上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
検察修習終わったあああああああああああ
決裁通ったああああああああああああああ
明日から裁判所実習うううううううううう
今週水曜導入起案んんんんんんんんんんん
ろくに勉強してねえええええええええええ
ボスケテみんなああああああああああああああ




さて、ブログでろくにコミュニケーション取れてないですね。
起案終わったらいろいろ落ち着くと思うんで、そのときはまたじっくり更新していきます

それではノシ
スポンサーサイト
2012.01.30 / Top↑
13時~19時30分まで取り調べ。

oh....

天光満つる時我は在り
黄泉の門開くとき汝在り
出でよ神の雷

労基署!!
2012.01.24 / Top↑
ヴィーナスアンドブレイブス、クリアしましたー!
PSP版です。
感想をば。

ストーリー。
預言書に記された100年先までの災厄の時を回避するため、不老不死である主人公ブラッド・ボアルが、騎士団の団長となり、騎士団員を率いて各地の魔物を倒す、というお話です。
最初は、女神アリアは非常にツンツンしてるのに、途中死人が2人出たところを目の当たりにしたところから、あっという間にデレたのが印象的。

戦闘システム等。
本作は、不老不死の主人公が100年間騎士団を率いて戦い続けるというストーリーです。
その他の戦闘キャラは、酒場でスカウトしたり、ストーリー上の固定キャラだったりします。
ポイントは、主人公以外のすべてのキャラに衰退期というものが設定されていること。
例えば、15歳で加入した仲間の衰退期が29歳に設定されているとすると、このキャラが30歳を迎えた瞬間ガクッとステータスが下がるのです。
そのため、29歳くらいになったら、こいつを解雇して新しく酒場で仲間を見つける必要があります。
まぁ仲間が2,3人なら衰退期の管理も楽なんですけど、この作品は14人まで仲間に出来るからさぁ大変。
主人公以外の13人の衰退期に気を配りつつ、各地の魔物を倒したり、イベントをこなすため奔走したりと、いろいろ気苦労が多い作品です。
キャラのステータスが、基本的には年を取ることで上がるのも特徴的か。
なので、現役で戦わせるキャラと、育成中のキャラを分けながら団員を集めなければなりません。
とにかく、気苦労が耐えないRPGですね。

その他。
この戦闘システムのせいで、ストーリーが進んでも強力な敵が出てくるとは限らないことになります。
騎士団員は絶えず入れ替わるので、強力に育成できたキャラもいつかは衰退期を迎えます。
そのせいで、騎士団は強くなったり弱くなったりを繰り返します。
そういうわけで、ストーリーの進行に団員の強さが比例しないので、ラスボスでも強力な攻撃をしてくるわけではなく、HPが多くなるだけっていう…
まぁこの辺は好みの問題ですけど。
自分はそこまで悪い印象は受けませんでした。



総評。
今日の感想はかなりあっさり書きました。
100年(ネタバレ的には115年ほど)を戦い抜くゲームなので、さすがにちょっと長いと思いました。
しかも、大陸全マップを移動できるようになるのは50年くらい経過したあとだし、盗賊団が現れて普通のRPGっぽくなるのはもっと後。
ちょっとこの辺のバランスが悪いと思いました。
あと、もうちょっとイベント的なものの種類があっても悪くないと思います。
さすがに同じものばかりで飽きたので。

クリア時間は30時間ちょっと。
もう10時間くらい短くしてくれると、もっと好印象だったと思います。

評価は良ゲーと凡ゲーの間くらいでしょうか、100点満点で70点くらい。
良くも悪くも普通に面白い作品です。



今日はこの辺で
2012.01.22 / Top↑
今日、新聞の一面で、教員の不起立についての最高裁判決について載ってましたねー。
判決要旨しか見てませんが、どうやら減給処分や停職処分にすることは、よっぽどのことじゃない限りできないみたいですね。

戒告処分自体は懲戒の裁量権の範囲内ということですが、少なくとも減給や停職にすることの歯止めにはなりそうです。
この判決を土台に、不起立問題で不利益を受ける教員等の人たちの立場が少しでもよくなるよう、がんばっていただきたい。



さて、今日、配点を受けた事件について、検事から決済もらいました。
次は次席検事のところへ行って決済もらわなくちゃいけません。
めっちゃ大変ですが、がんばります。

今日はこの辺で
2012.01.17 / Top↑
なんか世間的にはセンター試験だったみたいねこの週末。
去年までは大学にいたのでセンター試験が行われるという事実は肌で感じることが出来たのだけれど。(大学に入れなくなります。)

今年も早速国語の問題といてみた。現代文のほうだけ。

結果は85点…
oh...

論説文で8点の問題と漢字の問題(2点)を間違えマイナス10点、小説で1問5点の問題を間違えてマイナス5点、計マイナス15点。
一問の配点が8点て…
いまさら見ると恐ろしい配点だわこりゃ。

あと、負け惜しみじゃないけど、論説文書いた人はもうちょっと人に伝えるということを意識して文章を書いてください。問題は解けたけど、内容はちんぷんかんぷんです。

実は、85点という事実より、去年解いた時からすでに1年も経っているという事実のほうが驚愕なんだが…
体感時間で3ヶ月ぐらいしか経過してない気がする。恐ろしい…





今日はこの辺で
2012.01.15 / Top↑
ここ数年で一番いいタイトルをつけられたと、われながら自画自賛ですわ。
元ネタ分かる人はざわわをほめてください。




さて、今日から身柄事件配点です。
not在宅but身柄。
(記録もあんまり読む時間もなく)いきなり弁録取らされたりしたけど、私は元気です。

忙しい10日の始まりだ!


今日はこの辺で
2012.01.12 / Top↑
やー、労働厨のみんな、ご機嫌はいかがかな?

今日、ざわわは一日中講義だったよ。いやー、疲れた。
朝から刑事弁護、民事弁護、検察の事前課題の解説さ。
事前課題なんて2時間程度でやっちゃったんだから、ひどい出来だったよ、ハハッ!

懇親会は湯田でふぐ鍋だったよ、ハハッ!
ぶっちゃけ、ふぐ鍋ってただの白身魚の鍋だよね、ハハッ!
やっぱりふぐは刺身じゃないとね!


今日はこの辺で
2012.01.11 / Top↑
日ごろ、当ブログは20ヒット/1日行けばいい方なんですが、解剖のことを書いた日と次の日だけ、異様にヒット数が伸びてた。
お前ら好きだなー、そういうの。

これからも、守秘義務に反しない程度で、司法修習という、一般の人はなかなか知る機会がないことについて、書いていきたいと思います。

あ、今日は散髪行って、いつもどおり積みゲーの消化に勤しみました。



今日はこの辺で
2012.01.09 / Top↑
英雄伝説碧の軌跡、クリアしました。
感想をば。


①ストーリー
前作の英雄伝説零の軌跡の続編です。
前作のストーリーが非常に中途半端だったので、今作での挽回が気になっていたのですが、中身を開けると…

前作では、それまで対峙していた結社以外に、教団という新たな敵が出てきました。
それで、今作では、その教団との対立が具体的に描かれるのかと思ったら、そうではない。
教団は今作のメインではありません。
教団は、実は新の黒幕の傀儡でしかなかった、的にあっさり流されます。
いったい教団とは何だったのか…

今作のメインは、クロスベルを取り巻く問題の真の黒幕との対立です。
真の黒幕が明かされるのは物語の終盤ですが、それまで黒幕に操られたテロ勢力等と対峙します。

物語の内容自体はそこそこ良いのですが、問題は丁寧さの欠如。
軌跡シリーズといえば、その丁寧なストーリー展開が売りだったはずなのでは?
キャラクターの心情の変化や、周りの状況等を細かく描いてたからこそ、深い感情移入ができてたんだと思います。
それが、今作だと、地の文で結構大事なシーン(誰かと再会するシーンとか相談するシーンとか)を書いており、丁寧さがぜんぜん足りません。

今回のクリア時間は40時間強ですが、この物語の分量だと、70時間くらいは必要だったんじゃないかなー、UMD2枚にしてさ。SCはそうだったんだし。

戦闘自体は凡作のゲームなんだから、一番の売りであるストーリーの丁寧さをなくしたらだめだろー…

ただ、真の黒幕自体は意外性がありましたねー。
まさか、あの人がそうだとは…
ただ、きっちり殺しとくべきでした、ストーリー的に。それだけの悪いことをしたよ、あの人は。


②戦闘システム等
この辺は空の軌跡FCからほとんど変わってません。
ただ、今作からマスタークオーツなるものが導入されました。
経験値で成長するクオーツですね。
クオーツ関連は、空の軌跡3部作で明らかにインフレしてたので、これはよかったと思います。

あと、アーツが引き継ぎで始めるとEP消費量が増加するようになった?みたい。
空の軌跡シリーズだと、アーツのEP消費量が引き継ぎなし前提で設定されてたので、引継ぎして始めると、明らかにMAXEPに対して消費量が少なかったです。
あれはアーツ打ちまくりでアーツゲーになってたので、これも良い改善だと思います。



③その他
クリア時間は40時間強ですが、最終章を20時間近くやってるので、なんかバランスが悪かったです。
もうちょっと前置き長くしてれば、ストーリーが丁寧になったのではないかと。

あと、とってつけたような水着イベントとか誰得?
絵師が変わって惚れ絵需要があるのでしょうか?
軌跡シリーズはそういうのではないはず。

ちなみに、遊園地でのデートイベントは全部セシルお姉さんと遊びました。







④総評
前作は、ストーリーの内容は中途半端でいまいちでしたが、丁寧なストーリー展開という点で、曲がりなりにも空の軌跡シリーズを踏襲していたと言える出来でした。
今作は、ストーリー自体はそこまで悪くないのに、丁寧さがまったくなく、感情移入がまったく出来ないものでした。
どうしてこうなった…

なんか、新作もすでに製作が決定してるみたいですが、心配でしょうがない。

次こそ、次こそは、いい作品をお願いしたい。


ただ、自戒も含めて書いときますが、評価サイトに、零の軌跡の評価として、「このシリーズが好きな人は、FCラストの衝撃をずっと追い求めてプレイしてるんだ」みたいな記述があったのを覚えています。
確かにその通りかも。
空の軌跡FC(PC版当時は無印だった)ラストの衝撃は確かにすごかった。
SCも面白かったけど、あの衝撃を超えてはいないかもしれない。
比較対象に常にFCが念頭にあるという点で、どんな作品が出てきても、微妙な評価になってしまうのはやむをえないのかもしれませんね。
でもやっぱり、あの地の文で済ませるやり方はないわー…



あ、点数ですね。
凡ゲーでしょうか。
100点満点で65点くらい。





今日はこの辺で
2012.01.08 / Top↑
今日、解剖見学が急遽入ったので、山大病院に行きました。

まぁあれだ、医者って基地g…否、大変なお仕事ですね。

ただ、今回は焼死体だったので、ほとんどグロくありませんでした。

部屋に入って初めてモノを見たとき、頭がそのモノを「人間」であると認識してくれなかったんですね。
焼死体って真っ黒なんです、今回のは特に損傷が激しかったので。
ざわわの認識としては、「黒い何か」としかないわけで、それを切ったりしても、特に何も感じませんでした。
イメージとしては、かびた黒い雑巾が大量にある感じ。
骨とかはすべて取り除いた状態だったし。

一応、「中身」は生でした。
全部の臓器をいちいち切り離して、まな板(?)っぽいところで包丁(?)っぽいもので切って、色や出血具合等をチェックするんですね。
もちろん、それらもすべて生っぽい状態のものが多かったです。
が、たとえ生でも、それらの臓器は所詮人体から切り離されたもので、ざわわの頭はやはり「モノ」としか認識しませんでした。

焼死体だったせいか、臭いもなかったし(というかずっと口あけて呼吸してたし)、気絶したり吐いたりする要素はなかったかなー。

そんな解剖見学でした。
おそらく、今後人生で二度と見られない現場なので、よい経験でした。




ちなみに、今日修習終わった後は、修習生みんなで焼肉を食べに行きました。
検察庁の恒例だそうです。
グロくなかったせいか、まったく気にせずバクバク食べたし。




今日はこの辺で
2012.01.06 / Top↑
改めまして、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

当ブログ、だいたいお分かりかと思いますが、短くてやる気のない文章が携帯、そこそこ長い文章が(やる気があるとは限らない)PCからの更新となっております。

さて、皆様、お正月、いかがお過ごしでしょうか?
ざわわは、昼はPSPで蒼の軌跡を、夜はPS3でスカイリムをやっております。
未だかつてない充実した正月。ただし正月感はゼロ。

蒼の軌跡といえば、今終章まできてますが、今作はひどいねこりゃ。
後日感想を書くと思いますが、軌跡シリーズの売りであるストーリーの丁寧さがまったくありません。
なんか新作も決まってるみたいだけど、これは終わったコンテンツ化している可能性がありますねー。

あ、最近の更新頻度の低さにも言及しておこう。
現在、ざわわは実家暮らしで、PCがなかなか自由に使うことができません。
まぁ、ざわわが言う「自由に使う」ってのは、24時間起動しっぱなしを意味してるわけですが。
そういうわけで、ブログをPCから更新しようと思ったら、いちいちPCを立ち上げなくちゃいけないわけで、面倒なわけで。
今年は極力更新して以降と思いますが、ある程度ご了承ください。


当ブログも高年齢化が進んでおります。
そんなわけで、正月的なイベントでいちいち騒ぎませんけど、今年もざわわをよろしくお願いいたします。


それではノシ
2012.01.02 / Top↑
皆様あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さて、型通りの挨拶も終わったところで、本題へ。

26回目の正月ともなると、なんの感慨もありませんね。
昔は、新年が開けたら、何かが変わると思ってたんですけど。
正月であることよりも、休みであることの方がよっぽど重要なわけで。

前もこんな話した気がする。

2012年も実りある年にしていきましょう。

2012年元旦 ざわわ
2012.01.01 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。