストーリーが進んでも強力な敵が出てくるとは限らないことになります。
騎士団員は絶えず入れ替わるので、強力に育成できたキャラもいつかは衰退期を迎えます。
そのせいで、騎士団は強くなったり弱くなったりを繰り返します。
そういうわけで、ストーリーの進行に団員の強さが比例しないので、ラスボスでも強力な攻撃をしてくるわけではなく、HPが多くなるだけっていう…
まぁこの辺は好みの問題ですけど。
自分はそこまで悪い印象は受けませんでした。



総評。
今日の感想はかなりあっさり書きました。
100年(ネタバレ的には115年ほど)を戦い抜くゲームなので、さすがにちょっと長いと思いました。
しかも、大陸全マップを移動できるようになるのは50年くらい経過したあとだし、盗賊団が現れて普通のRPGっぽくなるのはもっと後。
ちょっとこの辺のバランスが悪いと思いました。
あと、もうちょっとイベント的なものの種類があっても悪くないと思います。
さすがに同じものばかりで飽きたので。

クリア時間は30時間ちょっと。
もう10時間くらい短くしてくれると、もっと好印象だったと思います。

評価は良ゲーと凡ゲーの間くらいでしょうか、100点満点で70点くらい。
良くも悪くも普通に面白い作品です。



今日はこの辺で
スポンサーサイト
2012.01.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://djhide.blog39.fc2.com/tb.php/1249-ef386e2b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。