上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日のお釣りの話の続きをちょっとだけ。

財布の中の小銭を最小限にしたいざわわですが、1円玉に関しては5枚以上持っておくのもアリかなとも思う。
1円玉はちっちゃいし軽いし、次の買い物の時に7円とかの端数をぴったり出せると嬉しいし。
まぁ次の買い物が630円とかぴったりだとがっかりだし、10枚以上持とうとは思わないけどね。
10円とか100円玉はできるだけ4枚以下にしたいなぁと思います。
5円系(5円、50円、500円)は複数枚あるとイラッとする。
この前500円玉が2枚入っててイラッとした。
日ごろの生活に10進法が根付いているからだろうか。1円、10円、100円が必要以上にあっても計算しやすい気がする。
でも5円とかが複数枚あってもなぁ…
35円を10円玉2枚、5円玉3枚で払うっていうのは、確かに財布の状況次第で出来るんだろうけど、なんかこういまいちしっくり来ないんだよな。

あと昨日こんな話を書いてから、自分のお釣り技術についてちょっと考えてみた。
98円に103円を払うなんてことを覚えたのは多分大学に入ってからだと思う。
いや、相当遅いんだと思います。
覚えたきっかけは何だったっけなぁ、もう記憶の彼方だけど、多分誰かのを見て覚えたんだろうなぁ。
知ったときは多分衝撃的だったんだと思う。
それまでは「5」という感覚が買い物の中に無かったと思う。
10区切りで考えていくと、700円の買い物には1000円札1枚出すという発想しか生まれてこないよなぁ。
しかし日本国は親切にも5区切りの硬貨・紙幣を用意してくれてるんだから、それを考慮に入れて初めて「5」の感覚が生まれてくるんだと思う。
さすがに525円には1030円出してたんだろうけど。

さぁどうでもいい話を2日連続で書いたわけだが。

次の話。

今日の帰宅のときの話。

学校終わって、ジャスコ寄って買い物して帰宅。
部屋のドアを前にして、ポケットを漁ること数回、違和感を感じバッグに手を突っ込む、アレがない、バッグを床に置いて中身を全部出してみる…ない…。
鍵がないのだ。
しかしざわわは焦らない。
東京の時なら発狂してただろう、しかし今は状況が違う。
学校に自習室があるのだ。
学校に常駐するところがあるとすれば、今現在持ってないならそこにあるに違いない。
そんなわけで、少々間抜けながら今来た道を引き返す。
鍵をなくしたことに気づいたときは余裕があったが、歩いているうちにだんだん不安になってくる。
昼休みを思い返して、どう考えてもキーケースを机の上に出した記憶がない。
もし自習室になかったらどうしよう、あるとすれば3限を受けた教室か。
そこになければあとは絶望…
そんなことを思いながら自習室を目指す。
まぁ自習室にあったんですけどね。

今使ってるキーケースは大学1年の時にDくんにもらったやつです。
懐かしいなぁ、あいつ、その時使ってた時分のキーケースをその場でくれたんだよな。
わざわざ買ったのだと相手が引くから、今使ってるやつをプレゼントするんだって言ってた。

こんな話からも、ざわわの日々の物品の管理の甘さが如実に分かりますね。

次の話。

書き忘れてたけど、土曜日、Tくんにメールを送った。
金曜日、秒速5センチメートルを見たので、犠牲者は一人でも多い方がいいだろうと思って、とりあえずTくんにメールを送ってみた。
そしたらね、Tくん知らなかったのよ、秒速5センチメートルを!
いやね、自分も正直題名しか知らなくて、どんな内容化までは全然知らなかった、というか中身を詳細に知ってたら多分絶対見なかったと思う、わざわざ鬱になんてなりたくない。

こういうことに出合うと常に思う、自分の常識は他人の非常識だと。
Tくんと友達になりたての頃、「ビギナー」というドラマの話になって、Tくんが「ミムラいいよね」って言ってた。
ざわわは素でミムラ=三村マサカズだと思ってましたからね、女優の方なんてこれっぽっちも知らなかった。
それと、いまだに蒼井優と宮崎あおいと蒼井そらの区別がつきません、いやさすがに蒼井そらとの区別はつくけど。
だから宮崎あおいが結婚してゼミの友達は発狂してたけど、ざわわは顔も知らないので正直なところどうでもよかった。

己の知と不知をどれくらい把握すべきか、それが問題だ。

今日はこの辺で
オヤスミ
スポンサーサイト
2008.06.30 / Top↑
今日ジャスコで買い物した時の話。

レジで会計、665円。

財布の中身は1000円札1枚、100円玉4枚、50円玉1枚、1円玉4枚。

当然だがピッタリには払えない。
65円の端数分の金額もない。

しかし1000円札を出すのも芸がない。
個人的には、小銭入れの中には最小限の枚数が入っててほしい。
10円玉5枚とか5円玉2枚とかは気持ち悪いのだ。

ざわわの答え。
1000円札1枚、100円玉2枚で1200円を出すことにした。
これなら1200円-665円で535円。
35円の端数が出るけど、500円玉でお釣りが返ってくる。
うん、たぶんパーフェクトの解答のはずだ。

しかしレジの人はどうもこの解答に疑問を感じたらしく、「665円ですがこちらでよろしいですか?」と聞き返す。
う~ん、気持ちは分からんでもないか。
600円台に1200円を払うのはなんか違和感を感じなくもない、10進法的に考えて。

98円の買い物に103円を出すというのを例に考えてみる。
お釣りは勿論5円。
普通に100円を出すと2円、硬貨は2枚必要。
103円なら5円玉1枚でOK。
レジの人もこっちの方が楽のはず。
でもざわわとしてはこうやってお釣りを考えてお金を出してる時って、レジの人の利便を考えてるってよりは、上にも書いたけど小銭入れの中をきちんとしたいってだけ考えて出してるんだよな。
だからざわわは525円の買い物に1100円を出す。
1000円ならお釣りは475円で硬貨8枚、1100円ならお釣りは575円で硬貨は5枚。
この場合だとレジの負担はあんまり変わらないような気がするけど、小銭入れの中を考えてやっぱり後者を選択するのだ。

スーパーとかコンビニのレジだとマニュアルでもあるのか、大抵はこちらの意図を分かってくれて処理してくれるけど、そうじゃない場所だと理解してくれないことが多い気がする。
北大の軍艦講堂2階のお弁当売り場のおばちゃんはこれを分かってくれないので、398円のお弁当に403円を渡しても3円は突っ返されます。もどかしい。

日ごろから頭の体操はこういうところできちんとやった方がいいなぁと思った。

次の話。

昨日書いた刑法の課題。
今日中に提出なので、昼前には起きて提出しようと試みる。

今ブログを書いてるPCは寮から貸してもらってるやつ。
しかし重い、Vistaってだけで重い。
WordとSleipnirを同時起動しただけで重いってどういうことだ!?

そんなわけで、レポート等でPCを使う場合は自前のVAIO使ってます。
これだとXPだし、学校のPCもXPでWord2003だから、互換性がある。
ちなみに、最新のWordはそのまんま保存すると旧バージョンのWordで読み込めないという糞仕様らしい(自習室の人談)。まぁ保存の時設定すりゃあいいんでしょうけど。

しかしVAIOはネットにつながってないわけですよ。
提出はメールでしなくちゃいけないわけで、VAIOで書いた課題をTくんからもらったUSBメモリに保存して、わざわざVistaの方に移動しなくちゃいけない…んですが、それを今回初めて試してみました。

うん、結論から言おう。
Vista先輩はUSBメモリを認識してくれたみたいなんだけど、いくら探してもデバイスに追加されてない。
結局移動できず…orz

しょうがないので、学校行きましたよ、USBメモリ持って。
まぁ10分くらいだしいいんだけどね、でも間抜けだね。

そんな悲しい日曜日の話。

今日はこの辺で
おやすみ
2008.06.29 / Top↑
この日記の前の日記、つまり6月2日、この次の日にちょっと嫌なことがあった。
具体的にはとてもじゃないけど書けない。
30年後、笑い話になってたら誰かに話そうとも思うけど、今現在、親にだって話したくない。
そんな出来事がありました。
たぶん僕が全面的に悪いんだと思います。
とにかく、嫌なことがありました。
それでちょっと学校行くのが嫌になって、というか学校辞めたくなって、まぁもちろん辞めてないわけだけど、1週間ほど学校に行けなかった。
1週間休んだはいいんだけど、ちょうど学祭と被ってて、1週間休んでも実質2日休んだだけで済みました。

で、とにかくブログなんて書く気分じゃなくて、でもいつ再開しようか迷ってて。
休んでた間に定期テストもあったし、課題提出もあったし、小テストもあったし、とにかく課題が全部終わってキリが良くなったら再開しようと思ってました。
それが今日だというとそれも違ってて、とりあえず明日までに刑法の課題を提出(一応仕上がってるけど、明日もう一度見直す)して、来週の木曜には憲法の中間レポートだから、キリはよくないんだけど、書きたいことができたから再開です。

とにかく戻ってきました。
また、よろしくお願いします。

休んでた間のことはまぁボチボチ書くことがない時にでも書くかな。
面白い話もあるし、微妙に笑えない話もあるし。

まぁ題名の話でもしようか。

機会があって、「秒速5センチメートル」を観ました。
いやぁ、久しぶりに鬱になる作品に出会った。

・どんな話?

以下、話のあらすじと、それを見たざわわの反応。

第1話「桜花抄」
鹿児島に引っ越すことになった貴樹は、小学校の時に仲が良かった明里に会うために、一人電車に乗って栃木へ訪ねに行く話。

ざわわ「こ、これがリア充の力…!?
この作品は中学生の淡い青春ラブストーリーですね、分かります。
明里、可愛すぎだろう…」

第2話「コスモナウト」
東京から引っ越してきた貴樹に花苗が告白しようとする話。

ざわわ「この作品は遠距離恋愛を経て二人が結ばれる壮絶な感動ラブストーリーですね、分かります。
ということは第3話で貴樹と明里の再会ってことか、見せつけてくれるね!
にしても、貴樹はイラッとするくらいリア充だなぁ…」

第3話「秒速5センチメートル」
貴樹が大人になってからの話。

ざわわ「あががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががが」

久しぶりに心がざわついた気がする。
第3話の話は実際に見てくださいね。

なんだろう、この気持ち、この感覚。
さびしい、悲しい、むなしい、いや、違うな。
一番しっくりきそうなのは「切ない」か?
いや、でも、そんな一言であらわせそうにないなぁ…
エロカワイイという表現が嫌いなざわわがこれを真似すれば「鬱切ない」ってことになりそうだ。

貴樹がかわいそうっていう話でもなくって、女って酷いなって話でもなくて、なんか淡々と描写されてた。
観終わった後に色々調べて第1話で2人が渡すはずだった手紙の内容を見た。
「もしも」が許されるのなら、貴樹があの手紙を渡してたらどうなってただろうか?
明里は待っててくれたんじゃないだろうか…?

第3話を見なければ良かったと心底思った、そんな作品です。
誰かと話題を共有したいので、もう見たよって方、これから見るよって方、感想を聞かせてください。



別の話題に行こうか。

ここを見てる皆さんはもう買いましたよね、未来日記第6巻。

今回も面白かった、由乃のヤンデレっぷりがすごかった。

唐突に監禁状態から始まってちょっと面喰ったけど、そこから新たな敵の急襲、「サーバー」という新しい日記形態。
日記所有者が12人という設定上、そろそろ佳境が見えてきたかな?

あとはxxxHolic13巻か。
なんかますます訳が分からなくなってきたわけで、もう1回読みなおそうか。

まぁ漫画はこんな感じです。

明日からは多分書いていくと思うので、これからまたよろしくお願いします。

今日はこの辺で
オヤスミ
2008.06.28 / Top↑
金曜日の話からしようか。

前の晩、と言っても寝たのは3時半過ぎ、つまりは金曜日。

いつものように7時半になる目覚まし。
「超絶眠い、眠すぎる、今日は1限民法、3限民法補講、4限比較法文化論か…
正直行きたくない。眠すぎる。
民法は自習室の人にレジュメ貸してもらって、4限はブッチして…って感じでどうかしら?
いやいや、テスト近いし勉強もせねばなぁ…」
なんてベッドの中でまどろみながらウトウトしてたら恐れていたことが…

目覚ましにはスヌーズ機能(あってる?)というやつがある。
うちのはセットした時間が来てベルが鳴ってスイッチを押して止めても、5分ごとになる仕掛けになっている。
でもこの機能、目覚ましのオンオフのボタンを切るまで永続するんじゃなくて、実は30分ぐらいするとなくなっちゃうんですよね…

さて、もうお分かりですよね。
ウトウトしてたらいつの間にか本睡眠になって…
次に目を覚ましたのが8時40分ですよ。
授業開始は8時45分、どう見ても絶望的です、本当にありがとうございました。

いやいや、ここからがざわわの見せ所ですよ。
通常人「やっべ、寝坊した、急いで行かないと」
スーパーざわわ「よし、今日は自習休講で保養日にしよう、うん!」
頑張って走れば15分遅れくらいで到着できなくもないんですが、こういうことだけ無駄に思い切りのよいざわわですので、15分遅れ→1日全部潰すということを躊躇なくやるのです。
起きたら1限終わってた、とかだったらまだ分かるんですけどね(そうか?)。

ちなみに。
次に目覚めた昼過ぎの罪悪感は半端なかった。

更新しなかった理由はここにあります。
この出来事を金曜日の夜に書く、これはちょっとあまりに自己嫌悪で書けなかったんですよね。
当日に書くと、ほら、フラッシュバックして…
なんという自己正当化…

これを見て携帯電話の液晶の前でニヤニヤするであろうTくんの姿を想像すると、なんか悔しかったから書かなかったっていうのもありますね。
うん、責任転嫁。

ちなみにこういうことは二度とやらないと誓った。
自己嫌悪もそうですが、今日月曜日、休んだ分を取り戻すのが大変だったので、そういう意味でもやりません(当たり前ですね)。
大変だった出来事は後述。

さて、土曜日。
金曜休んだ分を取り戻すために学校に行きゃあいいのに、昼夜逆転生活を送ると言う暴挙に出る。

あ、しおんの王、読みました。
8巻まで全部買って通読した。
なかなか面白かった、将棋+サスペンス。
感想はまたいつか。

日曜日、学校行きゃあいいのに(ry

月曜日。
本日の日記に参りたいと思います。

今日はさすがにちゃんと起きた、っていうのは嘘。
昨日早く寝すぎて、22時半→1時くらいしか寝れなかった…
最近ね、質の悪い睡眠をすると速攻で目覚める自分がいることに気づきました。
質の悪い睡眠=電気をつけっぱなしってことですね。
学部のときは4年間ほぼ毎日電気消さずに寝てたんだけどなぁ、しかもテレビつけっぱなし、音出しっぱなしで。
それでもちゃんと寝れてたんだけど、最近は電気をつけっぱなしなだけで長い時間寝れない。

それから眠れず朝まで過ごす。
3時間ちょい寝て学校へという悲しい週のスタート…

1限、商法。
先週、商法の先生がキワモノだって書きましたが、あれは自分の間違いでした。
いやね、雰囲気はかなりキテるんですが、授業はいたって真面目、というか分かりやすい。
夏学期にして初めて板書をしてくれる先生。
やや滑舌が悪くて聞き取りにくいが、むしろ集中して授業を聞けってことで。
これは期待できそう。

2限は空き時間。
お昼ごはん食べて、自習室に戻って刑法の勉強。
今日中にせめて共犯を終わらせたい。

3限は民法。
先週休んだツケが回ってきてた。
なんかね、いつもは民法の補講は授業じゃなくて演習問題の解説をやるんですが、その日に限って2コマとも授業だったらしい…
おかげでえらいところまで進んでて…
今日でやっと物権終了です。
来週まで休講で、次は債権各論(のはず)。

4限、刑法自習。

5限、民法補講。
今日は普通に演習問題の解説。
最後に1つ残ったやつ。

5限後すぐに夕食。
久しぶりに麺類が食べたくなったので生協で蕎麦。

同じ自習室の人に金曜日分の民法のノートを借りて、一生懸命自分のに写しました。
やっぱり授業を聞いてノートを作ったほうがいいなぁ…
これ、みんなは3時間かけてやったんだよなぁ…

一応4限で共犯まで終わってたので、残り25ページ、罪数をやれば終了だったんですが、力尽きて終了。
だいたい20時半。

で、このブログは現在学校のPCから書いております。
ここで記事を書いたのは初めてかな?
もしかしたらこういうことが今後増えてくるかも…

さてテストも近いですね。
今日みたいに忙しい日にはブログ更新したくなって、土日暇なときにはブログ更新したくないっていうのはどういうことか?

今日はこの辺で
オヤスミ
2008.06.02 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。