上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日はちょっと札幌よさこいソーラン祭りに行ってきました。

ちょっと(個人的に)いわくのある祭りで、ちょい複雑ですが、悲しい話があるのです。




父親の会社の同僚の人の息子(長男、仮にTくんとする)が、自分と同じ「大学」(←ここがポイント)なのです。
ただし、Tくんはざわわより1個上で、高校の先輩に当たるのですが、残念ながら大学受験を1度失敗しており、1浪で大学に入りました。
つまり、ざわわと大学入学年度は一緒。

で、Tくんはざわわと同じ「3年生」(←ここもポイント)なのです。
え、大学院の3年生?
いやいやいや、まこと残念なことに「学部」の3年生…


え~と、ざわわが大学院3年生で、要するに学部の7年生相当と考えると、う~ん、4留相当?

それがですね、そのTくんは大学に入ってよさこいのサークルに入ってしまい、そこでよさこいの魅力に取り付かれ、ろくに大学も行かずに留年するハメになったのです。
笑えない話なのが、Tくんは2回ほど親と連絡がつかない状態になっており、親が心配して(そりゃー心配するだろうな)北海道まで会いに来ると、Tくんは親に内緒で勝手に大学を休学していたっていう…
そのくらいのハマりっぷりなのです。

あ、よく考えたら、学部3年生だったのは去年のことだから、今年は4年生に進級してるかもしれない。
そうすると3留相当なのかも。
ただ、Tくんは、大学から親を呼ばれるという自体にまで発展しており、そこでTくんの親は「(大学は8年しかいられないことを前提として)一応残りの年数で頑張れば大学卒業できるけど、これまでのことを考えるとおそらく無理」的なことを暗に言われたそうです。
親が大学に呼ばれるとかどんだけだよww


ま、大学卒業に関しては、自分も全然笑えないですが…







とまぁ、前置きは長くなりましたが、そんなTくんの人生を(おそらく)ダメにした、あのよさこいソーラン祭りですよ!
ちょっと気になるじゃないですか。
それほど人を虜にするような魔力があるのかとかさ。



で、実際のところどうかっていうと、う~ん、小学校とか中学校のときにやった、運動会のときのお遊戯とかダンス的なもの…?
なんつーか、非常に稚拙というか幼稚というか、まー良く言えば元気?

少なくとも、1度しかない人生を賭してやるものではない(と思う←チキン)。


あぁTくんよ永遠なれ。




追伸

ざわわって24歳であってるよね?
スポンサーサイト
2010.06.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://djhide.blog39.fc2.com/tb.php/1023-98062b2e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。