上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
誇張なしに、ホントよく見る夢の話。1ヶ月に2,3回見る。今日も見た。

ざわわは中学生か高校生って設定で、時期は秋とか冬とか、卒業に近い季節。
ざわわは学校をサボりがちで、特定の授業(大抵音楽、たまに体育)の出席日数が足りないことになってる。
なんてったって、音楽の授業に出た記憶がないからだ(そりゃそうだ、中学はともかく高校には音楽の授業がなかったもの)。
いまさら授業に出ても、どう頑張っても単位はくれそうにない。
中学or高校留年で途方にくれるざわわ…

っていうところで目が覚めて、起きてから「ざわわって大学まで卒業してるんだよな…」とか「大学院卒業できたんだよね…」って、本気で記憶の確認に入るわけだ。



まぁ、大学はギリで卒業だし、大学院も最後まで卒業決まらなかったから、おそらく自分の中で無意識のうちにトラウマを形成してたんだろうなー…
こういう夢という形でざわわの心を苦しめてます。
え、自業自得?
まぁそうとも言う。



今日は上の内容に加えて、もうひとつ酷い内容が加わってた。

ざわわは高校生という設定で、中間か期末テストが終わって結果発表待ちということになってる。
まだテストとか返却はされてないんだけど、隣のクラスの友達が、「ざわわが1位だったよ」って教えてくれたんです。
それを聞いて案の定調子に乗るざわわ。
「いや~、困ったなー」とか適当なこと言いながら、周りの人に吹聴して回ってたんです。

で、正式なテスト結果発表のときになって、ふと不安がよぎる。
なんでまだ結果が発表されてないのに、隣のクラスのやつが1位だということを知っていたのか?
いやな予感がしたので、そいつに問いただしてみたら、「ざわわなんだから1位に決まってるじゃん!」とまったく根拠もなく1位と言っていたことが判明。
そしてすかさず結果返却。
張り出されていた1位の平均点は99.8点らしいが、ざわわに返却された結果にはどう見ても54.7点としか書かれていません。
周りに1位とうそを言って回った事実と、あまりに酷すぎるテスト結果にその場から走って逃げ出すざわわ。

で、ここで目が覚める。
よくよく考えると、隣のクラスのやつの言うことを簡単に信じてしまった自分が悪いんだけど。
今日の夢ほど、起きてからいやな気分になる夢はなかったなー…






ちなみに、リアルでは、高校のとき定期テストで、酷かったときは(文系で)10番を取ったことがあるざわわですからね。
あの時は人生で初めて2桁順位を取ったってことでそこそこショックを受けたんだけど。
それでショック受けるレベルなんだから、定期テスト平均54.7点とか酷い点数をリアルで取ったら不登校になってただろうな。
そう考えると恐ろしい。


せめて夢でぐらいいい点数をください。


今日はこの辺で
スポンサーサイト
2011.06.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://djhide.blog39.fc2.com/tb.php/1139-ccba4dc1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。