上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
英雄伝説碧の軌跡、クリアしました。
感想をば。


①ストーリー
前作の英雄伝説零の軌跡の続編です。
前作のストーリーが非常に中途半端だったので、今作での挽回が気になっていたのですが、中身を開けると…

前作では、それまで対峙していた結社以外に、教団という新たな敵が出てきました。
それで、今作では、その教団との対立が具体的に描かれるのかと思ったら、そうではない。
教団は今作のメインではありません。
教団は、実は新の黒幕の傀儡でしかなかった、的にあっさり流されます。
いったい教団とは何だったのか…

今作のメインは、クロスベルを取り巻く問題の真の黒幕との対立です。
真の黒幕が明かされるのは物語の終盤ですが、それまで黒幕に操られたテロ勢力等と対峙します。

物語の内容自体はそこそこ良いのですが、問題は丁寧さの欠如。
軌跡シリーズといえば、その丁寧なストーリー展開が売りだったはずなのでは?
キャラクターの心情の変化や、周りの状況等を細かく描いてたからこそ、深い感情移入ができてたんだと思います。
それが、今作だと、地の文で結構大事なシーン(誰かと再会するシーンとか相談するシーンとか)を書いており、丁寧さがぜんぜん足りません。

今回のクリア時間は40時間強ですが、この物語の分量だと、70時間くらいは必要だったんじゃないかなー、UMD2枚にしてさ。SCはそうだったんだし。

戦闘自体は凡作のゲームなんだから、一番の売りであるストーリーの丁寧さをなくしたらだめだろー…

ただ、真の黒幕自体は意外性がありましたねー。
まさか、あの人がそうだとは…
ただ、きっちり殺しとくべきでした、ストーリー的に。それだけの悪いことをしたよ、あの人は。


②戦闘システム等
この辺は空の軌跡FCからほとんど変わってません。
ただ、今作からマスタークオーツなるものが導入されました。
経験値で成長するクオーツですね。
クオーツ関連は、空の軌跡3部作で明らかにインフレしてたので、これはよかったと思います。

あと、アーツが引き継ぎで始めるとEP消費量が増加するようになった?みたい。
空の軌跡シリーズだと、アーツのEP消費量が引き継ぎなし前提で設定されてたので、引継ぎして始めると、明らかにMAXEPに対して消費量が少なかったです。
あれはアーツ打ちまくりでアーツゲーになってたので、これも良い改善だと思います。



③その他
クリア時間は40時間強ですが、最終章を20時間近くやってるので、なんかバランスが悪かったです。
もうちょっと前置き長くしてれば、ストーリーが丁寧になったのではないかと。

あと、とってつけたような水着イベントとか誰得?
絵師が変わって惚れ絵需要があるのでしょうか?
軌跡シリーズはそういうのではないはず。

ちなみに、遊園地でのデートイベントは全部セシルお姉さんと遊びました。







④総評
前作は、ストーリーの内容は中途半端でいまいちでしたが、丁寧なストーリー展開という点で、曲がりなりにも空の軌跡シリーズを踏襲していたと言える出来でした。
今作は、ストーリー自体はそこまで悪くないのに、丁寧さがまったくなく、感情移入がまったく出来ないものでした。
どうしてこうなった…

なんか、新作もすでに製作が決定してるみたいですが、心配でしょうがない。

次こそ、次こそは、いい作品をお願いしたい。


ただ、自戒も含めて書いときますが、評価サイトに、零の軌跡の評価として、「このシリーズが好きな人は、FCラストの衝撃をずっと追い求めてプレイしてるんだ」みたいな記述があったのを覚えています。
確かにその通りかも。
空の軌跡FC(PC版当時は無印だった)ラストの衝撃は確かにすごかった。
SCも面白かったけど、あの衝撃を超えてはいないかもしれない。
比較対象に常にFCが念頭にあるという点で、どんな作品が出てきても、微妙な評価になってしまうのはやむをえないのかもしれませんね。
でもやっぱり、あの地の文で済ませるやり方はないわー…



あ、点数ですね。
凡ゲーでしょうか。
100点満点で65点くらい。





今日はこの辺で
スポンサーサイト
2012.01.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://djhide.blog39.fc2.com/tb.php/1243-e1d47b96

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。