上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日の漫画整理、お疲れ様でした。

冬に凍らない港がほしい、もとい、崩れないように本を積みたい。
そんな願いがついに成就し、気持ち悪いくらい安定した本積みが実現しました。

その副産物が今日発現する。

そもそも、昨日疲れて夜ちょっとだけ昼寝(?)をしたあとに、すでにふとももあたりに違和感があった。
なんかこう、動かしづらい。

んで、寝て起きたら、もうお分かりですね、完全に筋肉痛ですよ。
腰から下、膝より上のゾーン全体が痛い。
動かないほどではないが。
特にふとももと腰が痛い。
思わず起きた時に、「ざわわ、弱っ!」って思いましたもん。

昨日は部屋の整理で忙しくて買い物とかに出かけなかったんです。
ってことは、完全に部屋の中でだけで筋肉痛になったわけですよ。
ざわわさんは安上がりでいいですね~
部屋の中だけで筋肉痛になれるほどの運動ができるなんて。
完全に自給自足、純ざわわ亭産筋肉痛980円。いや、値段は知りませんけど。
自作自演もいいところですよ。そうだろう、ミスターマイセルフ?
否、今回は運動量ではなくざわわのひ弱さを問題にすべき!

そんなわけで動くのが億劫です。

みなさんも急な運動にはご注意を…って、そういう教訓じゃないな。
部屋の中だけで筋肉痛になれると軽くへこむので日ごろの運動がたぶん大事なんだと思います(←教訓)

今日はこの辺で
オヤスミ
スポンサーサイト
2009.02.14 / Top↑
昼過ぎ起きた。

いよいよ、この大量の漫画を整理せねばならぬ日が来た。
これを片づけないと、自分の中で区切りがつかない。
やってやろうじゃん!

てなわけで開始。
本当は冊数も数えてやろうかと思ったんですが、仮に少なく見積もって1000冊あるとして、1秒に2冊数えても9分くらいかかってしまうという計算だったのでやめました。

今回の漫画の整理には大きな目標がある。
ちょっとこの写真を見てほしい↓

漫画の厚さ

さっき読んでた絶望先生の第2集であります。
これは絶望先生の単行本を下の方から見た断面図(?)。
左がページを開く方で、右がページを閉じてある方、ちょっと分かりにくいけど。
この1年間の経験で、漫画を表紙を上にして縦に積んでいくと、上に積むにつれて傾いていくことが判明いたしました。
ざわわの仮説では、さっきの写真を参考にすると、ページを閉じてある右の方はきっちり閉じてあるので、ページを開く方である左側より若干薄い。
いや、写真じゃ分かりませんよ?
本当数ミリとかそういう単位での厚さの違いなので、たかだか10冊程度積んだだけでは変わりません。
しかしこれが40冊ぐらい積むとなると、この少しの厚さの違いが効いてきて、ページが薄い方、すなわち右側に傾いてしまうんですよ。
ちょっと単行本をたくさん持ってる人は試してみてください。
表紙を上にして数十冊積むと右側に傾きますから。

本屋だとビニールでパック(?)してあるので、単行本の左右の厚みがほとんど均等だと思われるので、平積みにしても変わらない。
が、家だとそうはいかない。

いやね、できればこんなことは知りたくなかったんですけど、この1年、しょっちゅう本が傾いて雪崩れ落ちてきて、「ちょっとメテオ勘弁してくださいよ~」って独り言を言ってきた身にとっては死活問題です。
だから考えました。
どうすれば対処できるのか、傾かずに本を詰めるのか。

で、出た結論。
同じ方向に積むから傾く。
とすれば、表、裏、表、裏と交互に積んでいけば、本の厚さが均等に積まれていって傾かないのでは?

これです、ざわわのたどりついた結論は。
これをざわわ式本積み法と名付けよう。


で、実践してみました。
激しくだるい作業ですよ。
あと、立ちっぱなしで、なおかつ中腰になったり、立ったりしゃがんだりを繰り返す重労働(?)だったので、かなり腰に爆弾を作ってしまった。
久しぶりに汗をかいた。

で、できたのがこれ↓

整理後

分かりにくいと思うんですけど、手前、真ん中、奥っていう風に3列に漫画が積んであります。
気持ち悪いくらいにまっすぐ積めた。
これ、以前の写真撮っとけばと思うんですけど、前は全体的に右に傾いてるんですよ。
だから、これは革新的な整理です、マジで。
プロジェクトXの取材マダー?

ただ、なぜか夜桜カルテットの5巻が行方不明という…
なんで整理中になくなるかな~?
意味不明。

とりあえず、当分これで行こう。
読んでも交互に積むことを忘れずに使っていこう、うん。

久しぶりに疲れた。
今日はこの辺で
オヤスミ
2009.02.13 / Top↑
さっき、びんちょうタンの最終巻を読んで、不覚にも泣いた。
というか、「さいしゅうかん」と打って「再収監」って変換されたんですが、なんか悪いことしたっけ?


2日続けて漫画の話でもしようか。

「ここ最近で一番糞だった漫画は?」
って聞かれたら、間違いなく地獄少女って答えるだろう。

買ってはないのだが、最近読む機会があり、多少興味があったので、5巻まで読んでみた。

話の中身は、友達などに裏切り方をされたりして酷い目に遭った女の子が、地獄少女に依頼してその酷い目に遭わせたやつを地獄に連れて行ってもらうという話。
依頼者は加害者を地獄に連れて行ってもらう代わりに、自分の死後に自分も地獄少女に地獄に連れて行かれてしまう契約を結ぶ。
こんな感じ。

テーマ自体はなかなか奥深くて面白そうなんですが、肝心の中身が…

たしか1話は脅されたかなんだかで友達に万引きさせられていじめられる的な話だったと思います。
んで、いじめられた子は地獄少女に頼んでいじめっ子を地獄に送ってもらうわけです。
この「地獄に送る」っていうところがポイントで、具体的描写はないんですが、地獄少女が地獄に連れて行くと現実世界ではいじめっ子は行方不明になっているので、たぶん死んでいるのではないかと推測される。が、この辺よく分からない。

いやしかし、いじめぐらいで地獄に送っちゃうわけですよ、地獄少女。
別にいじめは些細なことだからとかそういうことを言うつもりはないんですけど、どうも法的に罪刑の均衡というかなんというか、ちょっとやりすぎではないか、と思うわけですよ。
最初読んだ時は思わず、「えっ?殺しちゃうの?」って思って、本当に地獄に送ったら、「おいおい、そりゃねーよ」って思いましたもん。

5巻まで読んで、さまざまなケースで被害に遭う女の子が出てくるわけです。
学校の先生に強姦未遂に遭いそうになったり、ケーキ屋を開業したのに自分の師匠のパティシエにレシピ盗まれたり、付き合った男の子が自分の成績を下げるためだけに付き合おうとしたと分かったり…
いずれも、決して良い行いではないのは明らかなんですけど、果たして殺すまでひどいことしてるかどうか…
あの夜神月ですら、基本的には死刑囚相当の犯罪者から裁いていってるわけですからね、良い悪いかはともかく。
ま、地獄へ送る=殺すかどうか、そこら辺はっきりした描写がないので、「死んだわけではない」と言いはられるとちょっと分かりませんが…

でも、自分の母親と結婚したいがために父親を殺して、義父になった男を地獄送りにした話は納得できる。
たぶん、あれが唯一地獄送り相当の話ではなかっただろうか。

あと、人一人殺せる(?)にもかかわらず、依頼者のペナルティーが軽すぎる。
加害者=速攻で地獄へ送られる
依頼者=自分の死後、地獄へ送られる
う~ん、どうも軽すぎる…

もうひとつ。
融通がききにくい。
地獄少女に依頼すると糸が巻かれた藁人形を渡されて、その糸を引っ張ると処刑が実行されるという仕組みになっているんですが、藁人形を貰ったはいいが翻意して地獄送りにする気はなくなったにもかかわらず、糸が引っ張られて地獄送りにされた、みたいな話があったようななかったような…
すんません、記憶があいまいです。
しかし、お役所仕事すぎる。もうちょっと、頭使えよ。

総評。
エロい方向にはやたら寛容なくせに(自分は実際に読んだことないが)、こういうちょっと考えさせる話になるとものすごい底の浅いものしかできないあたりに少女漫画の限界を見た気がする。
アニメの方は面白いらしいです。見たことないですが…
これが最近読んだ中で一番酷かった漫画ですね。

今日はこの辺で
オヤスミ
2009.02.12 / Top↑
実は、何日か前にハヤテのごとくの最新巻までを買いました。

もういつだったか覚えてませんが、とにかく初めはメンチカツくんの紹介で買って読んで、これは面白いってなって(当時は7巻まで出てた)、そのことをブログに書いたはず。

んで冷静になって読み返したり、巻が進むにつれてクエスチョンマークが自分の中で増えていって、11巻を読んで期待はずれな内容に、人生で初めて漫画を「切った」わけです。

ざわわの漫画にお金がかかるのは、漫画を切ることができないことにあるわけですよ。
適当に買った漫画が面白くない、ってなっても、それがまだ未完だとしたら、ざわわは続きを買ってしまうわけですね。
どういう終わり方するのかとか、どういう打ち切られ方するのかとか見たいから。

しかし、ハヤテのごとくだけは違って、11巻で読むのやめて(受験で忙しくなったのも多少ある)、12巻と13巻は一応買ってはいたのですが読んでなくて、この間ようやくテストが終わったので、「じゃあ読んでなかったハヤテをもう一回きちんと読んで最新巻まで読んでみるか」って思ったので、14巻から18巻までを購入しました。ほぼ思いつきで。


改めて読んでの感想。

やっぱり序盤は面白いと思います。
3巻までで終わってたら、間違いなく自分の中での面白い漫画ベスト10ぐらいに入ってたんじゃないかなぁ~
あくまで自分の中でですよ?

学校に行くようになって一気に登場人物が増えて面白さが薄れた感がありますが、一応最後まで通して読んでみて、増えた登場人物もかなり淘汰されてて、レギュラー準レギュラーメンバーはほぼ固定されてるので、そこまで問題はなさそう?

1話完結が基本で、時々「○○編」みたいな形で続きの話が入ってくるので、具体的に何巻までがどうだとか言いにくいですが、17巻読んで思わず表紙を見直して、「これ、ハヤテのごとくの17巻だよな~?」って確認してしまいました。うん、別漫画。具体的にはエロ漫画、いや、正確じゃないな、ロ○エロ漫画。
17巻~18巻にかけて、かなりの電波ストーリーが展開されます。
ハヤテの過去のお話なんですけど、頭の中にクエスチョンマークしかなかった。久しぶりに置いてけぼりを食らったぜ、具体的にはツバサの図書館編以降、いや、これは書かなくていいな。
正直、「これいるのか?」って感じですが、作者的には話を書き始める時から組み込まれてた内容らしいです。

あと、きちんと伏線回収したり話につじつまあわせたりしてるのは偉いなぁと思いました。
何巻かでGWにエーゲ海に旅行に行く話を先取りして描いて、18巻現在でGW前の話でそれを回収しにいってるのはちゃんとしてると思いました。
作者のあとがきとかを読む感じでは、どうやら行き当たりばったりで描いてるのではなく、最初からのちの展開をかなり先まで具体的に考えている模様。

ただ、どうしても漫画読むにあたって久米田康治を念頭に読んでしまうから、いちいちいらんところでニヤニヤしてしまったり…
タイトルがやけに長かったりとか(改蔵後期の特徴)、洗濯機マンが出た時は笑ってしまった。
洗濯機マン、たぶんですけど、これ改蔵初期の「スタンドに僕の考えた超人が」とか言ってたやつのネタですよね?

あ、2chにかなり直球で媚を売るのはどうかと思うが…
久米田康治はまだもうちょっとやんわりとネタに使ってる感はあるけど、こっちは堂々と名前とか書いてるもんなぁ…

総評。
3巻で終わっとけばよかったという評価は依然変わらないが、通して読んでみれば思ったより全然面白かった(ような気がする)。
だらだら続いてる感じもしないし、今の設定とか登場人物でまだまだ戦えそうなのも○。
時々入る○○編みたいな続きの話は個人的に嫌いなので、1話完結でずっとやれば面白いなぁと思います。

あんまり関係ないこと。
総計1000万部以上売れてるんだって。
久米田康治は累計で23+2+3(新装版全部合わせて?)+5+26+15=74巻出してるけど、一体何部出てるのかなぁ…
って74って結構すごいな…

今日はこの辺で
オヤスミ
2009.02.11 / Top↑
夜、コンビニへの買い出し。
門限23時まであと50分。余裕のミッションである。

家を出て、コンビニの前で気づく。
ポケットのふくらみが薄い。

どうやら財布を忘れたようだ。
あの、あの曲が頭をよぎる。

♪買い物しようと町まで 出かけたら~(カスラック未承諾)

ざわわ23歳北海道冬、いまだにおつかいができません。



さてですね、今日の日記へと参りましょうか。

今日も10時半に起きる。
毎日寝る時間も微妙にバラバラだし、目覚ましも掛けてないのに、なぜかこの時間に起きる。
なんかの呪いか?

昨日は邪魔が入ったのですが、今日こそ昼間から銭湯というミッションをこなそうと思い、13時過ぎに銭湯へ。

ここの銭湯、ちょっと前に検索してみたら、一応スーパー銭湯という分類らしい。
420円(値上がりした)で内風呂数種類と露天風呂2種類があるから、まぁそういう区分なんだろう。

今日は晴れているのに微妙に雪がちらつく天気で、何も考えずに露天風呂に行ったらすっごく寒かった。
が、雪見風呂っていうのもなかなか風情があるもので。それも昼間に。
うん、悪くない。
ガンガン降られるとさすがにきついが、これくらいちらつく程度なら全然OKですよ。

さて、今日は14時半から自習室でお誕生日会をやらなくてはいけないので学校へ行きました。
実は今日までテスト週間で、今日は秋学期の再試験だったらしい。
自習室の人が一人犠牲になってたみたいだから、この日を待って会をやったみたい。

さくっと誕生日を祝って、1時間半ほど勉強して帰ってきました。

あ、そうそう、自習室の人に、来週の火曜日、水曜日、金曜日、土曜日で去年の新司法試験を実際の日程で解いてみようというお誘いがあったので、参加してみることにしました。
とりあえず目標がないと勉強しないし、今は全然解けないでしょうけど実際の試験の時間感覚とかを知っときたいので。
どうやら人生を賭けた(?)試験が近い人もいるらしいので、それに倣ってというわけではありませんが、自分も頑張ることにしようと思います。
ま、とりあえず明日は祝日なんで…(ここがざわわらしさ)

今日はこの辺で
オヤスミ
2009.02.10 / Top↑
今日も朝起きた。
ちなみにざわわ用語で、

朝起きた=午前中起きた=11時59分以前に起きた

ということです。
今日は10時半ごろに起きた。

さて今日は何をしよう。
暇を確認するために、平日昼間から銭湯にでも行こうか(これがざわわの中で休日を認識する最良の方法)。

なんて思ってた矢先、12時半のこと。

ネット工事のおっちゃんが襲来なされました。

「ちょっと配線工事をしたいんだけど、あちゃー、こりゃすごいね…」

言葉を濁しているが、明らかに引いている。
うん、こっちでも分かってるよ、漫画の量のことだね。

最近写真撮ってないけど、ざわわ宅にはものすごい量の漫画が積んであります。
推定1200?
どう控え目に行っても1000はある、間違いなく。

自分は圧倒的な量の漫画が積まれている光景に慣れてますが、初見の人にはたぶん辛い。
びびった、嘘、ちゃんと言おう、引いたと思う。

壁に配線する工事みたいなので、とにかく一番右のゲームが積まれてるスペースだけあけてくれればよいとのこと。
だから、あとでもう一度来る、と告げて別の部屋の作業へと戻られました。

まぁね、それくらいならいいですけど、それ以前に部屋がめちゃくちゃ汚い。
もう速攻で片付けてやりましたよ。

んで準備ができておっちゃんを部屋に呼んで作業してもらう。
さすがに部屋にはいられないので(気まずくて)、1階の食堂に避難して新聞読んでましたよ、1時間ぐらい。


なんでこんな目に遭わなくちゃいけないの?
今日の予定がめちゃくちゃです。
今日は銭湯行って、そのあと部屋の掃除とか片付けとカしようと思ってたのに…

別に工事の人を怨んではいませんよ。
どう考えても悪いのは糞管理人です。
事前に言っとけよ、このクズ!
そうすりゃ多少は片付けして(心の)準備して待っとくっつーの!
今管理人夫妻が風邪引いて寝てるらしいので、こじらせてゴニョゴニョすればいいじゃない。

はぁはぁはぁ…
よし、いろいろぶちまけたぞ。

最悪のシナリオは、ざわわがずっと寝てて、寝てる間に鍵開けられて起こされるっていう展開じゃなくてよかったと心底思います、今は。





さて、そろそろこの死んだような時間を過ごす生活もこれくらいにしようかなぁと思ってます。

春休みにやりたいこと。

部屋の片づけ
洗濯
漫画の整理
カラオケ
平日昼間の銭湯
小樽へ小旅行



勉強

一応勉強入れときました。

あと、ブログに書くのは初めてですが、3月に帰省します。
飛行機が東京経由なので、2日ぐらい東京に寄ろうかなぁと思ってます。
現在の予定では、3月第1週金曜日、土曜日、日曜日あたりで。

ゼミの人たちとは金曜日に会う予定なので、残りの日にT、Dくんと飲みに行きたい。
今度メールしよう。

ただね、ここら辺がなかなか気を使うというか、まだまだ学生のざわわには分かりにくいんですが。
社会人様の貴重な休日をざわわのために使わせるのもいかがなものかと思うので、今度正式にメールしますけど、ダメなら断ってください、遠慮なく。

今日はこの辺で
オヤスミ
2009.02.09 / Top↑
昨日中学校の話が出たので、懐かしいついでにもうひとつ。


かろかっくいいけれ
だろだってにだななら

これ、何か分かります?
って、まぁ題名に「活用形」って書いてあるから、何かの活用形なんですが、上が形容詞で、下が形容動詞の活用形です。
たぶん、合ってます。どれがどの活用形かまでは覚えてませんが。

中学校のころ、国語の教師に延々と覚えさせられた記憶がある。
授業中に黒板にこの活用形を書いて(もちろんどれがどの活用形かはきちんと並べて書く)、「はいじゃあお前ら復唱しろ」って言われて、呪文のように唱えさせられた。

かろかっくーいーいーけれ
かろかっくーいーいーけれ

だろだっでーにーだーなーなら
だろだっでーにーだーなーなら

中学校くらいまでなら、具体的な意味と関連させて覚えるより、こういう風に意味のない単語の羅列にしてそれを丸覚えする方が効率がいいのかもしれない。
意味がなければないほど、問題に出されたときに機械的に処理できるから、変に混乱する必要がない。


しかし、今考えると、この勉強は必要だったのだろうか、とふと思う。
現代文の文法ってなんの役に立つんだ?
あ、ざわわは「実学以外の勉強に意味はない!」なんて思ってませんから、別に何の勉強だろうがそれはそれで重要だと思うんですが、現代文の文法はどうだろう?

Q.なんで英語のグラマーを勉強するの?
→A.そりゃお前、英語の文章を読むためだろ

Q.なんで古文の文法を勉強するの?
→A.そりゃお前、古文を読むためだろ

Q.なんで現代文の文法を勉強するの?
→A.そりゃお前、現代文を読m…ちょっと待てよ

たぶんですけどね、日本人なら日本語話せるし読めるし書けるわけで、正確にできるかどうかは置いといて、それは勉強の成果じゃないと思うんですよ、きっと。
だって母語だもん、普通に生活すれば小学校にあがるころにはだいたい習得してますよ。

そりゃあ漢字読めなかったり意味分からなかったりすることもありますけど、それは漢字を知らない・単語の意味を知らないってだけで、決して文法を知らないからじゃないと思うんですよね。少なくとも、活用形がどうとかいうレベルでは必要ない。

作文にはいるかなぁとちらっと思いましたけど、やっぱり小学校の小さい頃から授業で作文書いてましたし、少なくとも意味は通る文章を書いてたから、やっぱり文法を個別に勉強する必要はなさそう。

誰か、役に立った人いたら教えてください。




さて、今日の日記。

昨日の宣言通り、今日も朝起きましたが家でゴロゴロ。

昼は急にファミレスに行きたくなったので、ジャスコにあるガストにお昼ごはん食べに行ってきました。
久しぶりにステーキ食べた。

あ、急にファミレスに行きたくなったって、人から見れば意味不明かもしれませんが、ざわわはその日の気分でいろいろしたくなったり食べたくなったり行きたくなったりするので、だいたい行動に脈絡がないです、はい。

家に帰って漫画読んだりネット見たりしてダラダラ過ごす。
うん、休日はいい。

ところで、今日は昼間もんんんんのすごく雪降ってました。
たいていの雪には慣れたざわわをして、「すっげー降ってんなー」って思わず言わしめたくらいですもん。
今日雪まつり行ってた人は大変だったんじゃなかろうか。
いくら「雪」まつりとはいえ、限度はある。

さっき夕食買いに行ったらやっぱり積もってました、ものすごく。
こういう雪の積もりたての光景、道外のみなさんにも見せてあげたいなぁとは思う。
積もりたての雪はきれいでサラサラしてるから、サハラ砂漠の写真のような光景が広がってます。
もちろん、すぐに踏み固められて汚くなるわけですが…

雪は降ってますが、気温はそんなに低くないので元気です、ざわわは。

今日はこの辺で
オヤスミ
2009.02.08 / Top↑
http://guideline.livedoor.biz/archives/51145089.html

↑の59を見て中学校のころのテストを思い出した。

中学校の頃の定期テストの話。
たしか英語だったと思うんだけど、社会かもしれない。
いや、科目はどうでもいい。
その先生は問題の最初の方には必ず○×問題を出す先生で、要するに記号問題出してやるから、頭悪い奴とか勉強してないやつとかもここで点数取れよってことだったんだと思います。先生も点数を上げる問題だって言ってたし。

でですね、○×問題だから○か×か書けばとりあえず正解するか否かの土俵には乗れるわけですが、注意書きがあってですね、こんな感じ↓

「次の問いに○×で答えよ。ただし、すべての問題に○または×を付けた場合、全問不正解とみなす」

つまりこういうこと。
せっかく点数を上げるように問題出してやってるんだし、せっかく頑張って作った問題なんだから全員に真剣に考えて解いてもらいたい。にもかかわらず、DQNが何も考えずに速攻で全部の空欄に○とか×を書くのは許せない、ってことなんだろうと思います。

お分かりの通り、こういう注意書きがあるおかげで、全部○だったり×だったりという偏りは100%ないわけです。
で、素直に解けばいいんですが、ある回のテストで問題が生じた。

たしか○×問題は全部で4つか5つだったと思うんですが、5つにしましょう。
もちろんざわわは勉強してきてるし、○×問題なんで簡単だからすぐ解ける。

「え~と、最初の問題は×で、次も…っと×だ、その次は×で、あっ次も×だ。
最後の問題は…これは○だな」

つまり、正解は××××○なわけです。
一見問題なさそう。

が、しかし、解き終わってよく考えたらかなりやっかいな問題なのではなかろうかということに気づいた。
ざわわはすんなり最初の4つが×で残り1つが○って分かったから選択肢を埋めれたけど、もし最後の問題に迷った生徒がいたらどうだろう?
つまり最初の4つを確信持って×と埋めて、5問目で記憶違いやら感違いやらをして、問題の答えが×だと判断したら…
注意書きさえなければ、彼(もしくは彼女)は×××××と書いて答案を提出し、(1問1点なら)5点中4点をもらうはず。
しかし、注意書きのせいで、このまま答案を出せば点数はもらえない。
となれば、彼は自分の答えが間違っているという疑いを持つだろう。全部×のはずはないんだから。
見直して5問目が間違ってるって気づけばいいけど、たとえば1問目がやっぱり×じゃなくて○だと思って、○××××と書いて提出したら、注意書きさえなければ4点もらえたはずなのに、3点しかもらえなくなる。

これは理不尽すぎる、とざわわは思った、中学生ながら。

真剣にテストを解いてもらいたい先生の気持ちは分かるが、注意書きはいらなかったんではなかろうか?


さて、昔話はこれくらいにして。

昨日の日記を読み返して、ざわわしてはあまりに普通にしてアクティブな記事を書いてて、驚愕した。
いつも駄文という言葉を与えるのも惜しいくらいのどうしようもない文を書いてるわけだが、最後に普通っぽい文章を書いたのはいつだろうと思い返して…思い出せない。
昨日の記事は今後も貴重なんで、みなさんしっかり読んでください。

しかしそこはざわわ、昨日は外出したんで、一応10時過ぎには起きましたが、休日を実感すべく、家でゆっくりと休みました。
休日万歳!
明日もこの調子で過ごそうかなと思っております。

今日はこの辺で
オヤスミ
2009.02.07 / Top↑
実は昨日、「明日朝良い時間に起きて晴れてたら雪まつりに行こう!」と決めてました。

んで、肝心の今日は10時ごろ起床というベストな目覚め。
しかも晴れてる。
こりゃ絶好のチャンスだな(←ちなみにこれ、フラグ)

そんなわけで超久しぶりにお出かけです。
防寒対策をしっかりしてレッツゴー!

大通公園の方でやってるらしいので、札幌駅前から南に下って大通りへ。

途中時計台がある場所を通り過ぎたので、ちょこっとだけ寄り道して写真撮りました↓

雪の時計台

雪の時計台もなかなか良い。

さて、大通公園へ到着。
平日ながら思ったより人が多い。

実はざわわ、札幌雪まつりってしょっぱい祭りだと思ってました。
「ん、雪像?
なんか一般人の作ったちゃっちいのがぽつぽつあるだけだろ…」
って感じで。

でも着いてびっくり。
すんげーでっかいんですわ、これが。
しかもすごく丁寧に作ってあって、これもびっくり。

どうやら、札幌雪まつりって海外でも有名みたいですね。
国際的なお祭りだそうです。
やたら外国人が多かった。
国によっては雪すら珍しいだろうし、雪降る国でもこんなには降らないだろう、たぶん。

ともあれ、写真いっぱい撮ったので載せます。
携帯の写真なんで、あんまり奇麗じゃないですが…

雪まつりその1
雪まつりその2
雪まつりその3
雪まつりその4
雪まつりその5
雪まつりその6
雪まつりその7
雪まつりその8
雪まつりその9
雪まつりその10
雪まつりその11
雪まつりその12

下に行くほど画面が暗いのは、12時過ぎたあたりからなぜか知らないけどものすごく雪が降ってきまして…
午前中あんなに晴れてたのに…

下から2つ目の写真はスノボの大会の様子です。
競技名は知らないんだけど、なんかスキーのジャンプ台みたいなところから飛んで、トリックを競い合うやつ。
札幌のど真ん中にこんなでっかい競技台があるだけでもびっくりだし、これ写真だと分かりづらいですが、高さ20メートルくらいあるらしい。
こっからバンバン選手が飛んでいくわけですが、高所恐怖症のざわわは心底すごいと思った。そして真似したくないと思った。この競技は親は泣いてるね。

あとはニュースでもやってるみたいに、水泳の北島が中央にあるオリンピックをテーマにした雪像とか、ミッキーとか韓国の良く分からんお城だとか。
全部でっかくてすごいです。
これ自衛隊とかも作ってるみたいですね。
あとたぶん本業の建設の人とかも。

札幌雪まつりがすごいのは雪像だけじゃない。
今回テレビ塔のところからずーっと西に歩いて行きましたけど、食べ物のブースがやたら多い。
そして、食べ物と言えば北海道、各種海産物がてんこ盛りでおいしいものばっかりでした。

ざわわが食べたのは、かにまん(肉まんの蟹バージョン)、焼きタラバ蟹、ホタテのバター焼き、そして何を血迷ったかロシアブースでキャベツピロシキ。

焼きタラバガニは写真あります↓

タラバ蟹脚その1
タラバ蟹脚その2

北海道来て初めて蟹食べたわー。
すっげーおいしかった。
これで500円、ちょこっと高いか?

あと写真はないけどホタテ。
その場でホタテ丸々1つ網で焼いてもらえます。
バターとしょうゆをかけて、これがまた絶品!
特にざわわ、ホタテ大好きなんで、美味しく頂きました。

いやー、よかった。
思ってたよりずっとよかった。
見てよし、食べてよし。
素晴らしい祭りである。
めちゃくちゃ人はこむけれど、本州のみなさんも是非一度行ってみてください。
一見の価値ありであることをざわわが保証いたします。


テレビ塔から西13丁目までずっと歩いて行きました。

西13丁目に資料館があったので入ってみました、無料だし、あと雪がひどくて寒かったので休憩がてら暖まりにね。

で、西13丁目と言えば、ざわわの住所が北7条西12丁目なんで、これはちょうど良いってことになって、そのまま北に向かって歩いてすぐ帰宅できました。

いやはや、ここんところ学校行って帰るだけの生活だったんで、ちょっと歩いただけでだいぶ疲れた…


今日はこの辺で
札幌雪まつりサイコー!

オヤスミ
2009.02.06 / Top↑
いやっほおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお











よし、ご飯食べて寝る。
今宵の睡眠を邪魔する者は死罪を申しつける故、覚悟しておれ。
中途半端な時間に起きたら、また更新します。
起きなかったら明日。

休日をむさぼるように味わおう。

オヤスミ






案の定、目が覚めてしまった。
おはようございます、ざわわです。
今日の日記でも書きます。

朝、8時過ぎに頑張って起きる。

9時頃学校へ。

テストが4限なので、開始時間が14時45分。
昨日も一応勉強した家族法のレジュメを延々と眺めていく作業が地獄のようでした。

コンビニも何回か行ってうまく時間を使って迎えたテスト。
難しかったのか、難しくなかったのか、よく分からなかった。

そのあと速攻で帰宅して、ご飯食べて寝ました。

んで22時前に起きると。

こんな感じです。

今日の家族法の問題(大問1)。
たぶんほかの教科のテストは皆さんに意味不明だと思うんですが、家族法の問題はたぶん面白いと思うので書いてみます。


HとWが婚姻して2年後、WはAを出産した。
Aの出生から1年後、Aがけがをして病院で血液検査をした際、Aの血液型とHの血液型が合わないことが判明した。

(1)このようなことがあったので、HとWはAの出生から5年後離婚した。Aの扶養義務はだれが負うか。
(2)このようなことがあったので、HとWは、子供を欲しがっていたMN夫妻とAの養子縁組を結び、Aを養子に出した。
ところがMが死亡した。AはMを相続するか。
M死亡後、Hが死亡した。AはHを相続するか。

なお、(1)と(2)は独立の問題。
Aの生物上の父親をPとして答えなさい。


言葉は違ってますが、内容はこんな感じ。

淡々と書いてあるけど、まるで昼ドラじゃないっすか。

親子関係を民法が決めるのは、主に親権・扶養・相続を誰がするかを確定するためです。
一番大きな問題はたぶん相続ですが、基本的にお金持ちの問題なので(ざわわのような普通以下の家庭はそもそも相続するめぼしい財産がない→額が少ないから取り合いにならない)、できちゃった婚だろうが、愛人の子だろうが、お金持ってないとたぶん問題にならないんでしょうね(不動産だけは問題になる可能性があるが)。

ただし、婚姻関係の勉強はむかつく。
理由は昨日書いたとおり。
まぁそもそも民法上問題になるのがそういう男女関係にだらしない人たちの事例なんですけどね(大多数の真っ当な人は問題にならない)。

よし、書いたぞ。
漫画でも読むか。

今日はこの辺で
オヤスミ
2009.02.05 / Top↑
10時に目覚ましをかけてきっちり起きる。

起きて、「今日って祝日?」って勘違いした。
当然そんなわけもなく。
立春って祝日じゃないよね?

休日だろうがなんだろうが、明日はテストなので問答無用で学校です。

家族法の勉強、非常にだるい。
というかやっててむかつきます。
こんな感じ↓


HはWと婚姻関係にあるが、妾Pとの情交関係を持ち、子Aを産んだ。
そして…うんたらかんたら…


なんだよ、妾って!
そういう富の偏在がざわわのような弱者を生むんだと思います!

あぁ、勉強して思ったこと。
ちゃんと男は認知届け出してください。
相続の時面倒です。
養子とかに出さないでください。
問題解く時非常にめんどうです。

とにかく、明日テストなんですが、家族法、どこが大事なのかかなり不明。
どっから問題出るんだろ、これ…
婚姻か、離婚か、親子関係か…
相続は絶対出るんだと思うんですが…

とにかく明日最後のテスト、がんばります。

今日はこの辺で
オヤスミ
2009.02.04 / Top↑
いやはや、昨日と今日でテスト4つ終わりました。
残りひとつ家族法は木曜日なので、明日一日と明後日の午前が勉強時間なので、やや余裕があります。
一息つきました。

ところで、前回の記事でコメントをいただきました。
うん、わかってない。
つっこんでほしかったところは、「全部ひらがな」ってところじゃないんですよ。
これ↓

>さあさあみなさん、たのしいたのしいじごくうぃーくのはじまりだよ。



たの、しく、ねええええーーーーっっっっ!!!!



あえて、もう一度言おう。



たの

しく

ねえ

えええ

ーーーー

っっっっ

!!!!




楽しくないのである。
決して、楽しくはないのである。

ざわわは、勉強を嬉々としてやる人種ではないのである。
知的好奇心や学ぶ喜びはあるつもりだが、それとこれとは別なのである。


な~んて書きましたけど、もちろんネタで書いてるので、コメントした人は気にしないように。
しかし、楽しくはない。



さてですね、ちょこっとテストのことでも書こうかな。

昨日の2限が刑訴法。
できたような、できなかったような…

4限が民訴法。
かなり難しかったが、できたようなできなかったような…

今日の2限が行政法。
多少はできた(つもり)。

3限が手形小切手法。
できたつもり。

前回のテストであんまり評価が芳しくなかったので、あんまり確定的なことは言わないでおこうかな。
できたと思っても先生の採点次第みたいなところあるし。

とにかく、今日がたいへんだったんですよ。
月曜日の訴訟法2つ、前回の記事にも書いてあるけど、1日2つは確かに重いが、昼休みと3限が空き時間なので復習時間はある。
それに比べて今日は、2限後お昼休み即テストという、なんというかもうちょっと時間割工夫しろと言いたくなるような…

そもそもテスト日程からしておかしい。
なんで、月曜日、火曜日、木曜日なんだ?
普通に月曜日、水曜日、金曜日でよくね?

ま、テストのことはこのくらいにしときましょうかね。
あと1つ残ってるので、がんばります。


テスト以外の話。

今日は節分らしい。
節分だというのを、素でテスト帰りジャスコに寄って恵方巻きを売ってるところを見てから気づいた。
これはネタでも何でもなくて、本気でテストのことしか頭になかったから、節分っていう発想がまるでなかった。

まぁ気づいたのは幸いで、毎年ブログで節分はやってるので、今年もやろうと思って恵方巻きを買う。

親に電話して、今年の恵方を教えてもらう。
東北東らしいです。

親から節分つながりで教えてもらったのは、どうやら今年自分、厄年らしい。
数え年で25歳のとき?
この辺よく知らないんですけど、とにかく厄年なので、豆まきはやっとけと親が言う。

あぁ、豆買い忘れた。
しょうがないから、もう一度ジャスコに行って豆を買う。

ところがね、おかしいんですよ。
ジャスコの節分コーナー、割と大きく取ってあるんですけど、どこにも豆がない。
豆はあるが大豆がない。落花生とかピーナッツを加工したお菓子みたいなのしか売ってない。

ざわわは勝手に、「ご時世がら、食品の安全管理にうるさくて、福は内のときに床に直接大豆をまいたら汚いから、殻つきの落花生をまいて、床にまいた後も安全に食べれるようにしてあるのかな?」

って思って自分なりに納得して落花生買ったんです。

ざわわの部屋は8階で安全のために網戸が開かなくなってて鬼は外ができないため、帰りがけに落花生の袋を開けて、近くの駐車場に半ばポイ捨て感覚で鬼は外をやってきました。
なんか不法投棄してるような感覚だったけど、別に年中行事だししょうがないよなぁなんて思いながら、しかしこっそりと小声でやってきました。
それにしても、雪の上に落花生が数個巻かれている様子はややシュールである。

んで、部屋に帰ってベッドの上に福はうちして豆まき終了。
まだ、年の数だけ食べてません。
さっき食べた恵方巻き×2でおなかいっぱいなんで…

で、親にこの落花生の話をまた電話でしてみたら、どうやら事情が違うらしいということが判明しました。
どうやら節分にまく豆は、地域によってピーナッツでやるところがあるらしい?です。
これ未確認、ググってないです。
ちょっと後で調べてみるけど、もし本当なら面白い。
こんなところで北海道を感じるとは…

みなさんも、今年一年息災で過ごせるよう、豆まきをしましょう。


今日はこの辺で
オヤスミ
2009.02.03 / Top↑
さあさあみなさん、たのしいたのしいじごくうぃーくのはじまりだよ。


げつようび。

にげん、けいじそしょうほう。
よげん、みんじそしょうほう。

いちにちそしょうほうふたつだね、おもいね。
みんそのてすとはんいはじごく。
しょうめいせきにん、しょうこしらべてつづき、きはんりょく(きゃっかんてきはんい、しゅかんてきはんい、じてきげんかい)。
ひゃっはー。


かようび。

にげん、ぎょうせいほう。
さんげん、てがたこぎってほう。

げつようびのよげんがじゅうろくじじゅうごふんにおわるから、かようびのかもくのべんきょうじかんがあんまりないよ。
ぎょうせいほうはきゅうさいほうだからむずかしい。
てがたこぎってほうはいみふめい。
このひがこんかいのてすとのきも。


もくようび。

よげん、かぞくほう。

すいようやすみだから、かぞくほうのべんきょうあんまりやってないよ。
しんぞくほうはいちおうやったけど、そうぞくほうはまだだよ。
すいようびがやすみだから、そのひになんとかするよ。
ただし、このじゅぎょうのたんとうのせんせいがつくるてすとはむずかしいよ。


さあさあ、いよいよじごくうぃーくかいまくです。
がんばりましょう。
2009.02.01 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。