上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
特に話題がないので、これからそういうときはhttp://news.google.co.jp/あたりから適当にニュース拾ってきて、連想ゲーム的に何か書きます。

今日はこれ↓

http://news.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/201211027.html

 市川海老蔵さん(33)が大けがをした事件で、逮捕直後に「細かいことは気持ちを整理してから話す」と言っていた伊藤リオン容疑者(26)ですが、その後、どのような供述が出ているのでしょうか。

 伊藤容疑者の新しい供述が入ってきました。11日の取り調べに対し、「自分からは因縁をつけてはいない」と話しているということです。現在、入ってきた情報によると、海老蔵さんに大けがをさせたとされる点について、伊藤容疑者は「どんな理由があるにせよ、殴ったことについては反省している」と供述しています。ただ、殴った理由については、今のところ詳しく話していないということです。これについては、まったく話さないということではなく、「話をしないと出頭した意味がないので、経緯について今後、話そうとは思っている。しかし、弁護士と話すまでは詳しい話はできない」と供述しているということです。事件に至る経緯については、海老蔵さんと目撃者らの証言は食い違っています。警視庁としても、事件に至る事実関係は捜査のなかで重要だと考えています。警視庁は、12日以降の本格的な取り調べで、伊藤容疑者から事件の経緯を聞くことにしています。
 一方で、現場にいたとされる伊藤容疑者の仲間3人の居場所は今も分かっていません。警視庁は、事件の解明のため、引き続きこの3人の居場所を捜しています。




海老蔵氏を殴った相手、捕まったらしいね。

まぁざわわの気になるところは、

>伊藤リオン容疑者

だけど。
ハーフなのかな?
芸名ってことはないよな?



そういえば、テレビ・新聞では「容疑者」って単語が使われますよね。
知ってる人も多いとは思いますが、この「容疑者」という言葉、法律的に正式な単語ではありません。

刑事訴訟法では起訴前と起訴後で名前を使い分けており、前者は「被疑者」、後者は「被告人」となっています。
起訴ってのは検察官が裁判所に「この被疑者に刑罰を与えてくれ!」と訴え出ることですね。
「被告人」は日常用語になってますが、「被疑者」の方は浸透しておりません。
日弁連かどっかが、マスメディアに「被疑者」という正しい単語を使うよう申し出たことがあるようですが、応じてはもらえなかったようです。
字数的には変わらないから、変更してもいいような気がするんだけどな、個人的に(新聞等の負担にならない)。



刑事事件繋がりで、「書類送検」についても書こうかな。

書類送検ってのは、警察が捜査した事件についての資料を検察官へと送ることですね。
身柄拘束(逮捕)されてる被疑者なら、逮捕してから48時間以内に検察官へと送致しなければいけません。このとき一緒に捜査資料も送られます。
が、身柄拘束されていない被疑者も当然いるわけです。この辺、ニュースだけ見てると分かりにくいんですが、全ての被疑者が逮捕手続きを経るわけじゃなく、在宅起訴される人もいます。
逮捕されない場合は、警察が捜査して得た資料を検察官に送り、この被疑者を起訴するかどうか判断してもらわなくちゃいけません。
この書類を送る手続きが「書類送検」です。
したがって、「書類送検」の時点では起訴されるかどうかは決まっておらず、不起訴になったり、起訴猶予になったりすることもあります。

この辺、マスメディアは不親切で、ニュース内でいちいち言葉の解説はしてくれないんですよね。
義務教育過程で教えてくれればいいんですが、そういうわけでもない。
まぁ、今はインターネットで簡単に検索できますけど、「書類送検」なんかはニュースに頻繁に出てきて、みんな何となく分かった気になってて、調べる契機がないんじゃないかな?

もうちょっと、親切でもいいと思う、という話。

<参照条文>
刑事訴訟法
第二百三条  
第一項 司法警察員は、逮捕状により被疑者を逮捕したとき、又は逮捕状により逮捕された被疑者を受け取つたときは、直ちに犯罪事実の要旨及び弁護人を選任することができる旨を告げた上、弁解の機会を与え、留置の必要がないと思料するときは直ちにこれを釈放し、留置の必要があると思料するときは被疑者が身体を拘束された時から四十八時間以内に書類及び証拠物とともにこれを検察官に送致する手続をしなければならない。

第二百四十六条
 司法警察員は、犯罪の捜査をしたときは、この法律に特別の定のある場合を除いては、速やかに書類及び証拠物とともに事件を検察官に送致しなければならない。但し、検察官が指定した事件については、この限りでない。



今日はこの辺で
スポンサーサイト
2010.12.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://djhide.blog39.fc2.com/tb.php/1055-0ae47bab

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。