上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
FFⅥクリアしました!
感想をば。

ストーリー。

魔法のなくなった世界観で、剣と魔法のファンタジーではなく、スチームパンクを謳った作品です。
前半は、人間と幻獣のハーフであるティナを中心に、力で世界を支配しようとする帝国と、それに抵抗するリターナーの戦いの話となってます。
後半は、世界崩壊前まで追い込んだケフカを倒すため、各地を回り再び仲間を集めて打倒ケフカを目指す話。

序盤から街が滅ぼされたり、ティナが洗脳されてたりと色々重苦しい雰囲気のゲームだと思ったんですが、要所要所でギャグテイストの話が盛り込まれてて、重苦しさを感じさせないようなシナリオになってます。

ちょっと気になったのは、「魔法がない世界」をあれだけ強調してて、エドガーなんかはティナがファイア使っただけで驚いてたのに、中盤以降は全員が魔法修得可能で無双しまくるっていう…
序盤のコンセプトの欠片もないわ!

あと、前半でロック編、ティナ編、マッシュ編とストーリーの攻略順を選べる部分があるんです。
が、ロック編はサウスフィガロの街を、服装を変えつつ帝国兵士の目をごまかしながら、セリスを救出する話で、別ゲームっぽくて面白いけど比較的短時間で終わる。てか、「サウスフィガロの帝国兵を足止めする」のが主目的だったのに、その辺の描写はテキスト数行のみで省略されてる。そこをプレイさせろよ!
ティナ編は一瞬で終わる。バナンもうちょっと使いたかったのに…
マッシュ編は、世界の東側をぐるっと回り、カイエン、シャドウ、ガウを仲間にしつつナルシェへと帰還する話で、かなり長め。
なんか話のボリューム的にバランスが悪くて、別に選択制にする必要なかったんじゃ…




ゲームシステム。

FFⅤと同じくアクティブターンバトルですが、コマンド入力、ゲージ溜め、スロットなどを盛り込んであって、飽きさせないような工夫がしてあるのが◎。
ジョブ、アビリティはなくなってるけど、各キャラで差別化がされているため、この辺がジョブやアビリティの代わりになってる。アクセサリーで一部キャラの攻撃コマンドを変えることが出来るのも面白い(セッツァーのスロットをぜになげに変えれたり)。

特筆すべきは魔法システム。
魔法がない世界観なので、中盤まで魔法が使えるのはティナ、セリスのみなんですが、ケフカが幻獣を魔石化してしまい、これを入手することで、その魔石にこめられた魔法を修得することが可能。魔石は召喚獣の代わりにもなってる。

この魔石システムが巧妙で、どうでもいい魔法は簡単に習得できるようになってるんだけど、終盤必須となってくる○○○ガ系の魔法はかなり修得がしにくく、普通にストーリーを進めるだけでは修得が難しいと思われるので、作業が必要になってくる。
自分は4,5時間ほど砂漠でサボテンダーと戯れて、メインパーティーのセリス、ティナ、マッシュ、カイエンと、ストラゴス、リルムに、ラスダン突入前で覚えられる魔法のほとんどを覚えさせました。
正直魔法無双ゲーなので、非魔法使いキャラにも魔法を覚えさせた方が圧倒的に有利。
戦闘開始直後に各キャラが自力でプロテス、シェルなどの補助魔法をかけれるし、戦士系キャラのMPで道中の回復をまかなえるし。そのせいで、ポーション系が死にアイテム気味になるし、せっかくキャラの差別化を計ったのになんだか性能が似たり寄ったりになるし…
この辺賛否両論あるところじゃないかなー、ゲームバランス的に。
戦士と魔法使いは峻別した方が差別化できると思うんだけどなー。
が、色々恩恵にあずかったのであまり文句は言えない。





キャラクター。
各キャラの解説感想。

ティナ。
OPから洗脳され操られて、ナルシェの街を攻撃し、そのせいで悩むことになったり、人間と幻獣のハーフで苦悩したりと色々可哀想なキャラ。
中盤修得できる「トランス」は、自分を幻獣化することで一時的に魔力をアップさせることができ、パッと簡単お手軽火力増強ができるため、かなり使い勝手が良いキャラです。
しかも、魔法使い系キャラなのに重装備ができる、HPの伸びが異様に良い、魔法がメインなため後衛に配置できるなどのせいで、恐ろしいくらい固く死ににくくなってます。
特にHPの伸びは異常で、同レベルのマッシュと同じくらい。HPが生死に直結するRPGでの最重要ステータスの1つなので、かなりの強キャラとなってます。
この辺もっと弱くてもよかった気が…
一応主人公っぽい。


ロック。
トレジャーハンター()。
FFⅤのシーフの位置のキャラで、ぬすむコマンドが使えるものの、火力に乏しく、しかもHPがかなり低め(序盤からティナより圧倒的に低い)なので、自分はこいつの存在意義が見出せなかったよ…
しかも、ざわわのマブいスケ(死語)であるセリスとのカップリングを匂わせるストーリー展開なため、ざわわの反感を買ってしまい、それ以後一度もメインパーティーに復帰することはなかったというある意味可哀想なキャラ。


エドガー。
王様、たらし。
フィガロ城で仲間になったとき、「きかい」の性能を具体的に把握しておらず、「なげる」と同じくアイテムを消費して使うものだと勘違いしてたので、「こいつは金がかかるキャラだ」と思い違いをしてしまったため、その強さを知られるのが世界崩壊後になってしまったという、こいつもある意味不遇なキャラ。
本当は「きかい」はアイテムを1つ持ってるだけで、MPの消費なしに使える便利な特技であり、火力も高く、しかも後衛に配置しても威力が落ちないため防御性能も○という、強キャラだったのだ。
もったいない。
これに気づいてたら、カイエンと入れ替えてたかもしれない。
合掌。


マッシュ。
前作のモンクの位置かと思ったら、今回は武器を装備できるから攻撃力も高めのキャラに仕上がっている。
コマンド入力で必殺技を出せるのが最大の特徴。
特に序盤のオーラキャノンはかなり強いので、ざわわは好んで使ってました。
が、途中で二刀流で普通に殴った方が強いと気づいてしまったため、その後必殺技が使われる事はほとんどなくなったという…
必殺技は数あれど、ざわわが狙って出せるのはばくれつ拳、オーラキャノン、メテオストライクだけという…
特に、便利な全体攻撃の鳳凰の舞は、半回転コマンドを入力せねばならず、ざわわの発動率は50%を下回るレベルだったのだ…
3/4回転を要求する真空波はもっと酷い。
ともかく、体力も高めで使いやすいキャラだと思います。


カイエン。
侍。
登場からいきなり奥さんと子供、そして主君をケフカに毒殺されるという、一番衝撃的で可哀想なキャラ。あとで夢ものっとられるし。
特徴は必殺剣コマンドで、ゲージを溜めれば溜めるほど強い技が出せる仕組み。
が、自分はデフォルトのバトルスピード3の設定でやってたけど、全体的にターンゲージがたまるのが早めで(アクセサリーで常時ヘイストしてたのもある)、こいつの技だけのためにちんたら溜めるのは非常に非効率的なので、次第に死にコマンドとなっていったのだった。合掌。
何故か異様に柔らかかったのが気になる。


シャドウ。
忍者。
投げるが使える。ざわわは序盤で手裏剣を買いだめしたので、後の展開が非常に楽でした。火力高め。
が。
どこでミスったのか、ざわわは魔大陸から脱出の際に、こいつを見殺しにしてしまったらしく、残念な結果となってしまった。
どうやら乱れ撃ちが使えるため強キャラだったっぽい。非常に悔しい。


ガウ。
アホの子。
こいつの戦闘システムがかなり特殊で、よく理解できなかったみたいなんだけど、マップの特定箇所でガウが敵の能力を修得でき、「あばれる」コマンドを使うと、敵と同じ技で攻撃できるようになる、という感じらしい。
が、育てるのが面倒なので、使われる事はまったくなかった不遇なキャラ。
こいつの父親との対面イベントは非常に心が痛む。
母親が出産と同時に死んでしまい、気が狂った父親はガウを悪魔の子として捨ててしまうのだった…
しかもせっかくおめかしして感動のご対面…のはずがががががが
別にアイテムとか手に入るわけでもないマジキチイベント。
合掌。


セリス。
セリスが可愛すぎて生きるのが辛い。
ドットで分かる絶対領域、ビキニアーマーっぽい衣装、エロい。
そのため、ざわわさんの寵愛を一身に受け、常に装備が優遇され、レベル上げもしたため、結果としてクリア時点で60レベルを越すエースとなったのであった。
登場シーンも、反抗したために地下に閉じ込められてる女士官とか、sneg?
と、冗談はさておき、ティナと同様重装備可能で武器防具ともに優遇された性能のものが多く、HPの伸びが異様に良い、後衛に配置可能と弱点が見つからない感じ。
最強装備のセリスは最終ステータスで魔法回避率が79%とかだった。頭おかしい。
もっと弱くてもよかった気もする。
世界崩壊後の主人公?
唯一不可解なのは、世界崩壊後にシドと孤島で2人暮らしをするシーン。シドをおじいちゃんと呼ぶ謎のプレイを羨ましがろうと思ったが、それ以上にイベント内容がシュールすぎた。
体力が落ちて老い先短いシドのためにひたすら魚を採ってくるという内容で、10匹ぐらい食わせないとストーリーが進まない。しかも特に調理した形跡もなく、生の魚をひたすらシドに貪り食わせるという謎のイベントなのだ。
結局シドは弱って死んじゃうんだけど、あれは確実に栄養が偏りすぎて死んだんだろwww
シドも高齢なんだから、もうちょっとメニュー内容考えてあげてくださいよ、セリスさん…


ストラゴス。
青魔道師。
が、青魔法は面倒なので、Ⅴと同様使われることはなかった。
ラスダンは12人で挑まなくちゃいけないため、魔法使いキャラが鍵になり、そのせいでこいつに全魔法を修得させるために作業させられる羽目になった。
まぁHPは高めなので、使いやすいといえば使いやすいか。


リルム。
魔獣使い。
魔法使い系っぽいので、こいつにも魔法を全部覚えさせました。
ドット絵が異様にロリっぽくて可愛い。
素早さが高く、ターンが回ってくるのが早いが、HPの伸びが悪いため、使いにくい。
使うならHPボーナスのある幻獣を装備させるべきだったかな…
合掌。


セッツァー。
飛空挺のオーナー。
スロットコマンドという特殊な攻撃を持ってるキャラ。スロットは完全にランダムではなく、ある程度テンポよく押すとチョコボか宝石は簡単に揃う仕組み。
が、いちいちスロットを回すのが面倒だし、攻撃にも魔法にもどっちつかずの性能なため、非常に中途半端な印象。


ゴゴ。
ものまね師。
割と面倒な場所で仲間に加入するのに、ものまねしか使えず、アイテムコマンドを持っていないため、FFⅤのものまね師と違って残念な性能っぽい。
合掌。


モグ。
踊り子?
こいつの唯一の存在意義はモルルのお守りを装備できること。これによって敵エンカウントがなくなるため、ラスダンの3パーティーのうち1つが完全に安全となるのだ。狂信者の塔でも使える。


ウーマロ。
バーサーカー。
ラスダンで初めて使ってその性能を把握したという経緯の持ち主。
全然育てておらずレベル30台だったにもかかわらず、異様に攻撃力が高かった。育てれば強いのかも?



その他、雑記。

全体的にぬるめの難易度で、レベル上げが必要になった箇所はほとんどなかった。

苦戦した箇所は3つほど。

ゲーム中1番強かったのは、ラスダンの中ボス(?)のうちの1人の「めがみ」という敵。
ざわわは何も考えず、マッシュ、ストラゴス、ゴゴ、ウーマロというPTで挑みました。
こいつは物理攻撃をするとゆうわく攻撃をしてくるため、魔法攻撃しか通用しないにも関わらず、そもそも操作できないウーマロ、魔法を一切覚えさせてないゴゴ(しかもアイテム使えない)、魔力低めのマッシュと最悪の構成。
こいつはHPが減ると、カウント終了後強制的ゾンビとなるという全体攻撃をしてくるため、非常に厄介。
打開策は、カウントがなくなる前に魔法連打で倒すしかないのだけど、こいつは聖属性を吸収してくるため、ファイガしか通用しない。
どう考えてもこのメンバーだと火力不足なのだ。
3回挑んでも負けたので、ちょっと工夫をすることに。
まず、マッシュとウーマロを事前にわざと戦闘不能にしておく。ウーマロは一切役に立たないので、足手まといにならないようにするため。マッシュについては後述。
まずはストラゴスのファイガでひたすら敵のHP削り、敵が全体強制ゾンビカウントダウン攻撃をしてきた後、マッシュにアレイズをかけて生きかえすのだ。これで、マッシュにはカウントダウンがかかってない状態になるので、ストラゴスがゾンビ化してしまったあと、聖水で回復し、あとはケアルガで耐えつつファイガでひたすら攻撃。
結構ギリギリだった…
こいつが一番強いと思います。PT構成とセーブ箇所・個数次第では詰む。

次は、ケフカ…の前の形態のやつ。
メテオ→トラインの連続攻撃で、ティナ、セリスはリボン装備してなかったため、いちいち状態異常になって非常に辛かった。
よく分からないうちに倒してた。

最後は狂信者の塔のマジックマスター。
初見で挑んだときは、連続魔を使用してくるため、回復が追いつかずに普通に負ける。
攻略サイトを見ると、どうやらバーサクが効くため無力化できる模様。死に際にアルテマを放ってくるため、リレイズ必須と書いてあったんだけど、「まぁ耐えるだろ」と甘い見通しで再挑戦。
開幕バーサクで無力化には成功したんだけど、アルテマで5000を越えるダメージを受けて撃沈。
シェルかけてこれだからなー…
この段階でロック助けてなかったので、リレイズが修得できる状態じゃなかったので、結局ラスダン突入前まで残してしまいました。



あとケフカさんはなかなかのガチクズで、見てて逆に清々しかった。
こういう感じの絶対悪っぽいキャラが出てくるのは良ゲーなことが多い気がする。
「敵には敵なりに守るべきものがある」みたいなのはもうお腹一杯です。




ところで、このゲームの主人公は誰なんでしょうか?
なんかこれもよくわかんないみたいな話をどっかで読んだことがあるんですが、実際にプレイしてみてもよく分からないというのが感想。

一応可能性として考えられるのは、

ティナ
ロック
セリス

のうちの誰かですね。

ロックは男キャラで(大抵のRPGの主人公は男キャラ)一人だけ世界崩壊後の仲間加入条件が特殊なので、主人公っぽい扱いとも言えなくも無いんですが、特にストーリーの重要部分に関わってるわけでもなく、昔の恋人を守れなかった話はサイドストーリーっぽい扱いなので、主人公ではないかなー。

ティナは、世界崩壊前は主人公っぽい扱いを受けてますねー。こいつの話が中心だし。
が、ストーリー上、一時期操作できなかったりするし、世界崩壊後はサブキャラっぽい扱いになるし(加入条件が地味)、よく分かりません。
世界崩壊後のストーリーにもあんまり絡まないし。

セリスは、登場当時は主人公じゃ無いんですが、世界崩壊後はこいつ単独で仲間を集めるところから始まるので、主人公っぽい扱いです。
が、仲間を集める際に、セリスが特別に仲間を励ますとか、「セリスじゃないと仲間を集められなかった」みたいな事情は特になく、ストーリーに深く関わってるわけじゃないので、やっぱりよく分かりません。

一応、PSPのFFお祭りゲーのディシディアFFでは、FFⅥからはティナが参戦してるので、こいつが主人公説が濃厚ではありますが。




幻獣はともかく、8匹の竜は取ってつけた感じなのが気になる。
ラスダンに2匹配置されてるので、結局最期までジハードの魔石取れないし。


そういえば、このゲームが発売したのは、自分が小学生のときだったはずで、そのときは自分はコロコロを読んでて、そこでの特集にはかなりアーマーっぽい機械を操作できるのを強調してた気がする。
が、全体を通して、アーマーを操作できるのは、

最序盤のティナ
ロック、エドガー、ティナでフィガロ城に攻めてきたケフカを撃退するシーン
ドマ城で帝国軍を撃退する場面の一部
カイエンの夢

ぐらいだと思うんだけど。
問題なのは、全部の場面ですぐに機械に乗れなくなっちゃうんですよね。
あとで機械が自由に乗れるというわけでもなさそう(?)。
残念です。




まとめ。
クリア時間26時間程度で、作業が4,5時間入ってるので、20時間前後といったところでしょうか。
全体的によくまとまってるし、ストーリーはFFⅤよりも印象的で記憶に残ってます。キャラが多いせいもあると思いますが。
難易度も高いわけでもなく、さくさく進めるのも○。
あと、SFCのFFの最後の作品であり、ドット絵がかなり良いです。芸術の域。その辺だけでも一見の価値ありというところでしょうか。



こんな感じです。
長文でした。

今日はこの辺で
スポンサーサイト
2011.01.27 / Top↑
ニュースサイトより。

引用元→http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110122dde001040009000c.html

以下引用↓


性犯罪:前歴者にGPS 宮城知事、条例制定を検討
 宮城県の村井嘉浩知事は22日、強姦(ごうかん)など性犯罪で服役後出所した県内在住者にGPS(全地球測位システム)を携帯させ、県警が常時監視できる条例制定を検討する方針を固めた。必要に応じてDNAも提出させる。法でなく県条例では、前歴者が県外に移動すれば効力が及ばず、常時監視は基本的人権の制限にもつながることから波紋を広げそうだ。

 村井知事は性犯罪対策を話し合う同日午後の有識者懇談会で試案を示し意見を求める。

 試案によると、女性や13歳未満の子供への強姦、強姦致死傷などの罪・未遂罪で有罪となり、刑務所を出た県内居住者が監視対象となる。再犯リスクが高いと判断されるとGPSを携帯させられ、県警が常時監視する。ただ、前歴者らが県外に出ると条例は適用されない。一方、ドメスティックバイオレンス(DV)防止法に基づき、裁判所から被害者への接近禁止の保護命令を受けたDV加害者にGPS携帯を義務づけることも検討する。

 DNA提出の必要性は県警本部長が判断し知事が決定する。DNAは県警で保存・管理され、県内の性犯罪の容疑者特定に活用するという。

 条例化検討の背景には性犯罪の高い再犯率がある。10年版の犯罪白書によると、強姦の犯罪者が再び強制わいせつを含む性犯罪を繰り返す再犯率は15・6%で「かなり深刻」という。県幹部は「条例化への批判は覚悟のうえで取り組む。性犯罪の撲滅には必要な措置だ」としている。

 現行の性犯罪再犯防止策としては、13歳未満の子供が被害者となった場合、前歴者の出所後に、法務省が警察庁に帰住予定地や出所予定日、服役罪名などの情報を提供する制度がある。宮城県は性犯罪対策として、個人が児童ポルノの画像や動画などを趣味で持つ「単純所持」を禁止する条例制定も検討している。







え?
え?
え?

こんなことしていいの?


平成16年の旧司法試験憲法第1問を思い出したよ…

 13歳未満の子供の親権者が請求した場合には,国は,子供に対する一定の性的犯罪を常習的に犯して有罪判決が確定した者で,請求者の居住する市町村内に住むものの氏名,住所及び顔写真を,請求者に開示しなければならないという趣旨の法律が制定されたとする。この法律に含まれる憲法上の問題点を論ぜよ。


っていう問題なんですけど、これとちょっと関連する。

この問題だと、氏名、住所、顔写真を特定の請求者に開示するというシステムだが、宮城県の条例だと警察がGPS携帯で位置情報(場合によってはDNAも)を把握するみたいですね。

これは…アウトだろ…

具体的な条例を読まないと何ともいえないけど、パッと見だけで、

性犯罪で服役後出所した者の
①居住移転の自由(憲法22条1項)
②プライバシーの権利(憲法13条)

そして
③性犯罪で服役後出所した者と他の犯罪で服役後出所した者との差別(憲法14条1項)


が問題になりそうなんだけど。

学生の目で見ても問題大有りの条例。ただ、条例の内容を考える人も馬鹿じゃないから、何らかの形で憲法問題を解消する努力はしてきそうだから、実際のを見ないと何とも言えないかな。
でもこのままだとかなりアウト臭い。







およそ物事の正当性を考える上で、非常に有効な考え方があります。
それは、

必要性と相当性(許容性)

です。

必要性っていうのは、「○○をやる必要が高い」とか「○○をすべき」とかの次元での議論です。
本件で言えば、「性犯罪者の再犯率が高いから、こいつらを監視する必要が高い」とか、「DNAの提出を求めて間接的に性犯罪者の再犯を防止すべき」とかが必要性の要素となります。



しかし。
ほとんどの人間はここで議論がストップします。
性犯罪者の再犯率の高さだけに着目して、規制の必要があるかどうかの次元に終始してしまうのです。

これは非常に悲しい。



だから、相当性(許容性)の観点から「も」議論が出来る人間になりましょう。
相当性というのは、「○○をやってもよい」という次元の議論です。
例えば、本件で言えば、例えば、「GPSで位置情報は把握するけど、警察内部だけで使うし一般に公開しないからやってもよい」みたいな(実際にそういう条例になるかどうかは知らないですが)。
…苦しいですよね。
実際、再犯率が15.6%で高いって書いてありますけど、どうなんでしょうか?
この数字について自分は詳しくないですが、仮に100人中15人くらいがまた性犯罪を犯すという数字ならば、残りに85人は性犯罪を犯さないわけですよね?
とすれば、この人たちの位置情報を把握しなくてもよいわけです。
15人の再犯者のために85人の人権を侵害していいのか?
ダメですよね。
とすれば、相当性を欠くわけです。

この記事によれば、再犯リスクが高いと判断されればGPS携帯を持たされるようなので、結局のところこの運用の仕方にかかっているのだと思われます。
自分は警察関係者じゃないので分かりませんが、プロの目から見れば再犯リスクが高いのかどうか見抜けるのかもしれませんね。
でも、普通の人は服役中はいい子にしてるだろうから、どいつもこいつも反省してるように見えるんじゃないかなー。
だとすると、原則GPS携帯所持という規定もしくは運用がなされる可能性が高いと思われるので、相当性を欠くのではないでしょうか?




ここで注意してもらいたいのは、相当性を認識しているからといって直ちに正当性を獲得するわけではないということです。
あくまで「必要性」と「相当性」の2つで1セット。こいつらは車輪の両輪のようなもので、どちらか一方が欠けてもダメなのです。

そして、両者は相関関係にある、ということ。
必要性がすごーーーーく高いのであれば、相当性は緩やかに解釈してよいでしょう。
再犯率がすごく高いのであれば、多少の人権侵害には目をつぶらざるを得ない場合があるのです(もちろん限界はある)。
一方、相当性が強く要求される場面、すなわち権利侵害が重篤だとか、広範な範囲で規制するとか、そういう場合であれば、必要性も強度のものが要求されます。
死刑を思い返してみてください。スーパーでお菓子1個を万引きしたからって死刑にはなりません。命を奪うというもっとも極端な刑は、死刑を科す必要が高い場合、すなわち重大な犯罪の場合にのみ下されるのです。



必要性と相当性というのは、法律に限った議論ではありません。
広く、ある意見の正当性を知りたい場合や、自分の意見の正当性を強めたい場合に使える考え方だと思います。
端的に言えば、「やらなきゃダメだし、やってもいい」ということですね。






(自分も含め)皆さんも必要性と相当性を複眼的に考慮できる人間になりましょう!



今日はこの辺で
2011.01.25 / Top↑
ちょっとセンター試験企画は停止中。
生物Ⅰの問題見て絶望したから…
あんなに難しかったっけ?
ゆとり教育とか絶対嘘だから!





さてさて、この前のFFⅤの引き続き、現在FFⅥをプレイ中。
昨日と今日で魔大陸突入前まで来ました。

いやー、やっぱり面白い。
コマンド式の単純な戦闘に色々な要素を付け足して、飽きさせないように工夫してありますねー。


ところで、自分はやっぱりドット絵フェチ(?)なのかもしれない。
フェチじゃないな、ドット絵に惚れ(※)を感じる。
※当ブログでは「萌え」を「惚れ」と表記します。詳しくは絶望先生参照のこと。

ギャルゲーっぽい絵に特に何の反応も示さないんだけど、ドット絵のキャラには何かこう、クるものがあるんですよね。

参考画像↓


セリスドット絵その1


セリスドット絵その2


リルムその他ドット絵


カチュアドット絵




解説すると、①と②はセリスの画像ですね。
一目で分かる絶対領域!
しかも(たぶん)ハイレグだし。
見つからなかったけど、個人的には呪文唱えてる最中のドット絵が一番好きですねー。


③はリルム。
リルム単独のがちょっと見つからなかったので、全員集合の画像で。
リルムはキャラ絵は可愛くないんだけど、ドット絵の出来が異様に良いですね。
非常にロリっぽい。


④はTOのカチュア。
カチュア姉さんのいいところは、あの野暮ったいズボンですね。
赤一色のシンプルさが良い!
即位後は普通にかっこいいので、なんかダメです。



貼らなかったけど、クルルもいいと思います。個人的にはバーサーカーと忍者が好き。

え、レナ?
あ、うん、まぁ…



ところで、FFⅥって、ロック×セリスなんですかね?
イラ壁。


おいおい、あんな女の死体保存して悦に浸ってるネクロフィリアなんかほっとけよ…


クリアしたら、また感想書きます。



今日はこの辺で
2011.01.23 / Top↑
朝起きると、男の前には彼女がいた。
そう、彼女は雪だるまの精なのだ。

男は彼女を愛し、彼女は男を愛した。
しかし、悲しきかな、彼女は雪だるまの精。
年に一度しか、男の前には現れないのだ。

ところが、彼女は年に一度、男の前に現れるとき以外は眠っているものと誤解している。
彼女は、自分が年に一度男の前に現れているのではなく、毎日男の部屋で寝泊りしていると勘違いしているのだ。

男は、友人の忠告も聞かず、毎年せっせと雪だるまを作り彼女に会う。
そして、男と彼女は年に一度愛し合う。

時の流れというのは残酷なものだ。
彼女にとっては男と会う事は毎日の出来事なのだけれども、実際は1年ずつ時は経過していく。
次第に男は老けていく。

ある日、彼女が目覚めると、男はニット帽を被っていた。
男に訳を聞くと、どうやら頭が少し薄くなってきたのを気にしているようだ。
彼女はいぶかしむ。昨日は大丈夫だったのに…?

やがて彼女は、どんどん老けていく男の様子を見て、何かに気づく。
しかし、その気づいた「何か」を彼女は言葉にはせず、男に一言だけ質問する。

「私のこと、好き?」

男は応える。

「あぁ、もちろんだよ」

彼女はそれだけ聞くと、納得した顔をして、気づいた「何か」を忘れることにする。
そう、男と彼女との間に疑うことなどいらないのだ。

二人はいつまでも愛し合うのだった…














っていう夢を見たんですけど、どうですかね?

今回の夢はかなり具体的で、う~んと、なんていうか、金のにおいがする!

純愛ストーリーで、少し涙を誘う系。
まさに今流行ってる感じの映画じゃない!



映画関係者の方、見てたらご一報下さい。
なーに、損はさせません。ドカンと一発当てましょうや!

ちなみに、「男」はざわわではありませんでした。
これ自分だったらむなしすぎるなー…





さて、題名の話。

パズルクエスト~アガリアの騎士~、クリアしました!


公式サイトはこちら↓

http://www.d3p.co.jp/p_quest/

自分がやったのはPSP版です。

タイトルはパズルクエストですが、実際はパズルにRPG要素を加えたゲーム。

パズルのほうは、えーと、まんまZoo Keeperですねー。
Zoo Keeperの詳細はhttp://pc.kiteretsu.jp/games/zka/zka.htmで実際にプレイできるので、興味がある方はどうぞ。無料のブラウザゲーです。

このZoo Keeperのルールを使って、呪文を唱えたり攻撃したりして、相手モンスターのHPを削れば勝利、というルール。この辺がRPG要素。

ただ、マップがかなり広大で、メインストーリーもボリュームがあり、サブクエストも相当量ある。
他には、各地の城を落として自分の領土に出来たり、モンスターを捕獲して呪文を覚えたり乗馬したり、アイテム精製、モンスター調教、スキル強化と、とにかくやることが一杯で飽きません。
相当中毒性高し!

難易度はラスボス以外は割と簡単だと思いますが、ラスボスは鬼畜難易度で、倒すのに相当苦労しました。
具体的には、各地のやり残したサブクエストを全部やって、城もほとんど落として、モンスターも捕獲しまくって、スキルも出来る限り強化して、レベル49でクリア。ちなみにMAXレベルは50。
ラスボスは、超攻撃力に低コストの超性能魔法を連打してくるので、運がかなり重要です。
あとは、敵に攻撃のチャンスを回さないように慎重に立ち回りながら攻撃していけば、なんとかなるってところでしょうか。
ちなみに、こちらも魔法は使えますが、ラスボスは高確率でこちらの呪文を防いでくるので、あまり効果的とはいえません。



このゲーム、シンプルシリーズなのですが、どうやらシンプルシリーズでは異例のファミ通ゴールド殿堂入りの高評価だそうです。
その評価に見合うだけの面白さはあると思った。
DSやXBOX360でも出てるそうなので、プレイしてみてはいかがでしょうか?





今日はこの辺で
2011.01.21 / Top↑
昨日の記事で、センター試験の問題を解くという企画を始めた、始めてしまったため、今日は政治経済にチャレンジ!

政治経済は、現代社会、倫理と並ぶ、公民科目のうちの1つです。
自分の高校では、1年生で政治経済を習い、2年生では倫理を習うというカリキュラムだったため、文系でセンター受験科目に公民が必要な生徒は、7割くらいは倫理を選んでました。受験時期に近い年度で履修しているため。
実際1年生で習おうが、2年生で習おうが、3年生で公民の授業がない時点であんまり変わんない気もするが。
ざわわは政治経済を選択しました。



が、自分の高校がこんな状況だったので知らなかったのですが、どうやら全国的に見ると、受験生の大半(割合は忘れたけど8割とかそういうレベル)は現代社会を選択するんだそうです。
現代社会ってのはいまだにどういう科目か把握してないんですが、高校のときの公民の先生の言うことを信じるのであれば「政治経済と倫理を足して2で割ったような科目」だそうです。
それって政治経済と倫理の両方をやらなきゃいけないんじゃ…
実際足して2で割るんだから、両方の知識のうち比較的簡単な部分が出題されるんでしょうねー。
広く浅くという勉強で済む、というのであれば、現代社会を選ぶ利点もあるのかもしれない。


さてさて、こんな感じの政治経済なので、そもそも朝日新聞では政治経済の問題は省略されてて、現代社会しか載ってなかったよ…
あらためて実感する、マイノリティーな自分。

しょうがないので予備校のページを見てチャレンジ!


ざわわさんは常識人を代表するような人だし、実際法学部卒業してるから法律の知識はあるし、経済の知識も高校レベルならあるから楽勝っすよ。
まぁここで、軽ーくざわわの常識人振りを見せ付けて、俺TSUEEEEEEEEEEEしてやろうか!
















結果:79点









あばばばばばばばば



おい!ふざけんなよ!
なんだよこの数字は!!!
酷い、あまりにも酷すぎる…




正確には、全38問で、配点3点の問題を5問、配点2点の問題を3問ミス。
ここで、

x+y=38
2x+3y=100

という式が瞬時に思い浮かんだから、まだ健全ではある。


これでざわわは非常識人か…




感想。

経済関係の問題はミスしませんでした。

法律問題は楽勝だろうと思ったら、選挙制度の問題を2問も間違えた…
何やってんだ…

難しいのは国際関係。
国連の云々とか、経常収支がどうとか知らんから!

あとは現代の政治状況。
社会保障費がどうとか言われても困るし…


前回の国語と違って、全体的に事前の知識を要求する問題が多く、図やら文章やらを読んでその場で解ける問題は少なかったです。
事前の知識も、TVニュースや新聞で分かる範囲以上のものが要求されてて、勘で答えざるを得ない問題も多々あった。
受験生諸君、政治経済はきちんと知識を詰め込んで挑もう。


あと面白かったのは、かなり現代の内容まで出題されているということ。
ある出来事が歴史になるには20年とか30年とかかかりますが、政治経済は歴史が主の問題では無いので、最近の話題まで聞かれます。
2007年から2009年までにあった出来事について正しいものを選びなさい、みたいな。
自分が受験したのは2004年だから、今の受験生は自分よりも6年分くらい多く知識が要求されてるわけか。
こりゃ不利だわ。だって倫理は大昔の人の考えしか聞かれないから、最近の事情に注意を払わなくていいもんね。








総括。
正直なめてました。ごめんなさい。
全体的に難しいという印象です。

自分が受験したときは政治経済は8割後半くらい取ったんじゃなかったかな?
正確な数字は覚えてないけど。
そう考えると退化してるよ、自分。
もちろんその年の難易度が違うから一概には言えないけど…


次は生物でしょうか。
今度こそ知能テストだろうから、満点取って見せ付けてやろうと思います。


今日はこの辺で
2011.01.17 / Top↑
センター試験企画!

就職して知性が死んでいるそこのあなた!
ざわわと一緒にセンター試験の問題を解いてみませんか?
一度は振るわせたその頭脳、もう一度鍛えなおしましょう!




って書いてみたはいいものの、今現在ここを見る可能性がある人は皆学歴が高く、しかも卒業後頭脳労働に従事しており、別に知性が死んでるとは言えないのだ…
しかも、社会人の数十分とざわわの数十分は価値が違うだろう。忙しさ的な意味で。

というわけで、一人でやります。
でもでも、参加してくれると嬉しいなー。


もちろん、全科目じゃありません。
一番てっとり早いのは、国語でしょうか?
国語は80分4問ときっちり決まっており、1問だけなら20分で終わるので、お忙しい方もちょっとだけ時間を作れば解ける量です。文章も長くないし、問題(小問)も数問程度と少ないし。

ていうか国語はもう解いたんだ。
昨日国語は楽勝って書いたけど、よく考えたら漢文はまだしも古文は無理です。あれ日本語じゃないしな。

というわけで点数公開。

論説文…48点
小説…45点
計…93点





お前、論説文の-2点って漢字じゃねーかww

いやさ、自分は正しい答えを書いたと思ったんですけど、まさかの記号書き間違えという大ポカをやらかしてしまいまして…
寮の共用の新聞を使ってやってたので、答えをメモしながら書いてたんですが、直接書いていいならミスしなかった(言い訳)。
ここは企画でやる以上、厳格にやることにして、-2点にしました。

小説のほうは最後の問題を普通に1つミスった…

ざわわの現役の国語の点数が154点で各問題平均40点いかないレベルだったのを考慮すれば、大学に入ってたくさん文章を読んで国語力は圧倒的に伸びてると言っていいでしょう!

できれば現役の時にこれくらい取れてれば、センター利用も受かってたんだけどな…(切ない)


しかし、今やっても国語の問題難しいです。特に論説文。
こりゃ高校生には意味不明の文章だわ。
ていうか、これ文章下手くそだと思います。
もちろん、ある論文等の一部分を切り取って持ってくるわけで、文脈を全く無視している点も考慮せねばなりませんが、それでもちょっと抽象的に過ぎる。
なんていうか、読み手に理解させる気がない文章というか。
この点法律の文章は実際的で、刑事裁判官の先生なんかは「実務家の文章は斜め読みに耐えることができる文章だ!」とおっしゃってました。
自分もなるべく採点官に伝えたいがため、文章に見出しをつけたり、分かりやすく段落分けをしたりするわけです。
この文章はそういう気概が感じられないよ…





こんな感じでやりたいと思います。
以上のように、無勉でもまったく問題ないレベルです、センター試験。
やりたいと思いますって言っても、あと政治経済と数学ⅠAくらいしかやらないと思いますが。
英語は新聞の問題欄の、あの圧倒的な活字の迫力で物怖じしてしまったよ…

「自分は○○解くから、ざわわも解いてくれよ」ってあったら対応しますが、多分ないだろうなー…




今日はこの辺で
2011.01.16 / Top↑
今日センター試験だったらしいですね。

正直、国語、英語、生物、数ⅠA、政経あたりは無勉で現役受験生に負けないレベルだと思うんだけどどうでしょう?

国語はざわわ日本語読めるし、英語もセンターレベルなら何とかなるだろうし、生物は知能テスト、数ⅠAまでなら何とか覚えてそう、政経は常識×n。

え、日本史がない?
日本史は無理だわー…
明智光秀がやばいレベル。


今日はこの辺で
2011.01.15 / Top↑
http://gigazine.net/news/20110114_kaizou_anime_kumeta_akamatsu/

かってに改蔵、アニメ化だそうです。











3億光年遅いわ!!!!!!!!!!!!!!!


なんで今さらってのと、改蔵はアニメにならないことも含めてネタだってのと、当時サンデーアニメ劇場にすらならなかったことを酷く悲しんでいた久米田康治のことを考えるとすごく複雑な気持ちになるのと、商業的にこんな面白い漫画を放っておいた当時の業界の人は仕事遅いわセンスないわでもう残念すぎるのと。

もう、いろんな気持ちが混じってざわわは大変悲しいです。
そっとしといてやれよ…
久米田康治先生は、サンデーからマガジンに移って大活躍中ですってことでさ。

改蔵をアニメ化するくらいなら、いっそ小学館当時の久米田康治の作品オールスターアニメ化みたいな感じでどうよ?

ルートパラダイスはどう頑張っても無理か…


高校3年生のときに久米田康治に出会って、それからもう7年以上経ったのか…
感慨深いなぁ。
絶望先生アニメ化のときは素直に嬉しかったけど、今回は大変微妙な気持ちです。
とはいえ、絶望先生のアニメ、見てないんですけどね。

ていうか、改蔵のネタ、そのまま使えないだろう。
9割以上風化してる感じ。
だいぶ改変して、アニメは原作のキャラの名前と設定だけ拝借する感じのアニメになりそうだ。

ともあれ、パチンコ化とかじゃなくてよかった…



今日はこの辺で
2011.01.14 / Top↑
FFⅤクリアしました!

感想の前に、ラスボス前の時点のPTの詳細をば。


・バッツ
レベル44
ジョブ:すっぴん
アビリティ:みだれうち、にとうりゅう(エクスカリバー、ホーリーランス)
マスターしたジョブ:モンク、シーフ、竜騎士、忍者、侍、狩人、魔法剣士、魔獣使い
修得アビリティ数:42

・レナ
レベル43
ジョブ:ものまね師
アビリティ:れんぞくま、しろまほう、じくう
マスターしたジョブ:白魔道師、黒魔道師、時魔道師、召喚士、赤魔道師、薬師、吟遊詩人
修得アビリティ数:39

・クルル
レベル44
ジョブ:すっぴん
アビリティ:みだれうち、にとうりゅう(チキンナイフ、アサシンダガー)
マスターしたジョブ:ナイト、モンク、シーフ、忍者、バーサーカー、狩人、魔法剣士、踊り子
修得アビリティ数:41

・ファリス
レベル44
アビリティ:れんぞくま、くろまほう、しょうかん
マスターしたジョブ:白魔道師、黒魔道師、時魔道師、召喚士、青魔道師、赤魔道師、風水師、吟遊詩人
修得アビリティ数:41


チキンナイフはアサシンダガーの2倍のダメージをたたき出すくらいには強化済。

ラスボス戦術。
バッツとクルルはひたすらみだれうち。
ファリスはゴーレムで防御強化後、ウィザードロッド装備+シルドラをれんぞくまでひたすら召喚。
レナは、ヘイスガ+レビテトをれんぞくまで強化後、全員にシェルをかけて、あとはひたすられんぞくまでメテオ。

結果。
エアロガが1発クルルに飛んできて504ダメージ。他、エクスデス・ネオエクスデス共にダメージなし。

おそらく、自分がやったRPGのラスボスで最弱だったと思う。
まぁ育成しすぎた感はある。


さて、感想。

GBA版でプレイ。
ストーリー、ゲームシステムは言うことは無いでしょう。過去の名作なので。
ジョブ・アビリティの自由度は今やっても十分面白いです。
詰まるような敵もなかった(強化しすぎたからだと思うけど)。

ただ、ストーリーを進める上で、次にどこにいっていいかわからなくなるところが結構あり、この辺は昔のRPGだなーと思った。


実際のプレイはというとですね。
ざわわさんは、バル城地下での金の針道場のことを知っていたので、そこまで進めた後は2~3時間ほど修行をいたしまして、その時点でバッツとガラフにみだれうち、レナにれんぞくまを揃えるという暴挙に出てしまいました。
そのせいで、その時点までも特に辛くはなかったゲームなのに、ヌルゲー化が加速。
ファイガ2連打とか強すぎてボス瞬殺ですわ…
このゲームの○○○ガ系の魔法が強すぎるってのもあるけど。
ファイア→ファイラは100くらいのダメージが500くらいに成るだけなのに、ファイラ→ファイガで一気に3000とか当たるので。あの辺から魔法無双だったなー。

というわけなので、実際の難易度はちょっと分かりかねます。

プレイ時間は25時間ちょっと。
だけど、多分作業で5時間くらい費やしてるから、実際は20時間ほどですか。
よくまとまってていい作品だと思います。

それと音楽が素晴らしい。
「ビックブリッジの死闘を褒めとけばとりあえず通ぶれる」と揶揄されるくらいの名曲ですわ、あれは。
他にもボス戦の曲もかっこいいし、この辺は本当にいいですねー。


あ、あとすっぴん最強ですね。
ものまね師の方が、アビリティ1個多くつけれる分強いのかなーと思ったけど、すっぴんはリボン装備できるし、武器制限ないし(二刀流と相性がよすぎる)、アイテムもデフォで使えるので。
魔法使いは、きんのかみかざり装備しなくちゃいけないので、リボン装備できないのと、ものまね師は杖もロッドも装備できるので、すっぴんにする必要はないかな。
オメガとか神龍とかやるなら、話は変わってくるんでしょうが。




そんな感じでございます。
FFの過去作の中でも評価が高いだけあって面白い。
VCで配信される(された?)らしいし、これを機会にプレイしてみてはいかがでしょうか?



今日はこの辺で
2011.01.11 / Top↑
どうやら今日は祝日だったようですね。
成人式帰りなのか、晴れ着を着たお姉ちゃんがちらほら歩いてた。
このくそ寒い中、着物ってのは寒いんじゃなかろうか?
着たことないから分かんないけど、北海道パワーで着物も防寒仕様だったりするんかな?




題名の話。

ふと思い立ったのは、「今日はブックオフに攻略本でも買いに行こう」と。

え、何の攻略本かって?
いや、特にこのゲームの攻略本って決めるわけじゃなく、行ってそこにあった本のうち今までプレイしたことのあるゲームの攻略本を買おうと思い立ったわけです。

あぁ、こういう風にして、ざわわの部屋のゴミが増えていくわけだ。


んで、買ってきた。



FFⅤの攻略本×3(基礎知識編、戦闘分析編、完全攻略編)
FFT獅子戦争の攻略本
VPレナスの攻略本



FFⅤは実はこっそりプレイ中で、年明ける前くらいから始めて、こつこつやって今次元のはざま突入前まで来てます。
この辺はクリアしたら詳しく書きます。
特に攻略本が必要だったわけじゃないけど、なんとなく読み物として。
いやしかし、完全攻略編だけあったら他の2冊はいらんだろ…
こうしてゴミが増えていくのだった。
新年セールの対象品だったらしく、1冊105円だったところを1冊80円です。


FFT獅子戦争はまったく手をつけずに積んであるんですよ。それの攻略本。
この薄さから見るに、どうやら完全攻略本では無い様子。
攻略本ってやつは厄介で、ある程度の大作(スクエニのRPGとか)になると、完全攻略本が出る前に、ワンクッション挟んで最速攻略本とか公式ガイドブックとか、全部のデータが掲載されてない攻略本が出るんですよね。
モンハンだったら、中間の攻略本は電撃PlayStationが出して、完全攻略本はファミ通が出す、みたいな(モンハンに関してはどっちもかなり分厚いけど)。
昔、DQ3のVジャンプの攻略本買って酷い目に遭いましたからね。
これも1冊105円のところをセールで80円!


最期がVPレナスの攻略本。
こちらはどうやら完全攻略本の様子。
このゲームもPSP版のでやってて、現在チャプター8で放置中。
この攻略本、お店に2冊置いてあって、600円のと105円のがあったんですよ。
中身めくっても違いがよく分かんなくて、強いて言えば、600円の方が状態がいいのと、版が新しい(?)と思われる(書籍コードが違ってた)。
「もしかして誤情報が酷くて改訂版が出たのかも…」
と一抹の不安がよぎり、600円の方を買ってしまいましたが、後でよくよく考えれば、別に105円でもよかったかなぁと思い後悔。
500円も違うからなー…
というわけで、こいつは600円です。



そもそも使うかも読むかも不明なこの攻略本達…
あぁゴミが増える…



今日はこの辺で
2011.01.10 / Top↑
まずはこちらから↓

http://www.47news.jp/CN/201101/CN2011010901000206.html

以下、記事引用↓

山口、成人式会場近くで模造刀 銃刀法違反容疑で逮捕
 9日午後0時半ごろ、山口県下関市の成人式会場「海峡メッセ下関」(同市豊前田町)から「刀を振り回している男がいる」と110番があり、駆け付けた下関署員が模造刀を持ったアルバイト少年(19)を発見、銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕した。式典は既に終了しており、けが人もなかった。

 逮捕容疑は、同時刻ごろ、海峡メッセ内で、日本刀のような模造刀(刃渡り約70センチ)を所持した疑い。少年は羽織はかま姿で、下関署によると「羽織はかまなら刀も必要だと思った。持って写真を撮らないと格好が付かない」と話している。

 少年は下関市在住で、施設内のロビーで写真を撮ろうと、模造刀をさやから抜いてポーズをとっていたという。式典には出席せず、その後に開かれた懇親会に参加した後だった。





もー、山口県の馬鹿馬鹿馬鹿!
あれほど成人式でやらかすなと言ったはず(?)なのに!
別に成人式で馬鹿やって逮捕されたりとか(どうでも)いいと思うんだけど、自分の県でやるな。他県にしてくれよ…
ああいうのは他人事で「あぁ馬鹿でぇ」と冷めた目でニュースを見るのが楽しいんで遭って、自分の近いところで起きてもまったく笑えないんだが。




題名の話。

学校から帰宅後、寮のエレベーターで変な兄ちゃんに声をかけられる。
(注 ざわわは寮で友達を作っておりません)

「ねぇお前、アニメ見る?」

ざわわ「へ?」


いきなりなんだよこいつ…

話を聞くと、なにやらパーティーでアニメのコスプレをすることになったらしい(自分で企画)。
それで他人はどういう反応をするのかどうか、ざわわに聞いてきたらしい…

脈絡なさすぎやろ…

もちろん、アニメに興味がないから分からないと答えておきました。

そりゃざわわが見るからにヲタだとかそういうのはおいといて。

こいつ、まったく敬語が使えないんですよ!

多分ね、この人、4年生だと思うから、寮で最年長だと勘違いしてタカをくくってたんでしょうね。自分より年上はいないと。

ざわわがここに入った時点で、寮生のうち院生は数人、というレベルだったので、3年たった今じゃあほぼ間違いなく、自分が最年長です。
いや、別に最年長だからってどうこうするわけじゃあないんですが。

ただね、最低限敬語は必要だと思うんですよ。
え、ざわわが年上だから?
いやいや、それは重要な問題じゃない。

敬語は、相手が自分より年上か年下か、という基準で使い分けるのではなく、人間関係の距離で使い分けるべきだと思うんですよ。
自分は年上だろうが年下だろうが、初対面なら全て敬語で話します。
別に必ずしも相手を敬っているというわけではないんですが、一番無難な話し方じゃないですか、敬語って。
とりあえず敬語使えば間違いない、みたいな部分は確実に或。

別に尊敬語と謙譲語と丁寧語をきちんと完璧に使い分けて話せとは言わないけど、この人の場合、それ以前のレベルなので、お話になりません。

これ、自分だったからいいけど、他の場所でやると恥掻きますよ。

以前、この寮の大学3年生にいきなりタメ口で話されて(どうやら自分が年下だと思ったらしい)、よくよく会話してみるとざわわが大学院生だということが分かり、その人は急に敬語で話し始めました。
あの時は苦笑いしながら聞いてましたけど、ああいう恥を掻きたくなかったら敬語ですよ、敬語!

自分の周りは性質上敬語のできない人間というのが極端に少ない環境だと思います。が、時々こういうのがいるから、なんだかなーって気分になります。




とまぁこう書くと、ざわわが年下にタメ口で話されて怒ってるみたいに聞こえるけど、そういうわけじゃないんですよ。
上でも書きましたが、初対面で敬語を使えない人に腹を立ててるわけで。

皆さんも人間関係の距離を測り間違えないように。


今日はこの辺で
2011.01.09 / Top↑
今日、買い物をして、代金が860円だったんですよ。

小銭がぴったりの金額分なかったので、ざわわは1360円出しました

1360円-860円=500円

日本通貨の硬貨には500円玉なるものが存在するから、お釣はワンコインでいいはずだ。

が、店員さん、高卒か大学生くらいの若い感じの兄ちゃんだったけど、何を思ったのか、300円を突っ返し、200円のお釣をくれました。

最近こういう事態に遭遇する事は減った気がするんですけどね。今日遭ってしまった。
別に、金額の大小に関わることじゃないから、生ぬるい目で見守ってましたが。

いや、気持ちは分かりますよ、お釣計算するときは、下の方の位に目が行き勝ちなのは。
上の例でいけば、60円のところを対処するように頭が働きがちなのはしょうがないと思います。

しかし、考えてみよう。
5円玉、50円玉、500円玉、5000円札と、日本通貨には5刻みにも硬貨や紙幣が用意されているという点を考慮すれば、お釣を対処するときの「端数」の見方が変わってくると思います。
上の例でいけば、860円の60円というところはもちろん端数ではあるんですが、実は800円というのも端数なわけです。
なぜなら、800円という金額は、500円+300円から成っており、500円玉を念頭に置けば、300円という金額は端数と認識できるからです。

860円に対して1360円を支払うという事象を分析してみれば、

860円のうちの60円の部分→ざわわが支払った1360円のうちの60円に対応して相殺
860円のうちの300円の部分→ざわわが支払った1360円のうちの300円に対応して相殺
860円のうちの500円の部分→ざわわが支払った1,000円札に対応、お釣が1000円-500円で500円

という計算になるはず。





もちろん、以上の分析は非常に理屈っぽい。こんな風にお釣計算を頭の中でするやつはいないと思います。

が、こういうことを無意識のうちに頭の中でやってるわけですね。
言葉にすると理屈っぽいだけで。
感覚としては、ここを見ている皆さんの中にもあると思います。


こういうお釣り計算なんかを見れば、その人が小学校ぐらいまでにどれくらい数と親しんできたかが如実に表れてると思うんですよねー。
ある数字を自分の頭の中で自由に足したり分解したりして、計算の都合のいいように数をいじれる能力とでも言いましょうか。能力ってのは大げさだな。

四則の計算はきちんとマスターしておきたいものです。
こういうことでいざばれてしまうと、大変恥をかきます。
皆さんも気をつけましょう。



一応、このお店の兄ちゃんの名誉のために付け加えておきます。
このお兄ちゃんは、自分の前の客が領収書を切ってくれと頼まれていたのですが、領収書のきり方が分からなかったらしく、店の別の人に代わってもらってて、ややテンパリ気味っぽかったという事情があります。
それがどれくらい計算に影響したかは不明ですが。

個人的には、お店のマニュアルとして、客からもらった代金は、不足しているとき以外は全て受け取って、受け取った金額どおりにお釣計算すればいいんじゃないかと思います。
スーパーのレジなんかが典型例ですが、お店の人1人に対して客は複数なので、レジの人はいちいち頭使ってお釣計算する暇はないと思うんですよね。
だから、機械的に客からもらった額-実際の代金額を渡せばよいのではないかと。
客は時間的な余裕があるんだから、なるべくお釣がぴったりした額になるように支払うだろうからあてにしていいだろうし、万が一客が間違っても、代金の大小に関わる問題じゃないから、そのままお釣を支払えばいいんじゃないかなー。
コンビニのマニュアルとかにはあるんかしら。
いつかコンビニのバイト経験があるメンチカツくんにでも聞いてみよう。何か知ってるかも



今日はこの辺で
2011.01.08 / Top↑
昨日の夜から今日にかけて、北海道さんが本気を出し、雪が積もってまいりました。

北海道さんのすごいところは、雪を迅速に、かつ確実に積もらせるところ。

実家の山口だったら、雪が降っても積もるとは限らない、というか積もる方が稀。
だけど、北海道さんにかかれば、雪を積もらせることなど造作もないこと。
雪が降る即ち雪が積もる。これ、北海道の真理。

おそらく、気温が圧倒的に低いからできる所業なんだと思われます。
寒かったら降ったそばから解けるってことはないですからね。
今日の帰りとかマイナス7℃だったし。

ようやく北海道らしい冬の到来です。

今日はこの辺で
2011.01.06 / Top↑
過去の日記でPS2が逝った話をしました。
PS1のソフトやCDは読み込めるんだけど、DVDやらPS2のソフトやらが読み込めなくなってたのよね…

別に壊れたからって今すぐ困るものでもないんだけど、なんか気持ち悪いから、今日レンズクリーナーのCDで直すことを試みました。

なんかCDの裏面に2箇所突起が付いて、ここがディスクの読み取り部分を掃除する仕組みみたい。
乾式と湿式があって、乾式の方はそのままPS2で再生するだけ。湿式は専用の液体が付いてて、これをディスクの突起に塗って再生。
もちろん両方かけました。



が、復活せず。
うんともすんとも言わないよ、PS2!
まぁ調べた限りではレンズクリーナーでも復活する見込みは低いみたいに書いてたのでいいけどさぁ…

とまぁあきらめかけたそのとき、ふとティッシュで読み取り部分のレンズを拭いてみる。

「まぁダメもとだよなぁ」

と思ってパラッパラッパー2を起動したら、読み込めた!!!

おい!!!
レンズクリーナー!!!
ティッシュに負けるとか舐めてんの?


で、次はGTASAを起動しようとディスクをチェンジ。



読み込まない…

あれ、たった今まで別のソフト読み込んでたじゃない。
なんでまた読み込み不可に…

今度はレンズクリーナーを何度かけようが、ティッシュで拭こうがダメ。

「あぁ、さっきのはうちのPS2が最後の力を振り絞って頑張ったんだなぁ…」

と、最後までがんばってくれたPS2を称えました。





とまぁ、ここまでならネタとして完璧(?)なのですが、まだ続く。

レンズクリーナーでもティッシュさんでもダメだったので、今度はダメもとでティッシュに軽く水分を含ませて、それでレンズの読み取り部分を拭いてみることに。



起動するじゃん!
おい、レンズクリーナー!
お前全く役に立ってないよ。
いや、もしかするとティッシュとの相乗効果で起動したかもしれんから、そこまで卑下にすることはできないが、それでも劇的な改善効果は出てないよ!

ふむ、この方法はティッシュ(湿式)とでも名づけようか。
さっきの水分を含ませずに拭く方法はティッシュ(乾式)で。

レンズクリーナーより有効な方法である事は間違いない。



というわけで、うちのPS2は絶賛最期の煌き継続中です。
最期のきらめきって、継続性がある概念だったのか…

まぁ、近いうちに完全に逝ってしまうのは間違いないだろう。だからって、安楽死をさせてやる事は考えてないけど。
逝ったらまた考えるか。


今日はこの辺で
2011.01.03 / Top↑
今日は一日中ゴロゴロしておりました。
明日ぐらいから勉強開始しますかね。



ところで。

年末には「よいお年を」と言う。
これは「あなたの」来年が幸多き年であります様に、という他人本位の挨拶だと考えられる。

一方、年が明けると、「あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします」と言う。
前半部分は、年が明けたことを祝う言葉。
後半部分は、今年も「自分を」よくしてやってください、という自分本位の挨拶だと考えられる。

年が明ける前は他人の幸せを祈り、年が明けた途端自分の幸せのみを考える、そんな挨拶は一貫性を欠くのではなかろうか!
もっと利他的になるべき。
「あけましておめでとうございます、今年も一緒に幸せな一年を送りましょう」が他人のことも自分のことも思いやった挨拶なのではなかろうか。
これをもって新年始めの提案とさせていただく。



と、適当なことを書きながら今日はこの辺で
2011.01.02 / Top↑
明けましておめでとうございます。
今年もざわわをよろしくお願いします。



今日はWさんと初詣に行ってまいりました。

12時半に駅に集合して、地下鉄大通駅まで歩いて、そこから地下鉄に乗って円山公園駅まで。
このルートは去年と一緒。

ただ、時間帯がちょっと遅めの出発になってしまったので、去年と違いえらい込んでたよ…
行きの電車もかなり込んでたし、神社まで歩く途中の道も人一杯いたし、鳥居くぐってから参道が結構長く続くんですが、境内に入るかなり前から渋滞してる状態で、警察の人が入場規制やってるレベル。
多すぎですわ。
でもまぁ、初詣っぽい。

境内に入ってからは、いつもどおりお参りして、合格絵馬買って書いて、飾ってきました。
去年までは「勉強頑張ります」と書いてましたが、今年は受験年なので、「司法試験合格!」と書いてまいりました。
頼むよ、北海道神宮!

あ、今年はお札も買ってきました。ちょっと奮発です。

縁起ごとにはお金を使いましょう。精神的なものに違いが出てくる気がします。


初詣の後は、神社の近くのクッチーナというイタリアンレストランでランチパスタとしゃれ込みました。
え、正月からパスタ?
自分もおかしいとは思いつつ、一応正月専用メニューだったのでよしとした。

生パスタとサラダバーで1480円と結構いいお値段のするランチでした。

一応HP↓

http://www.eastone.co.jp/index.php
http://r.gnavi.co.jp/h006620/


ご飯食べた後、本当は散歩がてら歩いて帰る予定でしたが、16時過ぎて寒くなってきたので、行きと同じく電車で帰る。
一応歩ける距離なんですよね。地下鉄3駅分くらいだから。去年は歩いたし。

で、大通り駅到着後、ブックオフとゲオによって解散→帰宅→疲れたので睡眠→現在に至る、と。


ちょっとは正月らしい日記になったでしょうか?


それでは、2011年も当ブログをよろしくお願いします<(_ _)>
(更新頻度はかなり落ちると思うけど…)

ではではオヤスミ
2011.01.01 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。