上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日のゲシュタルト崩壊。

社債の「社」。



絶賛風邪引き中です。
咳以外の症状はなくなったんですが、咳がちょっと酷いかも。
なんとかならんか…



こんなニュース見かけました↓

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2776850/6520545?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=txt_topics

以下引用(記事が消えたときのため)↓

【11月27日 AFP】雨のよく降るスペイン・ガリシア(Galicia)自治州の女性が26日、地元公証役場で「太陽」の所有権を登記したと発表した。

 アンヘレス・デュラン(Angeles Duran)さん(49)は、スペイン紙エル・ムンド(El Mundo、電子版)の取材に、月や太陽系の惑星のほとんどの所有権を登記した米国人男性の話を見かけ、9月に自分も太陽を登記したと語った。

 国際社会では、国家が恒星や惑星の所有権を主張してはならないとの合意はある。しかし、個人がそれを主張することについてはなんの取り決めも無い、とデュランさんは語る。

「なんの妨害も無かった。わたしは法的に所有権を主張した。わたしは愚か者じゃないし法律をよく知ってる。誰もができたことだけど、思いついたのはわたしが初めてだったのね」(アンヘレス・デュランさん)

 公証役場の作成した文書は、デュランさんが「スペクトル型G2の恒星で太陽系の中心に位置、地球から約1億4960万キロメートルの距離にある太陽の所有者」であると明記している。

■これからは利用料を払ってください

 さて、所有権を獲得したデュランさんは、これから「太陽を使う人」全員から利用料を徴収する考えだという。

 利用料のうち50%をスペイン政府、20%をスペインの年金基金に寄付する考えらしい。さらに10%を研究費に、10%を世界の飢餓撲滅に、最後に残った10%を自分で使うとのこと。

「ものごとを正しくやるべきときが来たのよ。収入を生みだし、景気を良くして、人びとの生活を良くする方法があるなら、やるしかないでしょ?」とデュランさんは問いかけた。(c)AFP




この辺の法律には詳しくないが、真面目に考えてみる。
この女性が日本その他の外国でまで権利主張するか分からないが、それをやるとして、という前提。

この女性は土地の所有権登記をしてるみたい。太陽の使用料を取るらしいから、土地使用料相当額の不当利得を請求することが考えられるけど、誰一人として太陽を占有してないから、こういう構成は無理だろう。
だとすれば、商標権の不正使用という構成になるんだろうか?
何ゆえ土地の所有権登記をすると商標権が認められるか分からないが、もしこういう構成が出来るなら、使用料請求の道が開かれてくる。

が、スペインの商標権を日本で当然主張できるわけではない。この辺詳しくないんだけど、おそらく条約がないとダメで、日本で商標権を主張するには、日本の法制度に従って日本の商標権を取らねばならない(はず)。
こんな「太陽」の所有権登記が通ってしまう怪しげな法制度を採ってるスペインと日本が条約を結んでるとは思えない。
日本で商標権を取ろうと思っても、「太陽」なんて一般名称はまず認められない。太陽の所有権登記も無理。
やっぱり外国では請求は無理だろう。

法律上の問題を全てクリアできたとしても、経済的に難しい問題が…
「太陽」を使ってる日本の企業に請求するとして、本気で請求するんなら内容証明郵便でしなくちゃいけないんだけど、これのお金はもちろんこの女性の負担。
もちろん、日本企業のほうは100%無視するから、訴訟しないと権利は実現できない。
この訴訟費用、弁護士を雇わないといけないのでその依頼料(そもそもこの話に乗る弁護士がいるとは思えないが)、日本に渡航する必要があるならその渡航費用・滞在費、スペインの怪しげな制度の鑑定費用etc.…
これら全部女性負担。
勝訴の見込みは限りなく0だから、やっぱり海外で請求するのは現実的では無いですね。

結局、この女性はスペイン国内か、大きく出てEU内か、その辺で請求していくんだろうと思います。
スペイン国内でこんな無茶な登記が通るような怪しい法制度なので、もしかすると使用料なるものも認められるのかもしれません。しかしドイツもフランスもあんなに近いのにどうして学ばないn(ry

あと倫理的には、こんな請求、不労所得もいいところなんだから、絶対認めちゃダメだと思いますよ、個人的に。


悪い事はできないようになってる、というお話。


今日はこの辺で





追記。

太陽を元物、太陽光線を天然果実と考えて、果実を不当に収受してるとして、不当利得返還請求権を行使する、と構成するのか?
これなら所有権構成でいけそう。
屁理屈の領域な気がするが…
不法行為構成は無理だろうなー…
太陽光線を防ぐという結果回避可能性がないし。
どう考えても法律上の原因があるから無理なんだけど…
誰かもっと上手く屁理屈をこねれる人ならもうちょっと議論が出来そうだな。


追記終わり。
スポンサーサイト
2010.11.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://djhide.blog39.fc2.com/tb.php/1044-6517c399

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。