上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日は一日中ゴロゴロしておりました。
明日ぐらいから勉強開始しますかね。



ところで。

年末には「よいお年を」と言う。
これは「あなたの」来年が幸多き年であります様に、という他人本位の挨拶だと考えられる。

一方、年が明けると、「あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします」と言う。
前半部分は、年が明けたことを祝う言葉。
後半部分は、今年も「自分を」よくしてやってください、という自分本位の挨拶だと考えられる。

年が明ける前は他人の幸せを祈り、年が明けた途端自分の幸せのみを考える、そんな挨拶は一貫性を欠くのではなかろうか!
もっと利他的になるべき。
「あけましておめでとうございます、今年も一緒に幸せな一年を送りましょう」が他人のことも自分のことも思いやった挨拶なのではなかろうか。
これをもって新年始めの提案とさせていただく。



と、適当なことを書きながら今日はこの辺で
スポンサーサイト
2011.01.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://djhide.blog39.fc2.com/tb.php/1068-b9f35847

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。