上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
よく考えてみた。
ゲームの話なんて書いてる場合じゃない。

せっかく中の人が司法修習生という、奇異な地位にいるんじゃないの。
そのこと書きなさいな。
ちょっとでも、ネットの海に、情報を発信すべき。


そんなわけで、今やってることを書きます。
もちろん、事件の話は書けませんが、どういう感じのことをやってるのかってのだけでも伝えられたら幸いです。




現在、ざわわは検察修習中です。
毎日、山口検察庁に通っております。バスで。

バスは、山口駅まで40分ほどかかります。時刻表上は。
実際は渋滞で50分ほどかかります。
バスではゲームやってます。
最初は勉強してたんだけど、あほらしくてやめました。
通勤時間ぐらい有意義に使いたい。
え、「有意義」の意味についてざわわと議論する必要があるって?
それは知らない。

検察庁についたら、出席簿に印鑑を押して、検事の部屋から事件記録をもらってきて、修習生室で事件を検討します。
先の大阪の事件以来、情報管理にはものすごく厳しくなっているそうです。
修習生室ってのは、修習生だけがいる部屋で、みんなで気楽にわいわいやりながら、事件処理をしてます。時々まじめにやります。

事件を検討したら、修習生担当の検事に報告・相談をします。
検討では、当該事件の問題点を洗い出し、それを解消するための方法を自分なりにまとめて検事に伝えます。
報告が通れば、被疑者や被害者を呼び出して取調べの予定を立てます。

取調べは、修習生室の隣の部屋にある修習生取調室でやります。
修習生単独ではやってはいけないので、必ず検察官の誰かに付き添ってもらい、権利告知等をやってもらってから、取調べに入ります。

それが終わって、事件解決に必要な捜査を終えたら、担当検事に報告。
それでOKをもらったら、次席検事のところに決済に行きます。
そこでもGOサインが出て初めて事件処理を一応終えることが出来ます。




こんな感じ。
まー楽しいです。
警察や被害者等に電話しなくちゃいけないのが億劫ですが…
外部の人と直接接点があるのは検察修習だけなので、この点は面白いです。
ま、検事はめちゃくちゃ怖いですがね。



また機会があれば、こういう感じで、修習の一般論的な話を書きたいと思います。
だいたい「また機会があれば」とか書くときは実現しないんですけどね。




今日はこの辺で
スポンサーサイト
2011.12.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://djhide.blog39.fc2.com/tb.php/1236-f4bb455b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。